歴史的なICOの最後のチャンス|日本の投資家の注目が集まる

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨の元祖としての誕生から、最近のSECによるETFの承認に至るまで、ビットコインは破壊と革命の軌跡を先導し続け、後に続く仮想通貨市場の基準を作り続けている。

今、ビットコインドックは、ビットコインのブロックチェーン上で鋳造された史上初のICOとして歴史に名を刻みながらパーティーのような雰囲気をもたらしている。新境地を切り開く先駆者というだけでなく、この新たなコインは、ソーシャル・ブロックチェーン・ゲームの勢い、そしてNFTルネッサンスに乗り、あるいはその火付け役となりそうだ。

ビットコインドックのプレセールは、投資家に「私を迎えに来て」と大声で叫んでいるように、最後の数日間で熱狂的な日本の投資家の注目を集めている。プレセールではすでに1,110万ドルもの資金が集まっており、3月15日に完了、その後すぐに取引所に上場予定の歴史的に残るICOに参加するチャンスは残り少なくなっている。

ビットコインドックとは?

ビットコインドックは、仮想通貨やGameFi体験、そしてあらゆるブロックチェーンのゴッドファーザーであるビットコイン上に構築された独占的なNFTコレクションの見事なWeb3のスモーガスボードだ。

ビットコインドックエコシステムのネイティブトークンである0DOGトークンは、燃料と活力の源であり、ユーザーに報酬、そしてガバナンスへの参加アクセスを提供する。

ビットコインドックのソーシャル・プレイ・トゥ・アーニング・ゲーム体験は、90年代のポケットペット「たまごっち」ブームを彷彿とさせるノスタルジーと、Axie Infinityが提供する競争要素を融合させた魅力的なもので、インタラクティブかつ潜在的に有利なゲームプレイ体験を提供。プレイヤーは自分のデジタル犬を育て、訓練し、進化させ、他のプレイヤーと競い合いながら、0DOGトークンを獲得していく。

ビットコインドックは、10,000匹のユニークで高級なNFTイヌ・コレクションを制作している。革新的なBitcoin Ordinals(ビットコイン・オーディナル)プロトコルを介して作成され、専門家は2024年にNFTルネッサンスを予測している。そのため、このコレクションは新しい技術と理想的な市場タイミングの適切な組み合わせを持っており、誰もが惹きつけられるNFTになるだろう。

日本の投資家がビットコインドックに魅了される理由

ビットコインドックは、ビットコイン・オーディナルの可能性がすでに驚嘆されている日本の投資家の間で脈動を高めている。

2023年に新しいNFTプラットフォームをシーンに登場した後、それは概念実証プロジェクトから、最近6万ドルに到達したビットコインのバックアップのおかげで22.5億ドル以上のTotal Value Locked(TVL)を持つDeFiエコシステムに成長した。一方、BRC-20コインのエコシステムも同様に成長しており、時価総額は30億ドルを超えている。

ビットコインドックの魅力と可能性は、ICOの号砲が鳴らされたときに明らかになった。開始から24時間以内に100万ドルを調達したこのコインは、2024年のNFTの火を燃え上がらせる燃料になるかもしれない。そう考えると現在の価格0.0404ドルは魅力的と言えそうだ。

Cryptoslamによると、2022年の取引量237億ドルから2023年には売上の減少が見られた中、NFT市場は復活しつつあるようだ。スターバックス、アディダス、ナイキのようなビッグブランドがNFTへの支持を維持しており、ビットコインドックは次のBAYCになるために必要なすべての要素を持っている。

2024年、ビットコインドックは優れた投資先?

ビットコインドックは、ビットコインブロックチェーンに基づくプレセールトークンという新しい分野を開拓、群雄割拠のリーダーとして新たな領域を突き進んでいる。このプレセールの残り時間は言うまでもないが、この名声だけでも将来0DOGトークンの需要を牽引することになるだろう。わずか4週間で調達した1,110万ドルがすべてを物語っている。

プレセールでは、世界に存在する犬の想定個体数を反映した9億の0DOGトークンが鋳造され、すでに日本の投資家コミュニティにFOMOの波が押し寄せているようだ。投資家は、プレセール終了後に余ったトークンが溢れかえることを心配する必要はない。余ったコインは希少性と価格圧力を維持するために焼却される。

X(旧Twitter)のフォロワーは11万人以上、Telegramコミュニティのメンバーは2万人以上いる。そして、ビットコインドックを賞賛するインフルエンサーの@MrX_CryptoBscGemsX1000もいる。

プレセールはラストチャンスを迎える

プレセールは3月15日に終了し、その後直ちに取引所に上場される予定である。

ビットコイン熱の波や、2021年市場前のCryptoPunks革命を逃したとしても、今回が3度目の正直となる可能性はある。ビットコインドック変革の可能性を秘めた新しいクロスオーバープロジェクトであり、歴史に名を刻む日は近いのかもしれない。

ビットコインドッグ(Bitcoin Dogs)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

FlareがGoogle Cloud用の汎用ブロックチェーンAPIを公開

FlareがGoogle Cloud用の汎用ブロックチェーンAPIを公開

ビットコインとサステナビリティ

ビットコインとサステナビリティ

ターミネーターにインスパイアされた「ミームネイター」ミームコイン市場の支配を目標に掲げる

ターミネーターにインスパイアされた「ミームネイター」ミームコイン市場の支配を目標に掲げる

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

注目度の高い仮想通貨ニュース

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す