2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

DeFiテレグラム取引ボットの再定義を目的として登場した、新たな仮想通貨プロジェクトであるビットボット(Bitbot)。

今週、プレセール段階3に入り、現在の価格は0.011ドル、そして新たなマイルストーンを突破したことで大きな注目を集めた。 ビットボットは全15のステージで3億トークンを提供、初期投資家にとって優良な投資機会の1つとなる可能性を秘めている。

プレセールは、取引所に上場された後の含み益を得られるチャンスでもあり、その人気はビットボットの今後の可能性を示している。この記事では、最先端の仮想通貨がテレグラムトレーディングをどのように再構築しようとしているのかを明らかにする。

2024年注目の新たな仮想通貨

ビットボット(Bitbot)は一味違うテレグラム取引ボットで、シームレスで便利な取引を提供しながら新しいレベルのセキュリティに焦点を当てている。

2023年10月にハッキングされ5億6,000万ドルが盗まれたユニボットや、大規模なバグの影響からトークンが数時間で8.70ドルから0.02ドルになったバナナガンのような従来のテレグラム取引ボットとは異なる。ビットボットは安全性に重点を置いているのだ。

KnightSafeとの戦略的パートナーシップは、初のノンカストディアルテレグラム取引ボット・ソリューションを提供する。つまりビットボットは、取引が完了するまでユーザーは資金の完全なる所有ができる唯一のテレグラム取引ボットなのだ。“not your keys, not your coins”(鍵がなければコインもない)という古い標語を思い起こさせる。

KnightSafeはカストディアル・パートナーとして、複数の当事者間で鍵を共有する仕組みを採用することで、高度なセキュリティ対策を導入している。これにより、鍵全体への完全なアクセスや可視性を単一の事業体が持たないようにし、プライバシーとユーザーの投資に対する追加的なセキュリティ層を提供する。こうした強固な対策により、取引相手のリスクを効果的に軽減し、ユーザーのエクスポージャーを最小限に抑えている。

セキュリティを重視するだけでなく、ビットボットはユーザーフレンドリーで非常に直感的なインターフェイスを提供し、取引という目の前の本質的なタスクにユーザーの集中を向ける。分かりやすいUXと、ワンクリックでウォレットを作成できるオプショ ンを備えており、ここでは最大3つの無料ウォレットを素早く作成できる。

ビットボットの主な特徴

ノンカストディアル的なフレームワークに加え、ビットボットのプロジェクトチームは従来の金融とブロックチェーンの両分野の専門知識を兼ね備えている。その結果、最先端の仮想通貨の技術革新と従来の金融プラットフォームと同義である高度なセキュリティ基準をシームレスに統合したプラットフォームが誕生した。

セキュリティに加え、チームは最先端の対MEVおよび対ラグプルソリューションを開発している。取引手数料を汲み上げるMEVボットの悪用からユーザー資産を保護し、パンプ・アンド・ダンプ・スキームからの保護、ユニボットやバナナガンのようなプラットフォームで見られる潜在的な問題に全体的に対処することを目的としている。

一方でジェムスキャナー機能は投資のニーズに関係なく、すべてのビットボットユーザーに実用性を与える。将来性が高く、費用対効果の高いプレセール機会や、強気な行動を示す取引所上場トークンを検索し、収益機会を提供する。加えてスナイプツールはAIを使用して低キャップジェムを自動操縦で取引し、最大利益のためにピーク時に売却する。

さらに、ビットボットは初心者から熟練のトレーダーまで幅広く対応している。革新的なコピー取引機能を通じて、成功したウォレットの戦略を複製することができる。また、この分野に新しく参入する人や、詳細なテクニカル分析を行う時間が限られている経験豊富な人に貴重な学習機会を提供する。

またビットボットの投資家は、紹介プログラムを利用することができる。紹介した投資家は、紹介された投資家から集めた取引手数料の15%を生涯にわたって分配することができる。同プラットフォームは報酬を提供し、相互接続されたコミュニティを育成するというコミットメントを示している。

トークノミクスの面では、ビットボットは10億BITBOTトークンの30%をプレセールで提供、20%を開発、14%をマーケティングキャンペーンに充てている。この戦略的アプローチは、プロジェクトチームの長期的な成功へのコミットメントを反映したものであり、ラグプルに対する保証を提供するものである。

ビットボットは大きな成長を遂げる?

仮想通貨市場の新たな強気サイクルを再スタートさせるビットコイン半減期が迫る中、ビットボットが今年注目すべき新しいDeFi投資機会として浮上した。バナナガンやユニボットなどこの市場の競合他社は、セキュリティ機能を欠くサービスを展開しているが、すでに月に手を伸ばし大きな成長を遂げている。

本稿執筆時点での、バナナガンの時価総額は4,000万ドル、ユニボットの時価総額は6,100万ドル。全てのテレグラム取引ボットの時価総額を合計すると3億2,900万ドルを超える。これは、ビットボットとBITBOTトークンが同業他社が犯した過ちから学ぶ可能性を示している。

ビットボットの投資家は、強化されたセキュリティと自己保管オプションに焦点を当てた価値提案から、自信を持って将来に臨むことができるだろう。これらの要素は、ビットボットが取引所に上場した後、大きな成長を遂げる可能性の根拠となるかもしれない。特に、バナナガンとユニボットがプレセール初期段階からそれぞれ28倍と200倍を記録したことを考えればなおさらだろう。

ビットボットのプレセールはステージ3へ

ビットボット(Bitbot)は、テレグラム取引ボットのあるべき姿を再定義するという使命を担っており、これは実現可能の範囲にある。自動取引はもちろんのこと、コピートレーディング、ジェムスキャナー、そしてスナイピングツールなど、必要不可欠な機能を提供する。

セキュリティに重点を置き、アクセスのしやすいインターフェイスを備え、急速にコミュニティを増やしていることから、非常に将来が楽しみなプロジェクトと言えるだろう。

初期からの参加者は、1トークンあたり0.011ドルのレートでビットボットプレセールに参加ができる。爆発的な成長を遂げる取引ボットの市場で、画期的な機能を導入していることから、2024年にBITBOTトークンが投資家たちの注目を集めることになるかもしれない。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bityard(ビットヤード)正式リリース「258USDTが無料でもらえる」イベントも開催

Bityard(ビットヤード)正式リリース「258USDTが無料でもらえる」イベントも開催

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

日本の投資家、2024年注目の仮想通貨プレセールとしてビットボットに賭ける

日本の投資家、2024年注目の仮想通貨プレセールとしてビットボットに賭ける

Bitget:Solanaベースの「Zebec Protocol(ZBC)」をLaunchpadに上場

Bitget:Solanaベースの「Zebec Protocol(ZBC)」をLaunchpadに上場

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す