2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

今年後半のFRBの利下げ観測に後押しされ、2024年の強気相場の存在が大きくなる中、日本の投資家たちは、本格的な利益を求めてトークンに投資している。 特にミームネーター(MMTR)、セイ(Sei)、XRP(リップル)の3つのトークンは注目を集めている。

ミームネータープレセールのQ1終了に近づき、490万ドルを調達したことで、日本トレーダーの強気なセンチメントは圧倒的と言えるのかもしれない。これら3つの銘柄が猛烈なスピードで力をつけている理由と、今年後半にそれぞれのトークンの価値がどうなるかについて解説していく。

ミームネーター:2024年の注目ミームコイン

日本のトレーダーたちはミームネーターという新しいヒーローを手に入れたようだ。このミームコインは英雄的な聖戦を展開して業界を乱雑にする何千もの役に立たない模倣ミームコインの根絶を目指している。

ミームネーターは、仮想通貨史上最大の抵抗運動を集結させるというビジョンを掲げ、ミームコイン市場の再定義を掲げる。手始めに時価総額10億ドルの達成を目指しているが、最終的にはドージコインや柴犬のような既存の巨頭に挑戦することも厭わない。

ミームネーターを取り巻く熱は圧倒的で、すでに490万ドルを獲得、14万人以上のXのフォロワー1万3,000人以上のTelegramのメンバーを誇る。比較的新しい企業であるにもかかわらず、Red Apple Tech社とパートナーシップを結んだ。受賞歴のあるモバイルアプリゲーム会社で、12年の実績、4,000万以上のダウンロードを記録している。

Red Apple Tech社は、ミームネーターのGameFi的なゲーム「ミーム戦争」を実現する。ユーザーがミームネーターになり代わり、様々な方法でライバルのミームコインを抹殺できる仮想戦場を提供する。

しかしながら、日本の投資家が楽しみにしているのはゲームだけではない。最大45%のAPY、トークンバーンを支えるデフレメカニズム、10億トークン供給量の7.5%以上が出資する継続的なコンペなど、活気と投資家の関心を持続させるために考え抜かれた側面がある。

プレセール最初の目玉賞品であるヴァージン・ギャラクティック社との宇宙旅行(25万ドル相当)は、プロジェクトがコミュニティに惜しみないインセンティブで報いるという野心的な計画の一例に過ぎない。

2024年ミームネーターの価格予測

ミームネーターは現在、20ステージのプレセールの15ステージにあり、価格は0.022ドルで、最終プレセール価格0.0292ドルまで32.73%の伸びを残している。

最近、ミームネーターはSpaceX本社の近くにビルボードを掲げ、イーロン・マスクに "HAVE WE GOT YOUR ATTENTION NOW, ELON? "と挑発的に問いかけ、Twitterで世界的なトレンドとなり大きな注目を集めた。これは大胆な動きで、ミームネーターが日本のトレーダーにとって2024年のトレンド銘柄の1つであることを示したようだ。

一部の専門家は非常に強気で、10億ドルの時価総額の目標は手の届くところにあると見ている。特に、PEPEがその実用性の欠如を誇りながらも、2023年5月に15億ドルの時価総額まで上昇したことを考えればなおさらである。

同様に、MyroやDogwifhatのようなコインは今年に入ってから、複数の3桁のパーセンテージの上昇を見ている。10億ドルの時価総額を達成した場合、MMTRトークンの価値は1ドルとなり、プレセールの最終価値に対して3,300%という驚異的な成長を投資家に見せることになる。そして、市場環境が熱を帯びてくれば、さらなる飛躍をとげる可能性もあるだろう。

セイ:取引のために構築された先駆的なブロックチェーン

セイ(Sei)は、取引の最速を目指し構築された最先端のブロックチェーンであり、2024年に最も注目されるトレンドの一つである。特に金融アプリ向けに設計されており、取引や投資をよりスムーズで安全なものにする。

コスモスの技術で作られたセイはニッチなアプリケーションで際立っており、日本のトレーダーや取引所に選ばれるチェーンになる可能性がある。一流の技術と金融経験を持つチームに支えられ、すでに数千万ドルの資金を確保している。また最近、セイ上の新しいアプリの開発を支援するため、5,000万ドルのSei Ecosystem and Liquidity Fundを立ち上げた。

2024年セイの価格予測

2024年の仮想通貨トレンドが話題となる中、SEIは比較的新参者でありながら目覚ましい成長を見せている。2023年12月初めの控えめな0.24ドルから、1月中旬には史上最高値の0.86ドルまで急騰し、現在は0.6ドル前後で安定している。

この強気の軌跡は、今後数ヶ月で1ドルに手が届く有望な未来を示唆している。SEIが引き続き支持を集め、より多くのユーザーと開発者を惹きつけるにつれ、2024年には1.20ドルから1.50ドルまで上昇する可能性があると予測されている。

XRP:2024年4月、成長を見せる可能性

今現在、XRPは2024年に最もホットな仮想通貨トレンドの1つになりつつある。光速で低コストの国際決済のために作られたXRPは、その効率的なXRP台帳システムのおかげで、国境を越えた送金のために銀行に支持されている。

2023年には、XRPが証券であると主張していたSECに対して勝利を収めた。しかし、最終的な評決を下し、この裁判にきっぱりと決着をつけることが期待されている。Invezzによると、XRPはすでにその実用性を向上させるために前進しており、SECに対する勝利はXRP価格を急騰させる可能性がある。

2024年XRPの価格予測

XRP価格は最近比較的落ち着いており、2023年11月に0.66ドルでピークを迎え、現在は0.5ドルに留まっている。しかし、勝利がXRP価格を大きく押し上げ2023年の高値0.77ドルを超える可能性があり、1.10ドルから1.30ドルまで上昇する可能性があると予測されている。

野心的ではあるが、2021年のピークである1.56ドルを達成することも不可能ではない。

2024年に注目を集める仮想通貨

SeiとXRPはともに2024年の大きなトレンドになると思われるが、ミームネーターにも注目が必要だ。日本の投資家にとって、これは仮想通貨市場に革命を起こす可能性のあるムーブメントに参加する貴重な機会である。

ミームネーターは何万人もの投資家がこのムーブメントに賛同しており、投資家たちは記念すべき出来事の瀬戸際に立っていると言えるのかもしれない。しかし、事は急がば回れだ。残りわずかなステージと129,310,345と残り少ないトークンで、プレセールは2024年第1四半期の終わりには終了する。

MMTRの詳細はミームネーター公式ウェブサイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

専門家が注目する2023年の投資銘柄|VC Spectra(SPCT)が業界に革命を起こす?

専門家が注目する2023年の投資銘柄|VC Spectra(SPCT)が業界に革命を起こす?

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

チャンサー(Chancer)プレセールは仮想通貨市場を席巻できるのか?

チャンサー(Chancer)プレセールは仮想通貨市場を席巻できるのか?

Bitget「デリバティブ取引で300%以上成長」2022年2月過去最高取引高を達成

Bitget「デリバティブ取引で300%以上成長」2022年2月過去最高取引高を達成

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す