新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Dogecoin20($DOGE20、ドージコイン20)は、ミームコインのDogeファミリーに加わった新しいコインです。

犬ミームコインの中でも際立ったアップグレード版となっており、次のDogecoin(ドージコイン)やShiba Inu(シバイヌ)となることが期待されています。

Dogecoin20は、開始から24時間足らずで25万ドル以上を調達しており、好調な滑り出しとなっています。

従来のDogeは、インターネットのミーム・ユーモアを中心に構築されたコミュニティに支えられ、世界中で話題になるジョークから200億ドルと大規模な時価総額まで、様々な舞台で活躍しながらミームコインのトップを走り続けています。

Dogeがミームコインの歴史を変えてから、市場への参入者が増加し、ミームコイン分野全体の時価総額は今や600億ドルを超えるまでに成長しました。

そのような好景気のミームコイン分野で登場したDogecoin20は、Dogecoinブランドで初となる本格的なアップグレード版となっています。

$DOGE20トークン購入者は、プレセール期間中からステーキングをして報酬を得ることが可能になっており、本稿執筆時点でのAPY(年間利回り)は1817%です。

戦略的な投資家たちは、$PEPE(ペペ)や$WIF(ドッグウィフハット)、$FLOKI(フロキ)のように、時価総額が低くてリスクは高いものの、より大きなリターンが期待できるミームコインを模索しており、$DOGE20に注目しています。

主要ミームコインの価格上昇率比較画像

DOGE20はドージコインが必要としていたアップグレード版

Dogecoinは、2013年にローンチ(発売)してから10年という長い期間、仮想通貨業界で成功を収めてきました。

しかしながら、変化の激しい仮想通貨業界での10年は、現実世界の100年に相当するため、Dogecoinの一刻も早いアップデートが必要とされていました。そこで登場したのが$DOGE20という新しいプロジェクトです。

Elon Musk(イーロン・マスク)は、まだDogecoinに大きなこだわりを持っています。今週のテスラ・ギガ・ベルリン・イベントで、彼の会社の支払いにDogecoinを利用するかを尋ねられた時、彼は「Dogecoinは爆上がりすると思う」と発言しました。

これを受けて、Dogecoinはさらに10%上昇し、一時0.18ドル台で取引されました。

Dogecoinは、今後もミームコイン分野を牽引していくと考えられますが、このようなタイミングで登場した$DOGE20は、Dogecoinのミームコイン・コミュニティを新たな高みへと導く改善案を提供しています。

Dogecoin20が将来性のある改良版Dogeである理由とは

Dogecoin20の画像①

Dogecoinが設計された当初、Bitcoin(ビットコイン)に次ぐコインであったLitecoin(ライトコイン)の技術に大きく依存していました。

Litecoinは、Bitcoinのブロックチェーン技術から生まれたもので、ブロック検証メカニズムとしてProof-of-Work(PoW、プルーフ・オブ・ワーク)を受け継いでおり、従来よりもエネルギー消費量が少なく高速であるScryptというシステムを使用していました。

それから長い時が経った現在では、ますます多くのコインがProof-of-Stake(PoS、プルーフ・オブ・ステーク)に移行しており、Scryptの技術は時代遅れになりつつあります。

PoSでは、高額な計算コストのかかるPoWのマイニングを省略しているため、桁違いに高速でエネルギー消費量も著しく少なくなりました。

Dogecoin20は、このようなPoS型のEthereum(イーサリアム)ネットワーク上で稼働しており、Dogecoinを最新のブロックチェーン技術に対応させています。

実用的なDogecoin20のステーキングはコミュニティ活動を後押し

Dogecoin20の画像②

Dogecoin20はERC-20 Ethereumに準拠したトークンであり、将来性があるだけでなく、技術水準も継続的に改善しているネットワークの一部となっています。

また、Dogecoin20はオンチェーンでステーキングを行い、受動的な収入を提供しています。

コミュニティ形成をする上で、ステーキングは重要な役割を担っているため、Dogecoin20はトークン総供給量(1400億)の15%をコミュニティのステーキング報酬へ割り当てています。

これらの報酬は2年間にわたって分配されていき、1年目は供給量の12.5%、2年目はさらに2.5%が支給されます。

ステーキング・プールのうち、ステーカーが保有する割合が高くなるほど報酬も高くなり、それぞれのETHブロックに対して6751Dogecoin20が報酬として分配されます。

このようなステーキングの仕組みは、コミュニティの長期的な参加を促します。

Dogecoinの初期段階でチップ文化がコミュニティを成長させたように、Dogecoin20のチームは、ステーキングにも同様の影響力があると見ています。

Dogecoin20は、Dogecoinの慈善文化にも忠実に従っており、Dogecoin20はコミュニティに「毎日良いことだけをする(Do only good every day)」ことを勧めています。

お互いを支え合い親切にすることは、dogecoin.comで掲げられているDogecoinのキーワードです。

そうするためには富を得て、その富の一部を慈善活動に使用できるようにしなければならないとチームはいいます。

Dogecoin20の使命は、ユーザーが「毎日良いことだけをする」ために、コミュニティを成長させ、豊かになるように力を与えることです。

$DOGE20はETH、USDT、BNB、またはカードを使ったfiatで購入可能です。X(旧Twitter)Telegramでは、プロジェクトの最新情報が更新されているので、興味のある方はぜひご覧ください。

$DOGE20の詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年3月:注目のメタバース関連仮想通貨ランキング【PR】

2023年3月:注目のメタバース関連仮想通貨ランキング【PR】

PumaPay(プーマペイ)が「日本初」のミートアップイベントを開催

PumaPay(プーマペイ)が「日本初」のミートアップイベントを開催

最大規模のP2Eゲームアーケード構築中のメタケード|大きな利益を生むポテンシャル

最大規模のP2Eゲームアーケード構築中のメタケード|大きな利益を生むポテンシャル

VC Spectra(SPCT)とXRP・ADA|価格上昇で注目される仮想通貨3銘柄

VC Spectra(SPCT)とXRP・ADA|価格上昇で注目される仮想通貨3銘柄

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す