2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年に再来したミームコイン現象は、年明け早々にも収まる気配を見せない。ミームネーター(Memeinator)、ドージコイン(Dogecoin)、ボンク(Bonk)の3銘柄はいずれも2024年のトップミームコインの座を狙ってしのぎを削っている。

ドージコインは、市場で最初のミームコインとして確立された全てのミームコインの元祖なのかもしれない。しかし、現在では何百もの新たなミームコインが市場に登場し、現在210億ドルの時価総額を誇るミームコイン市場のシェアを争っている。

バンクレスタイムス(Bankless Times)によると、2024年にミームネーターとボンクという2つの新たな候補がトップミームコインの仲間入りをする可能性がある。

ミームネーターとは?

日々新たなミームコインが登場する市場で、ミームネーターはドージコインやボンクを含む他のコインとは一線を画す価値提案により瞬く間に台頭した。

現在プレセールを開催中のミームネーター。現在はステージ13で急速に販売スピードを上げており、イベント終了前に購入できるのは172,413,793トークンのみとなっている。すでに389万ドルを調達しており、長期的なポテンシャルを持つこのプロジェクト。取引所上場後には大きな成長が見られる可能性があると期待されている。

ミームネーターはゲームとユーモアを融合する。チームの掲げるミッションは、10億ドルの時価総額の達成とミームコイン業界の秩序を正すことだ。

この通貨は、自らをミームコイン業界のターミネーターとして売り込んでいる。市場に蔓延る劣悪模倣コインを無慈悲に追求し、永遠に仮想通貨ユニバースのゴミ箱に追いやることで目標達成を目指している。

明確なミッションを掲げ2077年から送り込まれたミームネーターは、全ての無価値ミームコインを市場から抹消し、時価総額10億ドルを達成するまでその歩みを止めない。

ミームネーターの仕組み

ミームネーターは厳密にいうとGameFiプロジェクトではない。しかしながら巧みなマーケティングによってGameFiブームを利用することを狙いとしている。ネイティブトークンMMTRの保有者は、プラットフォームが提供するシューティングゲーム、ミーム戦争(Meme Warfare)を楽しむことができる。

このゲームは、ウェブ上をスキャンし弱小ミームを探し出しゲームに投入するAI搭載ツール、ミームスキャナー(Memescanner)によって駆動される。ゲーム内に送り込まれたキャラクターはミームネーターに粉々に打ち砕かれる運命を辿る。

ビジネス・リサーチ・インサイト(Business Research Insights)によると、GameFi分野は2031年までに約120億ドルから900億ドル以上に成長すると予測されている。ミームネーターの立ち上げは、トレンドを利用するのに絶好のタイミングとなった。

さらに、ミームネーターは最大45%のAPYを実現するステーキング機能を備えている。加えて、通貨保有者は現在秘密裏で開発中のNFTプロジェクトが公開された際の最初のアクセス権を得ることができる。

プロジェクトの開発チームは、プレセール期間中にMMTRの価値を高めるために何をするべきかコミュニティに対して調査を行った。そこでトークンを焼却するという案が多く出たため、チームは12月初旬にプレセールを29ステージから20ステージに減らし1億2900万以上のトークンを焼やした。結果、トークンの売上は急増しトークン焼却は大成功を収めた。

将来的にもミームネーターチームは、トークンが長期的に価値を維持できるよう、四半期ごとの焼却を行う予定だ。

さらに、コミュニティを盛り上げるためチームは公式グッズショップを開設した。2024年にトップを走るミームコインの魅力をより幅広い人々に伝えることが目的だ。これら全ての取り組みは、このプロジェクトを明るい未来へと導くのかもしれない。

2024年のミームネーター価格予測

アナリストはすでにMMTRトークンがプレセールを終了し取引所に上場した後の通貨の価格動向に注目を寄せている。現在、ICOはステージ13にあり、わずか0.0197ドルで通貨を購入できる。

また、プロジェクトが投資家へ提供するインセンティブの中には、10万ドル相当のMMTRプレゼント企画がある。幸運な10名の当選者は、それぞれ1万ドルトークンを受け取る。さらに、ヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)社による25万ドル相当の宇宙旅行が抽選で1名に当たる企画も用意されている。

2025年に見込まれる強気相場を前にして、この新たなトークンが人々の想像力を掻き立てる。これにより、2024年のMMTRの価格パフォーマンスはドージコインの価格予測を凌ぐことになると噂されている。

