2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

先日、ビットコインETFが承認されたことを受けて仮想通貨投資家は市場に流れ込んでくる新たな資金に向けて準備を進めている。市場の大きな変動が目前に迫る中、ミームネーター(Memeinator)と呼ばれる新たなICOが投資家の注目を集めている。

これまでにない最大レベルの抵抗運動を結集し、機能を持たないミームコインを市場から一掃するビジョンを掲げ、ミームネーターはプレセールで躍進した。全20ステージのプレセールでこれまで413万ドルを集め、現在14ステージ目に到達したことを受け、一部の投資家は2024年の成長に期待を寄せている。

この記事では、ビットコインが間もなく5万ドルに達する可能性と、ミームネーターが勢いを利用して2024年注目の投資機会になるかもしれない理由を解説していく。

ビットコイン:ETFの承認が機関投資家参入の扉を開く

ビットコインは仮想通貨の王様として知られており、市場の1兆6,300億ドルという巨大な時価総額の約50%を占めている。2022年11月に約16,200ドルの安値をつけた後、価格は約200%急騰し、2023年12月下旬に約48,500ドルのピークをつけた。

2023年を通じてビットコイン価格はS&P500の上昇軌道を反映した。しかし、この年の後半にはビットコインETFのローンチをめぐる思惑が強気な値動きの大部分を牽引し、ストーリーは明らかに変化した。

スポット型ビットコインETFは、機関投資家に規制の裏付けを保証されたビットコイン市場への扉を開くゲームチェンジャーである。複雑なウォレットや取引所と格闘するよりも、これらの機関はBTCを直接購入または保有することなく、ビットコインの価格変動へのエクスポージャーを得ることができる。

2024年1月10日、米証券取引委員会(SEC)はビットコインETFのスポットを認可した。世界最大の資産運用会社であるブラックロックは、iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(IBIT)をローンチ。CoinDeskによると、IBITは開始から1週間で10億ドルという巨額の資金流入を集めた。

2024年のビットコイン価格予測

1月11日に約48,000ドルまで急騰したビットコイン価格は、本稿執筆時点で約43,000ドルを推移している。しかし、4月に予定されているビットコインの半減期は、BTCを再び高騰させるもう一つのきっかけとして広く期待されている事から、イベント後の50,000ドルは達成可能な目標に思える

テクニカルアナリストによると、ビットコイン価格は現在の下落が続けば、短期的には35,000ドル付近まで下落する可能性があるという。しかし、半減への期待が高まるにつれ、数カ月以内に50,000ドルに達する可能性もあり、BTCが今年後半に史上最高値の70,000ドルをつける可能性も十分にあるだろう。

ミームネーター:ミームコイン市場を一変させるレジスタンス運動

2010年代のビットコインの隆盛が何千ものアルトコインを生み出したように、2021年のドージコインと柴犬の流行は、数多くの新しいミームコインの門戸を開いた。しかし、これらの参入者はしばしばギミック満載のマスコットに支えられた短期間のトレンドに重点を置き、実体がないとして批判されてきた。

CoinMarketCapによれば、ミームコインは約200億ドルという巨大市場でありながら、そのほとんどが実用性や目的を持たない。

そんな中、ミームネーターは他にはないミームコインとして異彩を放っている。 ミームコインが市場を蹂躙し、金融の未来としての仮想通貨の可能性を頓挫させているディストピア的な未来。半分ミーム、半分マシン、そんな2077年からやってきたミームネーターの使命はシンプルだ。現代に戻り、弱いミームコインを撲滅し、この暗い未来を防ぐこと。

時価総額10億ドルを目標に掲げ、手段を選ばない姿勢で破壊的勢力として広く認知されることを目指している。しかし、今ではドージコイン、柴犬、ボンクを退け、トップの座を狙っている。

