注目のAIコインSCOTTYがICOで600万ドルを調達して完売!人気に伴い、上場前に購入できる7日間の追加特別セールを実施中

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場ではAIブームが再来していますが、戦略的なトレーダーはこのトレンドをチャンスとして利用しようとAIコインを模索しています。

Meme Ai($MEMEAI、ミームAI)は、AIとミームコインに対する市場の関心に後押しされ、最近は好調なパフォーマンスを見せています。

同様にAIを取り入れているScotty the AI($SCOTTY、スコッティ)は、先週末にかけてプレセールで200万ドル近くの大規模な資金を調達、調達総額が600万ドルの大台を突破して完売し、プロジェクトはかなり盛り上がっています。

Nvidia会議を前にトレーダーが注視しているMeme AI

Meme AIのチャート画像

AIとミームコイン市場の両方を取り入れているMeme Aiは人気が上昇しており、先週価格が高騰しました。

Nvidia社(エヌビディア)が3月に開催する予定の「Game Developer Conference(GDC、ゲーム開発者会議)」を前に、指数関数的なAI市場のブームが予想されています。

仮想通貨アナリストのCrypto Coach氏は自身のX(旧Twitter)アカウントで、以下のように述べています。

「AIトークンは、3月18日から22日に開催される開発者向けNvidia AI会議に向け、さらに大きく上昇するでしょう」

また、ミームコインは投資初心者でも理解しやすい市場であることから、マーケットが大規模に拡大していく可能性があります。

コメンテーターのCrypto Koryo氏は、Xへの最近の投稿で以下のように強調しています。

「ミームコインに無関心である人たちへ、2021年のブルマーケット(強気市場)では、ミームコインが最も高いパフォーマンスを披露していたことを思い出してください。」

最近、ミームコインは爆発的に上昇しており、Shiba Inu($SHIB、シバイヌ)とPepe($PEPE、ペペ)は、先週100%以上の上昇を記録しました。

AIとミームコインを融合させたMeme Aiは、過去24時間で約10%、過去7日間では2268%以上となっています。

同プロジェクトは魅力的なユースケース(活用事例)を備えており、ユーザーが革新的なAIツールを使用して面白いミームを作成できるようになっています。

さらにそれらのミームはNFTとして鋳造され、同プロジェクトのマーケットプレイスで取引されます。

AIミームコインScotty the AIがプレセールで600万ドルを達成して完売

Scotty the AIは、ミームコインとAI、ブロックチェーン技術をAI上手く融合させた新しいプロジェクトで、ブロックチェーン上のセキュリティ問題をAI技術で解決することを目指しています。

同プロジェクトは600万ドルのマイルストーンを達成して完売、コミュニティは歓喜に沸いています。

プロジェクトのキャラクターであるScottyは、真っ黒な毛並みを持つミステリアスなスコティッシュ・テリアで、「クリプトユニバース(仮想通貨世界)の守護者(Guardian Of The Crypto Universe)」としての役割を担っています。

このScottyは、アルゴリズムやコードに対する高度な分析力を備えており、その精度は優秀なプログラマーでさえ見逃してしまうような異常を検出できるほどです。

このようにしてScottyは悪意のあるハッカーや悪質な犯罪者などを捕え、仮想通貨業界の安全性の確保に貢献しています。

Scotty the AIが提供する分散型AIは、従来のAIよりも低コストで、業界の透明性と包括性を高められるなどのメリットがあるため、AIミームコインへの参入を考えている投資家たちの間で$SCOTTYは話題となっています。

Scotty the AIのエコシステムを支える2つのAI搭載機能

Scotty the AIの画像

Scotty the AIは、ユーザー体験を向上させるためにAIを搭載した様々な機能を提供していますが、プロジェクトのエコシステムを支えているのがScotty SwapとScottyChatです。

Scotty Swapはトークンスワップ機能で、AI技術を活用した安全なDEX(分散型取引所)としての役割を担います。ユーザーへ最大限の利益と安全性を提供するために、すべての取引を最適化して、スムーズな取引体験を保証します。

一方で、AIを搭載したチャットボット(自動会話機能)であるScottyChatは、リアルタイムの市場洞察や、分析、カスタマイズされたおすすめなどを提供してくれるため、経験豊富な仮想通貨トレーダーと新規参入者の両方にとって重要な機能となるでしょう。

また、Scotty the AIが長期的に魅力のあるプロジェクトとして発展できるように、チームは現在37%のAPY(年間利回り)を受けられるステーキングの仕組みをユーザーへ提供しています。

$SCOTTYのプレセールは完売しましたが、3月11日から3月17日までの7日間にわたる追加特別セールを実施しており、0.01ドルで購入可能となっています。

セールの詳細に関しては、公式サイトをご覧ください。

$SCOTTYの詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

柴犬ニュース:クジラが「Crypto.com」で2億7000万ドルものSHIBを移動|メタケードのMCADEでは4月上場後の大幅な価格高騰予想

柴犬ニュース:クジラが「Crypto.com」で2億7000万ドルものSHIBを移動|メタケードのMCADEでは4月上場後の大幅な価格高騰予想

2023年における投資先の1つになる?チャンサープレセールの価格予測がさらに高まる

2023年における投資先の1つになる?チャンサープレセールの価格予測がさらに高まる

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

レディットの仮想通貨ファンによる2023年注目のゲーム仮想通貨7選【PR】

レディットの仮想通貨ファンによる2023年注目のゲーム仮想通貨7選【PR】

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

注目度の高い仮想通貨ニュース

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す