環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトとして知られているeTukTuk($TUK、イートゥクトゥク)は、プレセールで300万ドルの資金調達が間近となっており、注目されています。

eTukTukはスリランカを拠点として、サステイナブルな(持続可能な)グローバル交通手段の推進を目指しています。

本記事では、最近話題となっているeTukTukプロジェクトの魅力と、プレセールの最新情報をお伝えします。

eTukTukプロジェクトについて

eTukTukプロジェクトの目的は、主に発展途上国で利用されている化石燃料を使用して走るタイプのトゥクトゥクを、エコフレンドリーなEV(電気自動車)に移行することです。

このような従来のトゥクトゥクは、一般車両よりも多くの二酸化炭素を排出するので、環境への影響が懸念されていました。

eTuTukのミッションは、EVとEVSE(電気自動車用の充電インフラ)の環境を整えて、発展途上国をサステイナブルな未来へと導くことです。

これらを実現するために同プロジェクトは独自のeTukTuk EVを導入し、トゥクトゥクのドライバーがゼロ・エミッション(排出ゼロ)の交通機関へスムーズに移行できるようにサポートしていきます。

eTuTukのこうした取り組みはCO2の排出量を削減するだけではなく、地域の経済活動も活性化して悪化しつつある国の経済状況を好転させられるポテンシャルがあるため、より幅広い意味でのグリーンなエコシステム構築に繋がっています。

例えば、取引手数料の安いBSC(バイナンス・スマート・チェーン)を利用することでドライバーのコストを削減する他、地域の貧困層へ働く機会を提供しています。

eTukTukの仕組みを描いた画像

また、ネットワーク内の取引には$TUKトークンが使用され、ユーザーは現在97%のAPY(年間利回り)からなる魅力的なステーキング報酬を獲得することができます。

この仕組みはパワーステーキングと呼ばれ、$TUK保有者はステーキングをすることでEVSEの電力供給に出資し、ドライバーがeTukTuk EVの使用料や充電にかかる費用を$TUKで支払うことで、地域のパートナーや保有者へ報酬が支払われ、エコシステムが循環していくようになっています。

パートナーシップとグローバル展開戦略

eTukTukは前述した目的およびミッションを達成するために、影響力の大きい組織と戦略的なパートナーシップを締結しています。

注目すべきなのは、スリランカの大手グループ会社であるThe Capital Maharaja Groupや、スリランカ政府と直々に協力し、スリランカで200カ所以上の充電ステーション設置場所を確保しているという点です。

この強力なパートナーシップによって、トゥクトゥクドライバーは運営コストを400%削減できるともいわれています。

また、スリランカを出発点としてeTukTukはグローバル展開することを計画しており、アフリカ各国やタイ、インドなど、トゥクトゥクが主要交通手段の1つとなっている国々をターゲットとしています。

このようなeTukTukのグローバル戦略は、より広い市場で$TUKの認知度を高め、発展途上国を中心にプロジェクトの影響力が強まっていくと考えられています。

eTukTukとは?の画像

eTukTukはスリランカ最大の都市コロンボで戦略的な拠点を確保しており、AI技術を活用して人気のあるルートに沿って充電ステーションを配置して最適化し、運営効率を高める計画を立てています。

このデータ主導のアプローチによって、既存の交通システムからeTukTukネットワークへのスムーズな移行が促進されていくでしょう。

さらにeTukTukプロジェクトは、スリランカのUNDP(国連開発計画)からも支援を受けており、同国におけるeモビリティ(環境に優しい交通機関を利用すること)の導入を促進し、今後の国の発展に貢献していくことが期待されています。

300万ドルの資金調達が迫るTUKのプレセール

eTukTukのプレセール画像

現在行われているeTukTukのプレセールは、資金調達額があともう少しで300万ドルを突破するところまできており、コミュニティは盛り上がっています。

現在1TUKは0.0295ドルで販売されており、投資家はeTukTukの公式サイトからBNB(バイナンスコイン)、USDT(テザー)、もしくは各種カード(ご利用のカード会社へ要確認)を使って$TUKを購入することができます。

プレセール終了後に$TUKは、複数のCEX(中央集権取引所)およびDEX(分散型取引所)に上場予定となっています。

eTukTukのトークノミクスを見てみると、トークンの総供給量は20億$TUK、そのうちの10%がプレセールへ割り当てられています。

また、最も多い割り当てが20%のパワーステーキングへ、マーケティングには10%、コミュニティ報酬へ9%などが配分されており、ユーザーの長期的な投資と参加を促しています。

eTukTukプロジェクトは、仮想通貨の大手セキュリティ会社Coinsultによる監査にも合格しているため、TUKトークンに対する投資家の信頼も高くなっています。

eTukTukの詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルトシグナル、AI搭載仮想通貨として業界改革の最前線を走る

アルトシグナル、AI搭載仮想通貨として業界改革の最前線を走る

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

$SPONGEに再び脚光、2024年に向けて期待されているV2 Stake-to-Bridgeの仕組みとは?

$SPONGEに再び脚光、2024年に向けて期待されているV2 Stake-to-Bridgeの仕組みとは?

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す