ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨投資家は、投資に最適な銘柄を多くの候補から絞り込み、待望の強気相場に向けて準備を進めています。これまで市場を先導してきたビットコインも、ETFの採用に成功、初めて7万ドルの壁を超える驚異的なATHを記録しました。

そんな中、Bitbot(ビットボット)とCronos(クロノス)の2つのコインが成長が期待される仮想通貨銘柄として頭角を表しつつあります。

ビットボットプレセールは高騰を続けています。投資家がAI主導の取引に投資することで自身の投資にさらなる勢いを付けようとする動きが高まり、190万ドルを記録しました。ビットボットが2024年の投資機会として群を抜いて輝きを放っている理由について解説します。

テレグラム取引ボット:自動売買機能で投資を拡大

ビットボットは、ビットコイン半減期を目前に、テレグラムの月間アクティブユーザー8億人に自動取引機能を提供している、ユニボットとバナナガンが率いる10億ドル規模の市場に参入します。これらの取引ボットは、オンラインコミュニケーションの大手を介して主要なDEXへの直接アクセスを提供します。

最初のボットが登場して以来、100万人以上のユーザーがテレグラム取引ボットを利用しており、生涯取引高は約7,500万の取引で130億ドルを超えます。この数字は、2024年第1四半期に急速に伸びており、驚異的な成長の可能性を秘めた市場にビットボットは足を踏み入れます。

競合他社に差をつけるため、ビットボットは、ユニボットやバナナガンを襲ったセキュリティ侵害のようなギャップを埋める、初のノンカストディアル型セキュリティソリューションを提供します。

ユニボットのトークンは、セキュリティ侵害で56万ドルものユーザー資金を失った後、その価値は40%以上の下落。さらにバナナガンのトークンは、契約にバグが発見された後、価値の90%以上を失いました。ビットボットのセキュリティアプローチは、ユーザーの資金の安全な避難所を提供するように設計されています。

ビットボットとは?

ビットボットは、有名サイバーセキュリティ企業である「Knightsafe」と提携し、市場をリードするセキュリティソリューションを提供します。経験豊富な元ウォール街トレーダーをメンバーに含めた開発メンバーより、ビットボットユーザーは取引が完了するまで資産を完全に管理することができます。加えて、MEVボット対策とラグプル対策は、さらなる安心感を提供します。

このような環境でユーザーは、よりも優位に立つために、優れた機能による自動取引パターンの活用に集中することができます。スナイピング機能は、事前に設定されたパラメーターと限度額に基づいて安く買って高く売ることができ、ジェムスキャナーツールでは、宝石の原石や潜在的なトップクラスの仮想通貨プレセールをウェブ上で探し出します。

このようなAI主導の機能により、ビットボットはAIソリューションに対する投資家の信頼を高め、ネイティブトークンであるBITBOTの価値を高めることができます。

BITBOTトークンを所有する利点には、プラットフォームの有利な収益分配スキームを通じて受動的収入を得るチャンスがあります。これにより、すべての取引手数料の50%がコイン保有者間で共有されます。さらにプラットフォームに投資家を紹介したユーザーは、リフェリーによって発生した取引手数料の15%を生涯にわたって分け合うことができます。

つまり、レベニューシェアによる短期的な利益であれ、ビットボットの優れたセキュリティにより仮想通貨社会がビットボットを業界標準として受け入れ始めることによる長期的な利益であれ、BITBOTトークンはあらゆる角度から利益を得る可能性を秘めているのです。

クロノスとは?

Cronos(クロノス)は「Crypto.com」が開発したオープンソースで完全分散型のチェーンであるCronosブロックチェーンのネイティブトークンです。Cronosチェーンは2018年後半に開始され、Crypto.comのモバイル決済アプリを動かす重要な手段となっています。

クロノストークン保有者は、コインを賭けてオンチェーンバリデータとして機能し、取引手数料のシェアを通じて受動的な収入を得ることができます。さらに、CROトークンはプラットフォームでの支払い手段として利用できます。

クロノスの価格予測

クロノスはわずか0.01954ドルで発売され、2021年と2022年の強気相場の間に着実に成長、2021年11月には最高値0.8128ドルを達成しました。2022年後半から2023年にかけて起こった仮想通貨の冬はCROの価格に深刻な影響を与えましたが、2024年第1四半期に急騰し、本稿執筆時点では0.124ドルと、12ヶ月前と比較して75%以上の上昇を記録しています。

ビットコインの半減期が間近に迫っていることから、アナリストは歴史が繰り返され、その直後に強気相場が続くと予想しています。その結果、CROは2024年末までに少なくとも0.35ドルまで上昇し、来年には0.50ドルを超えて上昇する可能性があると予測されています。

ビットボットの価格予測

一方、ビットボットは、飛躍の可能性を秘めていると話題を呼んでおり、2024年注目の銘柄の1つと言われています。

ビットボットの可能性を説明するために、ユニボットやバナナガンなどの競合のパフォーマンスは、セキュリティの失敗にもかかわらず、洞察を提供します。例えば、ユニボットは現在23.14ドルで取引されており、時価総額は2,300万ドルを超えています。また、バナナガンは32.22ドルまで急騰しており、ローンチ価格の9.9389ドルから200%以上上昇し、時価総額はなんと8,400万ドルです。

セキュリティ上の欠陥があるにもかかわらず、この2つのボットが堅調な利益を上げていることは、テレグラム取引ボット市場全体に対する仮想通貨界の信頼の証と言えるでしょう。テレグラム取引ボットは誕生してまだ1年も経っていないため、市場がセキュリティに特化したスーパースターの登場を待ち望んでいるのかもしれません。

ビットボットに対する保守的な予想でさえ、取引パターンにおけるマーケットリーダーとして台頭し、初期段階の投資家に恩恵をもたらしてくれるのではと予想しています。より現実的な予測では、今年ビットボットが飛び立ち、大きく飛躍していくと予測しています。ユニボットが初期のプレセール価格から200倍になった事実を考慮すると、可能性はあるでしょう。

ビットボットとCRO:2024年に注目したい銘柄

ユニボットとバナナガンのパフォーマンスによって示されたテレグラム取引ボット分野の豊かな可能性は、ビットボットを2024年注目の銘柄へと押し上げました。

クロノスの試行錯誤を重ねたアプローチは間違いなく新しいファンを魅了するでしょうが、Bitbot(ビットボット)の順調な売れ行きを見せるプレセールは比類のない価値と成長のポテンシャルを提供します。ICOは現在ステージ9にあり、トークンの価格はわずか$0.0148、つまり投資家がFOMOを回避できる機会は限られているのです。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

仮想通貨の専門家に聞く、Bitcoin ETFの新時代に向けて注目したい5つの仮想通貨とは?

仮想通貨の専門家に聞く、Bitcoin ETFの新時代に向けて注目したい5つの仮想通貨とは?

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

OKCoinJapan:オプティミズム(Optimism/OP)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:オプティミズム(Optimism/OP)取扱いへ|複数のサービスでサポート

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す