注目の新たな仮想通貨:ビットボットの成長が期待される理由

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年、テレグラムトレーディングボット業界は巨大な成長を遂げ、取引量は初めて50億ドルを超えた。これは最も急速に成長している仮想通貨分野であり、ビットボットプレセールへの関心が高まっている理由の1つでもある。

プレセールは開始わずか9日で34万5000ドルを調達、8万6000人以上のXコミュニティがその勢いをさらに盛り上げている。この調子で行けば2024年における新たな仮想通貨の投資機会として頭角を現す可能性はある。

次の強気相場を目前に控えたこの時期での発表は、これ以上ないタイミングである。ビットボットは、テレグラム取引ボット分野で初めての非保護(ノンカストディアル)ボットとして、個人投資家にユニークなソリューションを提供する。 この記事では、2024年にもたらされる巨大な成長の可能性について解説する。

テレグラム取引ボットについて

テレグラム取引ボットは、テレグラムユーザーにプラットフォーム内で完結するシームレスな取引体験を提供する。テレグラムのアプリ内で直接友人と取引を共有し、戦略の比較などを容易に行える。

さらに、モバイルフレンドリーなインターフェイスを使用しており、モバイルデバイスからDEXにアクセスする際に多くの人が直面する複雑なUXを回避している。

莫大な取引量にもかかわらず、マエストロ、ユニボット、バナナガンは弱気相場時に合計取引量が50億ドルを超え、テレグラム取引ボット市場の時価総額は現在3億3,000万ドルを超えた。

個人投資分野では依然として新しいコンセプトであるため、愛好家たちはこれらのボットが強気相場でどのような収益を上げるのかに期待を寄せている。

しかしながら、これらのビッグネームの導入にスキャンダルや課題がなかったわけではない。ユニボットのハッキングは約40%の価値の急落を引き起こし、バナナガンの場合はネイティブトークンの不正使用の疑惑が90%以上の価値の下落につながるなど、顧客のセキュリティキーを預かるこれらのプロジェクトのセキュリティの欠如について大きな懸念がある。

これを逆手にビットボットは、テレグラムの8億人ものユーザーベースを獲得する大きな機会を手に入れた。そして仮想通貨を取引するための公共のフォーラムとしてテレグラムを選択している。

ビットボットとは

ビットボットは標準的なテレグラム取引ボットと異なり、セキュリティを重視し、Knightsafeと提携してノンカストディアルソリューションを提供している。これにより、ユーザーは取引が完了までコインの唯一のカストディアンとなる。

またKnightsafeは高度なカストディレベルを提供する。これは、複数の信用度の低い当事者がデータを共有することなくキーを共有するため、単一の当事者がキー全体にアクセス、可視化できないようにする。

このようにプライバシーと正確性が確保することで、ユーザーの投資に対するセキュリティ層がさらに強化され、取引相手のリスクを軽減し、ユーザーのエクスポージャーを最小限に抑える

さらに、ビットボットはユーザーフレンドリーで直感的なインターフェイスを提供し、ユーザーに取引という重要な優先事項に集中できる環境を作る。ビットボットの機能には、シンプルなUXと最大3つの無料ウォレットを作成できるワンクリックでのウォレット作成が含まれる。追加のウォレットは、トレーダーに投資を追跡、整理、さらなるセキュリティを提供する。

しかし、ビットボットが2024年に市場に登場する中で期待ができる新銘柄であるという一部の専門家の主張を裏付ける理由は他にもある。

ビットボットを際立たせる要因

ノンカストディアルの提供に加え、ビットボットのプロジェクトチームは、伝統的な金融とブロックチェーンの両分野における経験という魅力的な組み合わせで構成されている。その結果、最先端イノベーションと従来の金融プラットフォームに期待される高レベルのセキュリティを組み合わせたプラットフォームが誕生した。

セキュリティに対するビットボットのコミットメントをさらに強調するため、プロジェクトチームは最先端のアンチMEVとアンチラッグ・ソリューションを開発している。これらは取引から利益をかすめ取るMEVボットの悪用、パンプ・アンド・ダンプ・スキーム、ユニボットやバナナガンが経験した問題からユーザーの資産を保護するために機能する。

強力なスナイピング機能により、ビットボットユーザーは専門知識のレベルに関係なく、ブロックチェーン全体を自動的にスキャンして、高い可能性を秘めた低コストなプレセール機会や、強気な行動を示している取引所上場トークンの特定が容易にできる。これにより、優れた十分な情報に基づいた有益な意思決定が行えるようになるだろう。

最高のトレードをしたいのなら、ビットボットの革新的なコピートレード機能を通じ、最高のパフォーマンスを上げているトレードの模倣をしてみてはいかがだろう。最も収益性の高いウォレットの取引アクションを複製することで、初心者や仮想通貨市場に素早く飛び込みたい人が新しい知識を学ぶとともに、チャンスとなるのかもしれない。

また、ビットボットの投資家は、紹介された者から集めた取引手数料の15%を生涯にわたって紹介した者に還元するプログラムも利用できる。

成長ポテンシャル:ビットボットは2024年に成長できる?

ビットコイン(BTC)の半減期とビットコインETFのスポット承認は、2024年に強気な市場環境に戻ると予想される炎を燃やしており、このような背景から、ビットコインは注目が集まる投資機会に見える。

ユニボットとバナナガンはテレグラム取引ボットのパイオニアで、ハッキングやラグプルにもかかわらず急成長を遂げた。本稿執筆時点でそれぞれ約8,000万ドルと2,900万ドルの時価総額を獲得しており、ビットボットの明確なビジョンが達成できる可能性を示している。

さらに、ユニボットは過去1ヶ月で100%以上の上昇をした104ドル前後で取引されている。バナナガンは2023年10月のローンチ価格9.93ドルから上昇した12.85ドルとなっており、ビットボットは文字通り深刻な強気心理が発生している分野に参入している。

実際、2023年7月にCoinDeskが報じたところによると、最も初期のユニボット投資家はそのローンチ後に200倍という信じられないような利益を得ており、ビットボットの優れた製品はユニークで先駆的な投資機会を求める投資家にとって選択肢の1つとなっている。

そのため、ビットボットの投資家たちは楽観視しているようだ。その価値提案にはセキュリティの向上、自己保管オプション、よく練られ監査されたロードマップが含まれ、今年中に大きな成長がみられるのではないかと予想されている。

ビットボットのプレセールは、10億トークンのうち30%が提供される形で開始された。トークンの20%は開発用に14%はマーケティング用に確保され、どちらも12ヶ月のリニア排出スケジュールによって保護されている。

ビットボットのプレセール

15段階のICOは2024年1月17日にキックオフされ、価格はそれぞれわずか0.01ドル。プレセールでは3億トークンのみが入手可能で、早く参加すればするほどビットボットが取引所に上場したときに得られる含み益が増える可能性が高くなる。巨大なコミュニティとユニークなプラットフォームを構築しているため、この先駆的な新参者には上限など存在しない。

テレグラムのボット市場が新鮮さを求めている中、ビットボットは今年支援すべきプロジェクトとして業界の注目を集めている。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

「Bybit」の新機能で仮想通貨からの利益を増幅させる

「Bybit」の新機能で仮想通貨からの利益を増幅させる

BONKの価格が667%上昇する一方で、注目されるMeme Kombatのゲームプラットフォーム

BONKの価格が667%上昇する一方で、注目されるMeme Kombatのゲームプラットフォーム

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説