UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ビットコインで4回目となる半減期の到来は、仮想通貨市場に熱い議論と熱狂を巻き起こした。4年に1度のビットコイン半減期に加え、4年に1度のFIFAワールドカップもサッカーファンと仮想通貨投資家の情熱と熱狂を呼び起こす可能性がある。

筆者は最近話題のAIやミームに加えて「スポーツファン」の分野の変化にも注目している。6月に開催されるUEFA欧州選手権は、どのような投資機会をもたらすのだろうか?この記事では、そのような質問に1つ1つ答えていく。

欧州カップ戦とコパ・アメリカがスポーツトークン市場に火をつける?

世界で最も盛大なサッカーイベントであるワールドカップには、莫大な商業的可能性と市場価値が秘められている。これは、伝統的なブランドや大手企業の積極的な参加や支援に反映されているが、仮想通貨市場でも幅広い注目を集めている。

近年登場したファントークンは、ワールドカップ開幕前にブームを巻き起こし、数多くのファン・仮想通貨愛好家・投資家の注目を集めた。この新たな現象は、サッカーを心から愛するサッカーファンに喜びをもたらしただけでなく、仮想通貨業界でも大きな注目を集めており、多くの関係者がトークンの熱狂から利益を得ることを望んでそれに参加している。

歴史を振り返ると、スポーツ市場のスタートは競技開始の2~3カ月前に始まることが多かったことがわかる。

2018年12月に開催された第15回ワールドカップを例に挙げると、ワールドカップをコンセプトとした予測トークン「Wicc」は大会開始後3カ月間で強い成長の勢いを見せ、最高上昇率は驚異の10倍に達した。

これを踏まえて考えると、サッカー界における世界の二大イベントである「コパ・アメリカ」と「UEFA欧州選手権」が迫っている今、スポーツ関連のパブリックチェーン銘柄やファントークンも投資家の注目を集める可能性が高いと考えられる。

(出典:Public information)(出典:Public information)

「CoinMarketCap」のデータによると、記事執筆時点でスポーツ関連のトークンは115個存在する。そのうち43個はまだローンチされておらず、市場総額は19億2,000万ドルで、市場全体のわずか0.07%にとどまっているため、まだまだ成長の余地は残されているように思える。

(出典:CoinMarketCap)(出典:CoinMarketCap)

スポーツトークンの仕組み

スポーツトークンは、主に「ファントークン」と「ファントークン・インフラストラクチャ」という2つのカテゴリに分類される。

「ファントークン」は主要なチームやクラブが発行する革新的な商品であり、ファン経済の活況に端を発し、ファンに新たな参加と支援の道を提供している。

代表的なファントークンには以下のようなものがある。これらのトークンは「Gate.io」で現物取引することが可能だ。

ファントークン発行チーム
PSGパリ・サンジェルマンFC
SANTOSサントスFC
CITYマンチェスター・シティFC
LAZIOSSラツィオ
BARFCバルセロナ
JUVユヴェントスFC

(出典:Gate.io)

これらのトークンを保有するファンは「チームのユニフォームスタイルを決める投票」などといったクラブの重要な決定に参加する機会を得られるだけでなく「貴重な試合のチケットを獲得するチャンス」や「憧れの選手と親密に触れ合える特権」などを得ることもできる。

ファントークンはファンの人々により深い参加体験を与えるだけでなく、限定コンテンツ・ゲームでの交流・スーパーファンからの評価などといった複数のメリットを享受できるようにする。

例えば、パリ・サンジェルマンFCのファントークンである「PSG」の保有者は、特別なVIP体験を楽しんだり、FIFA 22ファンエディションの表紙の投票で意見を述べたりすることができる。

2021年5月の試合では、ファン投票によって決定された『We can do it together, we can do it together! Let’s take another step towards glory and victory.』というメッセージがチームのロッカールームに表示されたこともあった。

このような例は「ファントークンはスポーツファンの人々に、より深いユニークな参加体験をもたらすことができる」ということを十分に示している。

ファントークンのインフラについて語る際、真っ先に名前が挙がるのが「Chiliz」だ。

Chilizは、旅行コンサルティング会社「Webcity」の創設者でありながら、フランス最大のオンラインポーカーウェブサイト「Winamax」の共同創設者でもあるAlexandre Dreyful氏が2018年に設立した、スポーツ・エンタメ業界のインフラ構築に注力している会社だ。

同社のシステムは大きく分けて「ブロックチェーン」と「Sociosアプリ」の2つで構成されている。前者はブロックチェーン技術のサポートを提供し、後者は一般ユーザー向けアプリを提供してWeb2ユーザーがWeb3エコシステムの構築やコミュニティ活動にシームレスに参加できるようにする。

Chilizは現在「パリ・サンジェルマン、ユベントス、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド」などといった有名チームを協力して82種類のファントークンをローンチしており、世界中で150以上のスポーツパートナーと協力関係を確立している。

フットボールカップがもたらすトークン投資機会

全体として、スポーツコイン業界は市場が過熱し、高度にコントロールされている状態にある。

最近のビットコインのヴァンパイア効果による影響もあって、スポーツ関連トークンのパフォーマンスは依然として平凡な状態にあるため、今はチップを獲得する時期であるように思える。

しかし、この分野全体が依然として爆発の機会を待っている状況であることは注目に値する。短期的に莫大な利益を期待するのではなく、他の主要な強気要因を包括的に分析するのが良いでしょう。

スポーツファントークンや関連するインフラトークンに加えて、多くのミームコインや関連NFTが熱狂の対象となる可能性がある。

特に注目すべきは、CHZがこの分野の主要プロジェクトとして上昇する可能性を秘めている一方で、その爆発力は市場価値を考慮すると比較的小さい可能性がるという点だ。より多くのファントークンについては、リスクと期待リターンのバランスを取る必要がある。

現在の市場には、すでに投資家がUEFA欧州選手権の可能性に気付いて準備を始めている兆候がある。

(出典:Gate.io)(出典:Gate.io)

コパ・アメリカとUEFA欧州選手権の開幕が近づくにつれ、スポーツ関連トークンは徐々に投資家の注目を集めるようになるだろう。最近、小さな盛り上がりを見せているプロジェクトもある。実際、この国境を越えた熱狂はサッカーの魅力と影響力を示すだけでなく、現在の強気相場を背景にした仮想通貨市場の活発さと投機的な雰囲気を明らかにしている。

まとめると、投資家はファントークン分野で投資する際には、UEFA欧州選手権前の発生タイミングに注意を払う必要があると考えられる。一方、コインを選択する際には、市場価値とプロジェクトの可能性を総合的に考慮すべきだ。Gate.ioはまた、投資家により価値のあるホットな洞察を提供する。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ICOニュース:ミームネイターのプレセールが残りわずかに

仮想通貨ICOニュース:ミームネイターのプレセールが残りわずかに

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す