ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

初期の段階で出会った銘柄が運よく上昇したり、見つけ出したアルファに大胆な決断を下した投資家が富を築いたという手の話は仮想通貨の業界ではよく耳にします。さてここからは、新たに登場したアルファについてのお話しです。

プレセールでこれまでに357万ドルの資金を調達しているプレミア級のAI搭載ノンカストディアル型取引ボットであるBitbot(ビットボット)を一部の業界観測筋は、2024年最も重要なプレセールになるとピンポイントで狙っています。今回は、初期段階にあるビットボットが注目されている理由について解説していきます。

2024年ビットボットが市場で飛躍?

主要な取引ボットが扱う印象的な取引量にもかかわらず、初歩的な取引機能と疑わしいセキュリティが足を引っ張っている現状がこの市場にはあります。バナナガンやユニボットなどの取引ボットには、急速に進化する自動化市場で必要とされる、より高度な取引機能が求められています。

さらにこれらの製品は、ユーザーに秘密鍵を渡し、さらにユーザーは自身の資産への直接アクセスを許可する必要があるのです。これは、セキュリティに関しても大きな問題を引き起こします。

そこで、ビットボットの登場です。詳細なホワイトペーパーでは、ビットボットがAI強化機能のブレンドで競合他社を圧倒していることを示しています。例えば、主力ツールであるAI Gem Scanner(AIジェムスキャナー)は、機械学習、NLP、予測分析を活用し、高度なソリューションのような複雑さを伴わず、潜在的に過小評価されている宝石を特定して見つけ出します。

ビットボットAIジェムスキャナーの使用は、チャットボットと対話するのと同じくらい簡単です。その他の重要なツールには、取引機会に関するリアルタイムの洞察を提供するAIスナイピングツールや、最高の成績を収めているトレーダーを模倣できるコピー取引ツールがあります。

またビットボットは、分散型オープンソースセキュリティソリューションの第一人者であるKnightSafeと提携し、ユーザーに資産の完全な保管を提供、秘密鍵を手放すことなく取引ボットを使用できるようにしました。さらに、Mediumブログ投稿AMAセッションデモビデオを通じて、初期の投資家に製品についての最新情報を公開しています。

ビットボットのユーザーフレンドリーな取引ツールと改善されたセキュリティは、テレグラムボット業界の水準を引き上げ、これまで仮想通貨取引に不安を感じ、参加に躊躇していた多くのユーザーの獲得に役立つはずです。

そして、テレグラムが誇る約8億人のユーザーベースは言うまでもなく、テレグラム取引ボット分野はすでに10億ドル以上の時価総額に達しています。ビットボットは、そのネイティブトークンが世界中の取引所でローンチされれば、大きな成長を遂げることが期待されます。

ビットボットROI予測が可能性を示す?

市場アナリストは、仮想通貨の次の成長分野として、発展するテレグラム取引ボットに注目しているようです。テレグラムボットは、158万人のテレグラムユーザーから210億ドル以上の総取引量を記録しています。テレグラムの総ユーザー数に比べれば、膨大な取引量はほんの一握りに過ぎず、両数値は今後指数関数的に成長するかもしれません。

ビットボットが成長する可能性は単なる噂ではありません。競争相手の1つであるバナナガンは、4月に史上最高値の52ドルを記録、現在のビットボットよりもかなり少ない資金調達にもかかわらず、プレセールでわずか0.65ドルで購入した初期の投資家に対して、80倍のリターンを記録しました。

バナナガンは、限られたカストディアル・ソリューションと疑わしいセキュリティにもかかわらず、目を見張るような利益をもたらしました。機関投資家レベルの取引を提供する低資本の革新的なAI仮想通貨を購入することで、ビットボット投資家が手にする利点を考えてみてください。加えて、AI業界が歩んでいる道程とAI関連銘柄の堅調な市場規模により、ビットボットをさらに押し上げる可能性があります。

ビットボットに早期投資するメリットとは?

Bitbot(ビットボット)は、早期から参加した投資家にパラボリックな利益をもたらすであろう機会を提供しています。現在、ビットボットは全15段階のプレセールのうち14段階にあり、0.0189ドルという割引価格で購入することができます。 さらに事前にプログラムされたトークン増加を最大5.82%まで提供するほか、一部のアナリストは2024年にビットボットが飛躍する可能性があると予想しています。

プレセールで競合のバナナガンよりも約150%多く調達しているという事実は、ビットボットのような最先端のAI技術を搭載し、ノンカストディアルモデルのテレグラム取引ボットに対する高い需要を示しています。

ビットボット投資家は、保有するBITBOTトークンの数に応じて、取引手数料の最大50%を受け取ることができます。また、紹介プログラムもあり、紹介者は紹介したユーザーからの取引手数料の15%を生涯受け取ることができます。さらにビットボットは初期投資家に向けて100,000ドルのトークンエアドロップを実施しており、100人の当選者に1,000ドル分のBITBOTトークンをプレゼントします。

ビットボットプレセールが終了間近

ビットボットはまもなくプレセールを終了します。参加するチャンスは終わりは近づいているのです。取引所上場が目前に控えている今こそ、ビットボットに注目してみてはどうでしょうか。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OneSwap:仮想通貨市場予測で利益を獲得できる新機能「PREDICTION」公開へ

OneSwap:仮想通貨市場予測で利益を獲得できる新機能「PREDICTION」公開へ

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

仮想通貨におけるアフリカの発展|アルトシグナルプレセールがタイミングよく登場

仮想通貨におけるアフリカの発展|アルトシグナルプレセールがタイミングよく登場

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

Pepe Unchained($PEPU)プレセール数分で20万ドル調達!新レイヤー2ミームコインに注目集まる

Pepe Unchained($PEPU)プレセール数分で20万ドル調達!新レイヤー2ミームコインに注目集まる

ILCoin:安定した5Gbブロック、超高速トランザクション、完全なスケーラビリティ

ILCoin:安定した5Gbブロック、超高速トランザクション、完全なスケーラビリティ

注目度の高い仮想通貨ニュース

テザー社「Alloy by Tether」を発表|金担保型の米ドルステーブルコインaUSDTも発行

テザー社「Alloy by Tether」を発表|金担保型の米ドルステーブルコインaUSDTも発行

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

強気相場が追い風に?ミームネーターの成長が期待されている理由

強気相場が追い風に?ミームネーターの成長が期待されている理由

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

英赤十字社「仮想通貨による寄付」を受け入れ|70種類以上の銘柄に対応

英赤十字社「仮想通貨による寄付」を受け入れ|70種類以上の銘柄に対応

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

バイデン政権「ビットコインとブロックチェーンに関する円卓会議」開催か

バイデン政権「ビットコインとブロックチェーンに関する円卓会議」開催か

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

BRETTが高騰して話題に、Base Dawgzはプレセールで200万ドル突破目前

BRETTが高騰して話題に、Base Dawgzはプレセールで200万ドル突破目前

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す