それらを実現するためミームネーターは前例のない抵抗運動を展開しており、すでにツイッターで9万人のフォロワーを集めている。

ミームネーターは現在プレセールを実施中で、ミームコイン革命を起こそうと、多くの投資家から413万ドルを集めている。手厚い紹介制度や大規模なコンペティションなどのインセンティブは、興奮に拍車をかけている。ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙旅行(25万ドル相当)が当たる抽選会なども企画されている。

ミームネーターのトークン所有者だけが利用できるミーム戦争シューティングゲームは、戦士一族にとって新たなアトラクションとなる。プレイヤーはミームネーターとなり、ライバルのコインと爽快なバトルを繰り広げ、さまざまな技を使って優位を主張する。

AIミームスキャナーツールの力を利用して、選択したミームコインの表現をゲームに送り込むことで、常に新鮮で魅力的なゲームに仕上げている。注目すべきは、ミームネーターが、ビジネスリサーチインサイツが2031年までに評価額900億ドルに達すると予測している、急成長中のGameFi部門に加わったことだ。

ゲームだけでなく、ミームネーターの投資家はステーキングを通じてエコシステムを強化することができ、最大45%のAPYをパッシブ収入として得ることができる。また、ミームネーターの抵抗運動が規模を拡大するにつれて、大人気になる可能性を秘めたエキサイティングなNFTプロジェクトも進行中だ。

2024年のミームネーター価格予測

ミームネーターは全20ステージのプレセールは、ステージ14を通過し、MMTRトークンの価値は0.0208ドル、そして最終価格の0.0292ドルに向かっている。今年予想されるビットコイン価格の上昇は、この分野全体にポジティブに連鎖すると予想され、ミームネーターの時価総額10億ドルへの旅の追い風となるだろう。

ペペコインは比較的低調な市場にあり、実用性を提供していないにもかかわらず、2023年半ばに15億ドルの時価総額に急騰した。Watcher Guruが報告したように、1週間で900%の上昇を記録。最近では、マイロが1月に700%以上の上昇を記録した。もしミームコインが強気相場が始まる前にこのようなことができるのであれば、今年後半から市場が好転する可能性もあるだろう。

ミームネーターは、その破壊的なビジョンとユーティリティに特化したエコシステムにより、10億ドルの大台突破を目指している。このマイルストーンを達成した場合、10億MMTRトークンはそれぞれ1ドルと評価され、1年以内に価格上昇を見せる可能性がある。

2024年のホットな投資はミームネーター?

ビットコイン価格は今後数週間から数ヶ月の間に上昇すると予想されており、投資家にとって状況は好転している。これはビットコインの最近の「ゴールデンクロス」(長期的な強気相場を示唆する市場指標)によって裏付けられている。

初期のミームネーターの買い手も今後の成長に期待しているようだ。信頼できる情報源が概説しているように、アルトコインのシーズンも目前に迫っており、ミームネーターのコミュニティの熱は上がってきている。

ミームネーターは第1四半期に取引所に上場する予定で、残りの172,413,793プレセールトークンは早くて数週間で売り切れる可能性がある。これまでのところステージを重ねるごとに完売が早まっており、投資家はまだ残っている40%の含み益を手に入れようと動いているようだ。

2024年には、ミームネーターとその膨大なレジスタンスファイターたちによるミームコイン革命が起こるかもしれない。ミームネーターは、今年の市場を圧巻するポジションを目指している。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新たな仮想通貨の登場:ミームネーターがミームコインの夏に向けて準備を開始

新たな仮想通貨の登場:ミームネーターがミームコインの夏に向けて準備を開始

Launchpad XYZのプレセールが完売間近、トレーダーはROIが2,917%の$LPXへ移行

Launchpad XYZのプレセールが完売間近、トレーダーはROIが2,917%の$LPXへ移行

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

CoinEx「2021年間レビュー」エコシステム確立とサービスの向上でユーザーとともに高みを目指す

CoinEx「2021年間レビュー」エコシステム確立とサービスの向上でユーザーとともに高みを目指す

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説