新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨に関わっているなら知っているであろう市場を賑わせている大ニュース、現在ビットコインは今まさに燃え上がっており、その成功はネットワーク上のプロジェクトにも波及している。

本稿執筆時点で、分野のトッププロジェクトであるBRC-20トークンのOrdiは、過去1週間で30%近く上昇している。その中で、新たなプロジェクトが注目を集めている。ビットコインドック(Bitcoin Dogs)は、ビットコインのブロックチェーン上で開催された初のプレセールとして話題を呼んでいる。

ビットコインの半減期と強気相場が相まって生まれるこの絶好のタイミング。ビットコインドックは仮想通貨投資コミュニティを熱狂の渦に巻き込み、わずか2週間で530万ドルを引き寄せた。次に来る銘柄として飛躍、そして2024年の最も旬なトークンの1つになる可能性はあるのだろうか?我々はその可能性を深く信じている。

BRC-20トークンとビットコイン・オーディナルの台頭

アルトコインには当然ながらビットコインは含まれない。イーサリアムブロックチェーンやERC-20トークン、あるいはソラナのSPLトークンを思い浮かべるだろう。しかし、新しい分野がこのパラダイムをあっという間にひっくり返そうとしている。ビットコイン・ブロックチェーン上のBRC-20トークンだ。

序数碑文と呼ばれる小さなものを利用して、これらのトークンはビットコインの最小単位である各サトシに直接コードを埋め込み、オリジナルのブロックチェーンを革新的に利用している。

本稿執筆時点で、BRC-20トークンの時価総額は28億7,000万ドルに達しているからだ。それだけでなく、この斬新なアプローチはビットコインオーディナルとして知られるNFTの作成にまで及んでおり、2023年12月の取引高だけで9億ドルという驚異的な高騰を記録した。立ち上がって間もない分野としてはかなり印象的な出来事である。

ビットコインが5万ドルの壁を突破し、市場全体に史上最高値の強烈な流れが漂っている今、こうしたビットコインネイティブのNFTは非常識なまでの成長を遂げ、2021年のNFTブームを反映する可能性がある。

ビットコインドックの仕組み

歴史を作るというビットコインドックのミッションにおいて、9億のトークンがOGチェーンで利用可能になる。ちなみに9億という数は、世界のイヌの個体数にちなんでいる。重要なポイントとして、30日間のプレセールが3月15日に終了した時点で、売れ残ったトークンは焼却処分される。

0DOGトークンは、ビットコインドックのカラフルなエコシステムへのチケットだ。これには、10,000ビットコインドックのNFT限定コレクションも含まれる。詳細はホワイトペーパーを参照していただきたい。また、90年代を思い起こさせる懐かしいゲーム体験もある。

たまごっちでバーチャルペットを育てたことを覚えているだろうか?あるいは、アクシー・インフィニティのブロックチェーンベースでの熱狂の方が詳しいかもしれない。ビットコインドックも同様に、プレイヤーはバーチャルコンパニオンのトレーニングや世話に没頭することができる。レベルアップすると、PvPレースに出場したり、0DOGトークンを生成したりすることができる。

ビットコインドックが次にくるトレンドになり得る理由

ビットコインオーディナルの人気が急上昇し、NFTは多くのポップスターが夢見るようなカムバックの瀬戸際にある(少なくともCoinDeskによれば)中、ビットコインドックの0DOGトークンは次に爆発する銘柄としての可能性をにじませている。CryptoPunksやBAYCを逃した人にとって、ビットコインドックはNFTのゴールドチケットを手に入れる2度目のチャンスとなるかもしれない。

プレセールでの投資ラッシュと11万人以上のXフォロワーは、コミュニティがビットコインドックの将来を強く信じていることを裏付けていると言えるだろう。

そして、この先やってくる絶対的な強気市場の大混乱も考慮しなければならない。ビットコインETFは猛スピードで資金を吸い上げている。FRBは2024年を利下げの年にしようとしている。

そして、前述したように半減期は市場を襲い、仮想通貨のあるべき姿、そして楽しさを思い出させてくれるだろう。これらの要因全てが合わさって、ビットコインドックの成長の追い風となるだろう。

ビットコインドックの驚くべきポテンシャル

CoinMarketCapによると、同様のビットコインゲームプロジェクトであるビットコインキャット(Bitcoin Cat)の1CATトークンが、ローンチ直後に24時間の取引高で5,000万ドルを記録し、成層圏に達したことを見ると、ビットコインドックの0DOGトークンの可能性にも期待せずにはいられない。

初期投資家は、ビットコインブロックチェーン上の最初のICOに参加すると同時に、プレセールから含み益を得るだろう。現在、10段階のプレセールの内ステージ5でを進行中で価格は0.0251ドルとなっている。最終的に0.0404ドルとなるまでに60.96%が残っている。

ビットコインドックは期待できる仮想通貨となれる?

すでに調達された530万ドル、コミュニティの反応、そして広報活動は、ビットコインドックが歴史にその名を刻む勢いであることを反映している。0DOGの取引所デビューとNFTローンチの両方から飛躍する可能性があり、投資先として検討に値するのではないだろうか。

2024年のBRC-20トークンブームを一歩引いて見渡した時、すべての始まりである1つのコインが頭角を表すはずだ。3月15日のプレセール終了を前に売り切れの可能性もある。

ビットコインドッグ(Bitcoin Dogs)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

プライバシー対策を採用する銘柄の増加と匿名通貨の低迷 - ASIの投資価値【PR】

プライバシー対策を採用する銘柄の増加と匿名通貨の低迷 - ASIの投資価値【PR】

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説