ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Bitcoin(BTC、ビットコイン)は、史上初となる7万ドルを突破、本稿執筆時点でのBitcoinの価格は7万3287ドルとなっており、仮想通貨市場には大規模な資金が波のように流入しています。

Bitcoinは、年明けにSpot Bitcoin ETF(スポット・ビットコインETF)が承認されて、BlackRockやFidelityなどの主要資産運用会社が参入したことで、大規模な資金を投入してくれる機関投資家を確保できるようになりました。

そんな中、トレーダーはこのブルラン(強気相場)からより大きなリターンを得ようと、トレンドとなっているBitcoinをテーマとしたGreen Bitcoin($GBTC、グリーンビットコイン)に注目しています。

Green Bitcoinは高い成長ポテンシャルだけではなく、エコフレンドリーな側面も持ち合わせているため、環境への意識が高い投資家からの需要も高まっています。

現在行っているプレセールは資金調達が加速しており、3月10日に300万ドルを達成、本稿執筆時点では380万ドルを超えています。現在の価格は、1GBTCあたり0.8782ドルとなっています。

エコフレンドリーな$GBTCでBTCのトレンドに乗る

Green Bitcoinの画像①

環境問題への対応が世界的に急がれる中で、Bitcoinのマイニング(採掘)で消費される膨大な電力は、大きな懸念点となっています。

Green Bitcoinは、消費電力が低いEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上で稼働しており、トランザクション(取引)の検証にProof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しています。

消費電力を比較してみると、Green Bitcoinは1トランザクションあたり最小で34Wh、Bitcoinは117万3000Wh、Bitcoinキャッシュ(BCH)は189.75Wh、Bitcoin SV(BSV)は913Whとなっており、大きな違いがあることがわかります。

また、Bitcoinのマイニング報酬が6.25BTCから3.125BTCになる半減期が来月に迫っています。

今までは半減期前後に価格高騰が起きていましたが、今回は半減期の1ヶ月以上前にBitcoinが史上最高値を更新したため、10万ドルまで上昇するのではないかなど、様々な予測がされています。

Green Bitcoinは、そのようなビットコインの価格予測をテーマとしているので、BTCのトレンドに低リスクで参加できることが、大きな魅力となっています。

ビットコインのマイニング株よりもGreen Bitcoinを選択する投資家たち

Green Bitcoinの画像②

Bitcoinのブルランから恩恵を受ける方法の1つとして、上場しているマイニング企業の株式を購入することがあげられますが、それには高いリスクが伴います。

例えば、マイニング企業は激化するマイニング報酬獲得の競争に勝つために、ASICプロセッサなどの高価な機材を購入しなければならなくなっており、大きな利益を出すことが難しくなっています。

こうした背景もあり、ビットコインのマイニング株よりもGreen Bitcoinを選択する投資家が増えており、大きなリターンを狙ってプレセールで$GBTCを購入しています。

ビットコインの価格予測をゲーム化、ステーキングと組み合わせたGreen Bitcoin

Green Bitcoinは、ゲーム化されたグリーンステーキング(Gamified green staking)という革新的なシステムを取り入れています。

グリーンステーキングでは、$GBTCをステーキングすることでBitcoinの価格を予測を行うことができ、新規参入者もベテランの仮想通貨トレーダーでも、予測が正確であれば$GBTCで受動的な収益を得ることができます。

プロジェクトの初期段階では、ウィークリーチャレンジが計画されており、ステーカーはBitcoinの毎日の値動きを正しく予測することで報酬を得られるようになっています。

特定のチャレンジでは、ステーキングしたトークンの最大100%のボーナスが付与される予定となっています。

このようにして、Green Bitcoinトークンはユーザーの長期的な参加を促進し、分散型予測市場ネットワークのネイティブ・トークンとして、その価値を高めていくでしょう。

Green Bitcoinの画像③

>GBTCは信頼性の高いユースケースを持ち合わせている

BitcoinキャッシュやBitcoin SVなど、Bitcoinから派生した仮想通貨はたくさんあり、ビットコイン・ブロックチェーンでの問題を解決することを目的としています。

ミームコイン分野においても、Bitcoinの派生コインは多く作られており、中には200倍にまで成長したものもあるため、一部の投資家は$GBTCにも急成長するポテンシャルがあると信じています。

プレセールでの購入者は、現在126%という高いAPY(年間利回り)でステーキング報酬を得ることができ、報酬はEthereumのブロックごとに1.5GBTCの割合で発行され、3ヶ月にわたって分配されていきます。

報酬の分配が終わると、ゲーム化されたグリーンステーキングが開始される仕組みです。

Green Bitcoinは、ビットコインのブルランという絶好のタイミングでローンチ(発売)されるため、投資家たちはBitcoinをテーマにしたGreen Bitcoinに大きな期待を寄せています。

プレセールでは最大20%のサインアップボーナスも実施されており、新規購入者は日々増加しています。

Green Bitcoinプロジェクトの最新情報に関しては、X(旧Twitter)Telegramをご確認ください。

$GBTCの詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GameFiマーケット:メタケードの上場が新たな投資家の目に留まる。今年中に1ドル達成なるか?

GameFiマーケット:メタケードの上場が新たな投資家の目に留まる。今年中に1ドル達成なるか?

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

ビットコインとミームネイターの価格予測:市場の動向

ビットコインとミームネイターの価格予測:市場の動向

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

2023-2030までの柴ミーム価格予測|AI主導のミームコインを待ち受ける未来とは

2023-2030までの柴ミーム価格予測|AI主導のミームコインを待ち受ける未来とは

ChatGPTによる仮想通貨予測:2024年注目の投資機会は?

ChatGPTによる仮想通貨予測:2024年注目の投資機会は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す