トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Slerf ($SLERF、スラーフ)、Dogwifhat($WIF、ドッグウィフハット)、Bonk($BONK、ボンク)のようなSolana(SOL、ソラナ)ネットワークで稼働するミームコインの人気が高まっていますが、最近発表されたSlothana($SLOTH)もポテンシャルの高いコインとして注目されています。

$SLOTHのプレセールは、徐々に価格を上昇させていく典型的な販売方法とは異なり、公式サイトに記載されているプレセール専用のウォレットアドレスにSOLを送ってもらい、エアドロップとして$SLOTHを渡すというトレンドの販売方法を採用しています。

1SOLで、1万$SLOTHトークンを獲得することができます。

プレセールは今週初めに始まったばかりですが、トレーダーたちはすでに270万ドル相当のSOLをプロジェクトへ送っています。

Slothanaは、Slerfコインからインスピレーションを受けてナマケモノをテーマとしており、スーツを身にまといながらも9時から17時までは働きたくないという雰囲気を出して、「怠け者」の印象を与えています。

しかしながらも、420から4億2000万ドル規模の仮想通貨になるという野心的な目標を掲げており、X(旧Twitter)上で大きな話題となりました。

また、上場後に価格が100倍以上に高騰したSmog($SMOG、スモッグ)のチームが、Slothanaに関与しているという噂も広まっています。

今回のSlothana登場に大きな影響を与えたSlerfは、今月中旬に開発者が$SLERFトークンを誤ってバーン(焼却)してしまったことで仮想通貨市場で注目を浴び、価格高騰を記録しました。

このことは、Solana系ミームコインおよびプレセールの勢いを加速させ、Solanaネットワーク関連のミームコインは市場から大きく期待されています。

長い間、仮想通貨市場では、Ethereum(イーサリアム)のERC-20トークン規格を用いてミームコインを作ることが主流となっていました。

最近では、EthereumのライバルであるSolanaをベースとしたミームコインが増えてきており、独自のミームコインカテゴリーを確立しつつあるため、今後のSlothanaの成長にとっても有利な状況となっています。

半減期を視野に入れているSLOTH

SLOTHの画像

2009年にBitcoin(BTC、ビットコイン)が発売されてから、長い時間が経っていますが、Bitcoinは未だに時価総額で世界トップの仮想通貨として業界を牽引しており、他のコインの値動きへ大きな影響を与えています。

来月の4月19日はBitcoinのマイニング(採掘)報酬が半分になる半減期が予定されており、投資家の関心は過去最高に高まっています。

Bitcoinは、2週間前の3月14日に史上最高値となる7万3737.94ドルを記録し、半減期を迎えるにあたってどこまで価格が上昇するのか投資家たちは注視しています。

そのようなBitcoinの動きはミームコイン分野にも前向きな影響を与えており、価格変動の激しいミームコインは今後数ヶ月の間に大きなリターンが頻発する可能性が高く、$SLOTHも急成長するポテンシャルがあると予想されています。

2ヶ月前の1月には11のBitcoin ETFが承認され、ビットコイン市場へ大規模な資産を持つ機関投資家が参入してきていることも、$SLOTHを含むミームコインの成長を後押ししてくれるでしょう。

Slothanaは、ソーシャルメディアを中心としたマーケティング戦略を実行しており、公式サイトは非常にシンプル、Xで投資家に投稿を拡散してもらい知名度を高めようとしています。

Xのフォロワー数はここ数日で急激に伸びており、本稿執筆時点では3747人となっています。

Slothanaのプロジェクトチームは、SOLを送信する前にウォレットアドレスが正確であること、CEX(中央集権取引所)ではなく自分のプライベート・ウォレット(Phantomなど)を使用すること、を確認するように注意喚起しています。

$SLOTHは、公式サイトの購入ウィジェットから購入手続きを完了することも可能です。

$SLOTHの公式サイトを見る


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーロン・マスク氏の発表を受けドージコイン急騰|彼の影響力はビッグアイズコインに届くのか?

イーロン・マスク氏の発表を受けドージコイン急騰|彼の影響力はビッグアイズコインに届くのか?

FlareがGoogle Cloud用の汎用ブロックチェーンAPIを公開

FlareがGoogle Cloud用の汎用ブロックチェーンAPIを公開

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

Bitpandaが支援するPantosがマルチチェーントークンシステムのパブリックベータをローンチ

Bitpandaが支援するPantosがマルチチェーントークンシステムのパブリックベータをローンチ

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

ビットコインのラリーはエイプコイン価格予測に役立つのか?アルトシグナルはAPE関連ニュースも提供

ビットコインのラリーはエイプコイン価格予測に役立つのか?アルトシグナルはAPE関連ニュースも提供

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す