PolitiFiミームの戦い:トランプやジョー・バイデンへの新たな挑戦者Solciety

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

選挙シーズンが迫り熱狂的な盛り上がりを見せる中、両陣営の繰り広げる戦いの熱は仮想通貨業界にも波及しています。PolitiFiは市場で注目を集める分野の1つであり、現在 10億ドル以上もの資金が集まりブームとなっています。

中でも3つのPolitiFiミームコインが2024年の目玉アルトコインになるポテンシャルを持っていると話題になっています。Solciety(SLCTY)、Jeo Boden(BODEN)そしてDoland Tremp(TREMP)です。

この記事では、これら3つのPolitiFiミームが2024年注目のアルトコインと言われる理由、そして特にソルシエティがパラボリックな成長を遂げると期待される理由をそれぞれ見ていきます。

ソルシエティはトランプとバイデンの強力なライバルになり得るか

BODENのティッカーで知られるJeo Bodenは、今日の政治的風潮の中でバイデンをテーマにしたトークンに可能性を見出した投資家たちにとって、2024年最高のアルトコインとなりました。BODENは、2024年3月にローンチして以来、プレス時点で300%以上の上昇を記録、史上最高値まで約6,000%も急騰し、時価総額でPolitiFiコインのトップに位置しています。

今年バイデン氏に賛同しているなら、Jeo Bodenは今後数年間で相応の利益を提供してくれるかもしれません。報道時点の時価総額が1億ドル以上であることを踏まえても、今後の伸び代はまだ十分に残っているように見えます。

Jeo Bodenと同様、Doland Tremp(TREMP)もまた、PolitiFiミーム部門で人気を博しています。TREMPは3月の上場以来、報道発表時点で600%の上昇を記録、目を見張るようなパフォーマンスを示しています。ここ数週間、ドナルド・トランプ前大統領がメディアに露出する機会が増えており、それが影響している事は間違いないでしょう。

BODENとTREMPはこれからも成長を見せるかもしれません。しかしながら、史上最高値を更新している今から参入することは、リスクとなるかもしれません。

ソルシエティが2024年に注目のアルトコインの1つと言われるのはそのためです。しかし油断は禁物。全15段階に分かれているソルシエティのプレセールイベントは、ステージが上がるごとにSLCTYトークン価格が3%上昇します。早期から参加した保有者は、上場前であっても、最初のステージと最終ステージの間で100%以上の含み益を得ることができます。

バイラルミームのPR活用法

ソルシエティは、PolitiFiのユーティリティをユーザーに提供します。Meme Campaigner(ミームキャンペーナー)ツールを使って、インターネットミームの歴史に登場する政治的キャラクターを使ってダークジョークなミームを作ることができ、さらにソーシャルメディアプラットフォームで共有することでSLCTYトークンを獲得することが可能です。

これには、Donald Pump、Elongated Musk、Badimir Putinなどの政治家やミームが含まれます。ソルシエティは、ミーム・キャンペーナーによる注目度上昇とコミュニティの努力を活用して自立したエコシステムを構築し、初期参加者の期待に沿う結果をもたらすかもしれません。選挙の日が近づくにつれ、大きく飛躍する可能性に期待が寄せられています。

政治の世界でどこの陣営にいるかは関係ありません。ソルシエティは、所属に関係なく、すべてのデゲンをひとつ屋根の下にまとめる政党なのです。

2024年に拡大を続けるPolitiFi市場、急浮上のソルシエティ

プレセールでは、合計30億SLCTYトークンが提供されます。ソルシエティは総供給量の17%を流動性、20%をマーケティングとプロモーション、そして10%を報酬に割り当て、ユーザーはSLCTYトークンの報酬を得ながら、ミームやコンテンツで政治的議論に参加することができます。

PolitiFiのミームコイン、ソルシエティに注目が集まっています。ソルシエティは、その魅力とpost-to-earn(共有して稼ぐ)のインセンティブにより、2024年以降、特に11月5日の選挙日に向けてレースがヒートアップする中、成長すべく着々と態勢を整えています。

Solciety(ソルシエティー)の詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

仮想通貨の専門家に聞く、Bitcoin ETFの新時代に向けて注目したい5つの仮想通貨とは?

仮想通貨の専門家に聞く、Bitcoin ETFの新時代に向けて注目したい5つの仮想通貨とは?

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

ビットコインとミームネイターの価格予測:市場の動向

ビットコインとミームネイターの価格予測:市場の動向

2023年10月:成長が期待されている4つの仮想通貨プロジェクト

2023年10月:成長が期待されている4つの仮想通貨プロジェクト

バイナンスのボイジャー購入に対するSEC訴訟ニュースが世間を騒がせる中、アルトシグナルが勢いを増す

バイナンスのボイジャー購入に対するSEC訴訟ニュースが世間を騒がせる中、アルトシグナルが勢いを増す

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説