GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

米国の大手ゲーム販売店であるゲームストップの株価が上昇したことで、同会社とは無関係なミームコインGameStop($GME、ゲームストップ)の価格が上昇しており、話題となっています。

$GMEは過去24時間で43%、過去7日間で3684%も高騰しました。

この騒動でミームコイン分野にも注目が集まっており、Pepe($PEPE、ぺぺ)は過去24時間で4%、過去7日間で見ると43%の急上昇を記録しており、一時的な買いが殺到している様子が見受けられます。

そのような中で、最新のAIミームコインとしてトレンドになっているのがWienerAI($WAI)です。

WienerAIのプレセールが180万ドル調達へ

WienerAIの画像

ミームコイン市場が熱狂的に盛り上がる中で、Ethereum(ETH、イーサリアム)ネットワークのWienerAIのプレセールにも投資家が集まっており、ここ数日で資金調達が進んで180万ドル以上を集めています。

本稿執筆時点では、$WAIあたり0.000707ドルのレートで購入可能となっています。

WienerAIプロジェクトは、仮想通貨系インフルエンサーの間でも注目されており、Matthew Perryさん(登録者数22万人以上)や99Bitcoins(登録者数70万人以上)のようなYouTubeで人気を集めているチャンネルでも、$WAIが紹介されて知名度が高まっています。

また、ICOBench.comのアナリストもWienerAIに注目しており、注目すべきプレセールランキングで3位にランク付けしています。

日本においても、仮想通貨系ユーチューバーのマルチインカムサラリーマン蜂野一さん(登録者数2万人以上)や、プロトレーダー・ハリーさん(登録者数1万7000人以上)のチャンネルでも紹介されているので、興味のある方はぜひご覧ください。

AIコインとしてのWienerAIの魅力

WienerAIの画像

WienerAIは、AIを使って仮想通貨トレーダーにとっての買いチャンスを探し出す取引ボットとしての役割を担います。

WienerAIは、犬・AI取引ボット・ソーセージを融合してダックスフンドをテーマとした犬コインですが、AIコインとしてマーケットを継続的に調査して、データを計算し、最も有望な取引の予測分析を行ってユーザーのアシスタントとなります。

またWienerAIは、DEX(分散型取引所)間でのスムーズかつ手数料ゼロのトークンスワップ(交換)も可能にします。

仮想通貨市場では、フロントランニング攻撃やサンドイッチ攻撃などの悪質な手口でトレーダーの利益を最小化して利益を獲得する高度な技術を用いたMEVボットのような存在が問題になっていますが、WienerAIはそういったボットに立ちはだかり、ユーザーの取引環境を最適化することを目指します。

例えば、トレーダーがBitcoin(BTC、ビットコイン)の価格変動を利用した購入を考えているとします。

この時、トレーダーはWienerAIにBTCの価格分析を依頼することができ、主要なサポートおよびレジスタンスレベル(下値支持線・上昇抵抗線)、最適なエントリーおよびエグジットポイントの提案を受けられます。

これらの提案を参考にして、トレーダーはボットを通して売買注文を実行すると、数秒で取引が完了します。

また、WienerAIにはステーキング機能も搭載されており、$WAIの保有者は現在524%のAPY(年間利回り)で魅力的な報酬を得ることも可能です。

このような取引ボットの機能と、受動的な報酬が獲得できるWienerAIのステーキング機能の組み合わせは、多くの戦略的投資家を魅了しています。

コミュニティ中心のアプローチが評価されるWAI

WienerAIの画像

WienerAIはコミュニティ中心のアプローチをしており、ソーセージ軍(The Sausage Army)と呼ばれるグループの一員になると、プラットフォームの成長やプロジェクトの方向性などについての発言権を獲得することができます。

このソーセージ軍は、X(旧Twitter)TelegramなどのSNS上で急増しており、マーケティング戦略の1つとしても成り立っています。

また、WienerAIのチームは魅力的なトークノミクスも発表しており、総供給量690億$WAIのうち、30%がプレセールへ、20%がステーキングへ、20%がエアドロップや特典などのコミュニティ報酬へ、残りが取引所での流動性およびマーケティング活動へ割り当てられています。

さらにWienerAIの今後の計画が示されているロードマップには、ステップ1としてプレセールの開始、スマートコントラクトの監査の完了、グローバル・マーケティングの準備が行われています。

続くステップ2では、ソーセージ軍団の拡大とEthereumネットワークでの影響力強化が実施される予定です。

最終ステップでは、$WAIトークンを主要取引所に上場させて、AI取引ボットを正式にローンチ(発売)することを目指しています。

WienerAIプロジェクトに関する詳細や最新情報は、日本語版公式サイトやSNSチャンネルをご確認ください。

$WAIの公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DoraHacks「2000万ドル」を調達|Web3スタートアッププラットフォームを支援

DoraHacks「2000万ドル」を調達|Web3スタートアッププラットフォームを支援

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

ボンクとミームネーター、価格上昇の可能性を探る:2024年分析

ボンクとミームネーター、価格上昇の可能性を探る:2024年分析

ミームネーターとフュージョニストは2024年の投資機会になる?

ミームネーターとフュージョニストは2024年の投資機会になる?

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年に大きな成長の見込み

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年に大きな成長の見込み

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す