日本の投資家が考える注目の仮想通貨、ビットボット

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ビットコイン半減期への期待から、仮想通貨市場に楽観的な見方が広がり強気トレンドが加速している。そんな興奮の最中に登場した新星ビットボット(Bitbot)は、2024年に注目の新たな仮想通貨プロジェクトの1つとして日本を含めた世界中の投資家から注目を集めている。

1月17日にローンチしたビットボットは、ソーシャルメディア上で瞬く間に大きな関心を集め、今後の成長の可能性を示している。プレセール開始からわずか数週間で80万ドルもの資金を集め、一部の専門家はこの革新的な新プロジェクトが2024年にかけて驚異的な価格の流れを描くだろうと予測しているようだ。

ビットボットで安全な仮想通貨取引を簡素化する

ビットボット(Bitbot)は仮想通貨デイトレードの分野で大きな進歩を遂げた。取引プロセスを合理化するために設計されたビットボットは、テレグラムの使いやすい環境の中で、事前に定義されたルールを使用して取引を自動化する。この統合により、トレーダーはアプリを通じて直接取引を実行できるようになり、コミュニティへのアクセスが簡素化される。

元ウォール街の専門家によって開発されたビットボットは、これまで機関投資家しか利用できなかったハイレベルな取引ツールへのアクセスを民主化することで、一部で最もホットな新しいプロジェクトの領域に参入した。

セキュリティへの懸念が常につきまとうこの業界において、ビットボットはユーザーの資産と鍵がユーザーの手に残る、安全でノンカストディアル的な取引ソリューションを導入している。

ナイトセーフ(Knightsafe)と提携することで、外部から第三者がユーザー・キーにアクセスしたり管理したりできないようにし、ハッキング攻撃から投資家を守るセキュリティフレームワークを実装した。この革新的なアプローチにより、日本のトレーダーは、最先端のセキュリティ対策が資産を保護していることを認識しながら、安心して取引することができる。

テレグラム取引のセキュリティを高める

仮想通貨取引のハブとしてのテレグラムの台頭は革命的だが、投資家を警戒させる顕著なセキュリティ侵害が影を落としている。ユニボットやマエストロといった有名なボットが巻き込まれたスマートコントラクトのハッキング事件は、両プロジェクトがそれぞれ約50万ドルの損失を被ったことから、この分野におけるセキュリティの改善が急務であることが浮き彫りになった。

そのため、ビットボットの開発チームはセキュリティを最優先した。ハッキング攻撃から投資家を守ることに加え、ビットボットは高度なMEV対策でユーザー保護へのコミットメントをさらに強固なものとし、悪意あるアクターによる取引手数料の操作からトレーダーを守っている。

そのプロアクティブ・スマート・コントラクトは、推進するプレセールがラグプルにつながる兆候を監視する。これらの点は、ビットボットのコミュニティの安全への献身と反ラグプルの確固たる姿勢を例証している。

高いレベルのトレーディングリソースへのアクセスを民主化

ビットボットは卓越したセキュリティだけでなく、これまで機関投資家向けであったレベルの高いトレーディングリソースを個人投資家であるユーザーに提供することで、他の追随を許さないサービスを展開する。

中でも革新的なコピートレーディング機能では、初心者トレーダーはプラットフォームで最も成功しているユーザーの取引をミラーリングすることができる。

BITBOTトークンを所有することで、取引手数料から得られる収益の50%をシェアし、保有者に受動的な収入源を提供するなど、さらに多くの利点がある。このプラットフォームは、限定特典、エアドロップ、魅力的な紹介プログラムも提供しており、招待者の手数料の15%を生涯にわたってユーザーに還元する。

現在ステージ4のプレセールは、3億トークンが利用可能である。ビットボットは、テレグラム取引体験に革命をもたらすであろうベンチャーに初期段階から参加する投資家にとって魅力的な機会を提供している。

BITBOT(Bitbot)はどこまで上昇する?

ビットボット(Bitbot)は、急速に発展するテレグラム取引ボット市場をリードする立場にある。この分野は、大きな成長の可能性と革新への旺盛な意欲が特徴である。セキュリティに対する深刻な懸念にもかかわらず、テレグラム取引ボット市場は大きく成長し、現在時価総額は4億ドルに達している。

1日でトークン価格の99%を失いラグプルの疑惑があったバナナガンでさえ、開始時のレートから127%以上の上昇となる23.90ドル超まで跳ね上がった。

このプラットフォームの強固なセキュリティ対策と包括的な取引機能は、ユーザーに力を与えるように設計されている。ビットボットは、コピー取引やAIによる分析など、機関投資家レベルのツールへのアクセスを提供することで、ユーザー・エンゲージメントを高め、テレグラム取引ボット市場でかなりのシェアを獲得できる位置につけている。

さらに、今後のビットコイン半減やビットコインETFの承認など、より広い市場の力が全面的な強気相場へと押し上げている。ビットボットはこれ以上ない良いタイミングでプレセールを行っていると言えるのかもしれない。

ビットボット(Bitbot)はチャンス?

ビットボットを注目の新たな仮想通貨に押し上げている主な理由は、テレグラム上でのデジタル資産取引を再定義し、より簡単で安全、そして有利にすることを約束する包括的なソリューションであることだ。

セキュリティ、レベルの高いトレーディング機能そしてXのフォロワー数が約10万人と急成長中のコミュニティを併せ持つビットボットは、仮想通貨取引の未来をリードするプロジェクトになるだろう。

ビットボットのプレセールは、プロジェクトの初期段階から参加ができる貴重なチャンスと言えるだろう。刻一刻と迫る時間と$0.0116の価格、メッセージは明確だ。ビットボットのこれから始まる頂点を目指す旅に注目してみてはどうだろうか。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バイナンスのボイジャー購入に対するSEC訴訟ニュースが世間を騒がせる中、アルトシグナルが勢いを増す

バイナンスのボイジャー購入に対するSEC訴訟ニュースが世間を騒がせる中、アルトシグナルが勢いを増す

Bitget:Token 2049 Singaporeで「ソーシャルトレーディングの最新情報」を発表

Bitget:Token 2049 Singaporeで「ソーシャルトレーディングの最新情報」を発表

チャンサー(Chancer)プレセールは仮想通貨市場を席巻できるのか?

チャンサー(Chancer)プレセールは仮想通貨市場を席巻できるのか?

2024年、日本国内の仮想通貨ユーザーはどのようにビットボットのプレセールを盛り上げていく?

2024年、日本国内の仮想通貨ユーザーはどのようにビットボットのプレセールを盛り上げていく?

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

安全な賭け?チャンサーのプレセールが低迷する仮想通貨市場に希望を与える

安全な賭け?チャンサーのプレセールが低迷する仮想通貨市場に希望を与える

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す