一部の専門家はICOのローンチ価格である0.01ドルから、今年50倍以上の上昇を予測しているようだ。もしこれが実現した場合、2024年末までに時価総額10億ドルという目標の半分に到達することになる。

2024年のドージコイン価格予測

ドージコインは10年以上前に発売されて以来、ミームコインの基準として比較されてきた。しかし、2023年後半の価格パフォーマンスを見ると、その優位性が脅かされていることが見てとれる。下のチャートは、仮想通貨業界全体の指標となっているビットコイン(BTC)と比較したドージコインの価格推移を示している

DOGE/BTC price

この推移は、ドージコインの価格が一般的な市場の動きとは対照的に低迷していることを示唆しており、2024年の展開を読むのは難しいだろう。実際、ドージコインは著名人からの支持に頼っている傾向もあり、価格予測はミームネーターの予測よりも控えめとなっている。

過去30日間で、ドージコインの時価総額は最高値の138.1億ドルから現在の115.4億ドルまで下落している。

DOGEの価格は0.08154ドル、つまり30日間で15%下落しているが、2024年に巻き返しを見せる可能性はまだある。今後の仮想通貨ETF承認のニュースとビットコイン半減期は市場全体を大きく押し上げると言われている。

2024年のボンクの価格予測

ボンクは2022年12月にソラナ(Solana)ブロックチェーン上で立ち上げられた。これは、低迷していたソラナに勢いを与え、活力を失っていたコミュニティに新たな息吹を吹き込んだ。

ドージコインと柴犬(Shiba Inu)からインスピレーションを得たボンクは、ソラナネットワーク内でDeFiとNFTの取引を促進するという約束でコミュニティメンバーを引き込むことに重点を置いている。

ボンクの時価総額は12月15日に一気に14億9000万ドルまで上昇し、通貨価格は0.0000001487ドルを記録した。現在の時価総額は887万ドル、価格は0.00001401ドルとなっている。これは、ボンクがエアドロップされて以来12,000%以上の上昇である。

最近、ボンクの価格は最安値である0.000009702ドルを記録したが、ソラナdAppsとの提携や新しいステーキング報酬が発表されたことにより回復を見せた。ここからボンクの価値を維持するためのソラナの努力が見て取れる。

一部のアナリストはボンクの低迷価格パフォーマンスを予測しており、予測はドージコインの2024年の価格予測と一致しているように見える。ボンクが長期的に安定した成長を遂げるという確信よりも、トークンのボラティリティの高さが、今後1年間の緩やかな予測を促しているようだ。

ミームネーターはトップミームコインの仲間入り?

ミームコイン分野が成長を続ける中、投資家たちは次に100万ドル以上のROIが見込める銘柄を血眼になって探している。ボンクはすでに12,000% 以上の価格上昇を記録し、ドージコインは全盛期に多くの億万長者を生み出した。

ボンクとドージコインはどちらも過去に大きな上昇を経験しており、時価総額が大きいこと、そしてここ数ヶ月または数年で価格がピークに達したことを考慮すると、今後の大幅な上昇の可能性に疑問は残る。

MMTRのプレセールは急速に勢いを増している。この新進気鋭なミームコインを割引価格で手に入れるチャンスは限られている。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルトシグナル、AI搭載仮想通貨として業界改革の最前線を走る

アルトシグナル、AI搭載仮想通貨として業界改革の最前線を走る

2023年のプレセール銘柄|チャンサー・ハイパープロAIの紹介

2023年のプレセール銘柄|チャンサー・ハイパープロAIの紹介

持続可能性:ビッグアイズコイン(BIG)のようなスタートアップのミームコインは、巨人ビットコインやドージコインが失敗した場所で成功できるのか?

持続可能性:ビッグアイズコイン(BIG)のようなスタートアップのミームコインは、巨人ビットコインやドージコインが失敗した場所で成功できるのか?

$APEXトークン700%暴騰、市場が評価するトークノミクスのモデルと将来性

$APEXトークン700%暴騰、市場が評価するトークノミクスのモデルと将来性

プライバシー対策を採用する銘柄の増加と匿名通貨の低迷 - ASIの投資価値【PR】

プライバシー対策を採用する銘柄の増加と匿名通貨の低迷 - ASIの投資価値【PR】

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説