ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

日本の投資家がユニボットから急成長するビットボットに関心の矛先を向けているように、この世界初のノンカストディアルテレグラム取引ボットは、仮想通貨取引ボット業界に劇的な変化をもたらしています。

ビットボットプレセールは、開始からわずか12週間でこれまでに210万ドルを獲得しています。現在9ステージを展開中で価格は0.0148ドル。

この記事では、ユニボットの弱気なトレンドとビットボットの上昇傾向を比較します。また、一部の投資家がなぜビットボットのプレセールに注目しているのか、その比類のないセキュリティ対策と技術的進歩の理由を明らかにします。

仮想通貨トレーディングボット市場

テレグラム取引ボットの市場は急速に拡大しており、現在までに14億ドル規模にまで成長しています。3月には、一日で7億ドルがテレグラムボットを介して取引された記録も生まれ、業界の重要性が増していることを強調しています。

急成長する市場の中で、ユニボットは現在の時価総額2,500万ドル、取引価格約25ドルの著名なプレーヤーです。2023年8月に220ドルでピークに達した後、ユニボットの軌道は重大なセキュリティ侵害の影響を受け、弱気な方向へと変わりました。

ソラナチームとの提携解消を最近発表したことでユニボットの状況は悪化しており、この動きは、ユニボットコミュニティの信頼に反する一連の事件によって引き起こされたものです。

この決定は主に、ソラナグループがユニボットの同意なしに「evm_unibot」を無許可で立ち上げ、ユーザーに大きな不安とサービスへのアクセス問題を引き起こしたことに影響されました。

当然のことながら、この一連の出来事は投資家の信頼を著しく損ない、ユニボットの信頼性と独立したプラットフォーム標準を維持するチームに対する厳しい評価につながりました。

このような不確実性により、日本の投資家含む一部のユーザーは、より安全で有望な代替手段であるビットボットを検討するようになりました。

ビットボット:セキュリティとイノベーションの新時代

ビットボットは、サイバーセキュリティの重鎮である KnightSafe(ナイトセーフ社)との戦略的提携により、取引ボットのセキュリティにおける新たな基準を打ち立てようとしています。この提携は極めて重要で、最終的な制御をユーザーの手に直接委ねるノンカストディアル的取引の枠組みを確立し、"not your keys, not your crypto"の原則を徹底します。

セキュリティパラダイムは、市場における他のボットの評判を脅かす欠陥性から投資を保護するために設計された最先端のアンチMEV(最大抽出可能価値)戦術とアンチラグプル対策によってさらに強化されています。

堅牢なセキュリティ対策に加え、ビットボットはAIを搭載した革新的なツールにより、暗号化された状況をふるいにかけ、過小評価されている銘柄や有望なプレセールベンチャーをピンポイントで特定、ユーザーに大きな優位性を提供します。

さらにBitbot(ビットボット)は、先駆的な収益分配モデルを導入し、毎日の取引手数料の50%をトークン保有者に還元することで、安全な取引ボットとしての地位を確立します。急速に進化する取引ボット分野で際立つ比類のない投資プラットフォームとなっています。

この包括的なエコシステムは、開発チームに対する12ヶ月のトークン権利確定スケジュールによって強調されており、ビットボットが信頼を育み、プロジェクトの長期的な持続可能性と成功を確保することに専念していることを示しています。

仮想通貨市場の強気な見通し

市場ではいくつかの主要指標が差し迫った強気局面を予告しており、期待が高まっています。ビットコインは史上最高値を更新し、予想を打ち砕きました。

さらに、コミュニティはイーサリアムETFの承認可能性について盛り上がっています。承認されれば、仮想通貨の魅力が機関投資家に対して大きく広がり、市場に大量の流動性が注入される可能性があります。

この急成長の可能性に満ちた環境で、ビットボットのデビューのタイミングは最適と言えます。高度な技術と厳格なセキュリティ対策は、テレグラム取引ボット分野の先端に位置し、市場の上昇トレンドを利用する準備ができています。

バナナガンのような競合他社は、初期のセキュリティ問題にもかかわらず、200%以上の購入者利益を提供できました。しかし、ビットボットはそのノンカストディアル性質により、これらの問題を回避します。

この特性により、ビットボットは市場の成長をただ追随するのではなく、牽引する立場を築いています。初期投資家には魅力的な機会が提供され、ビットボットは急速に拡大する市場で、主要なテレグラム取引ボットとして競争し、優位性を確保する可能性があります。

全てを手にする勝者となる?

ビットボットは、比類なきセキュリティと取引ツールだけでなく、プレセール段階である点も特徴です。

一般的に、プレセールは早期投資家に利益をもたらすことで知られており、ビットボットもこれに倣って投資家に利益を提供する可能性があります。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

Bybit(バイビット)がセーブ・ザ・チルドレンに「2.5BTC」の寄付を実施

Bybit(バイビット)がセーブ・ザ・チルドレンに「2.5BTC」の寄付を実施

弱気相場の今だからこそ注目すべき暗号通貨

弱気相場の今だからこそ注目すべき暗号通貨

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年6月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年6月ニュースレター

新星ミームコイン「ミームネイター」ライバルを撃ち落とせるのか?

新星ミームコイン「ミームネイター」ライバルを撃ち落とせるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す