この夏に期待されている話題のアルトコイン3選

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2024年の強気相場が絶えず魅力的な招待状を送ってくるこの状況において、惑わされず最高のアルトコインを選択する必要があります。しかしながら、PolitiFi、ソラナミームコイン、AIトークンなど多くのトレンドが現在の市場を席巻しているため、一体どこから手をつければいいのかわからない人もいるかもしれません。

そこで、独自で選出したこのアルトコインリストが役に立つかもしれません。大量の候補から成長が期待されている銘柄を調査、そのファンダメンタルズ、投資家の反応、長期的な可能性を検証した結果が以下のアルトコイン3銘柄です。

  • ソルシエティ:仮想通貨デゲンの政党
  • ビットボット:AI仮想通貨取引のパイオニア
  • ビットコインドッグ:初めてICOを開催したBRC-20プロジェクト

それぞれを詳しく見ていきます。

デゲンたちの政党「ソルシエティ(SLCTY)」

Solciety(ソルシエティ)は、真面目な政治の世界にユーモアを注入する新しいPolitiFiトークンです。2024年の選挙熱によって、MAGAやJeo Bodenのような政治色の強いトークンが4倍をはるかに超える上昇を達成しています。ソルシエティは、このようなPolitiFiトレンドにいち早く参加するチャンスを提供します。

ソルシエティは草の根の力を大切にしており、メッセージを広める鍵となるのが、ミーム・キャンペーナーです。ミーム・キャンペーナーは、Donald PumpやBadimir Putinのようなキャラクターを主役にした愉快かつダークなミームを作成、共有することができる画期的なツールです。

それぞれのミームはソルシエティの知名度を高める役割を果たすと同時に、投資家にSLCTYの潜在的な報酬を提供しています。このコミュニティ主導のマーケティング・マシンは、ソルシエティのメッセージが世界中に広く届くことを目的とし、笑いと共感で流行を呼び起こします。

注目すべき点は、ソルシエティが2024年に何倍ものリターンを生み出しているソラナミームコインのカテゴリーに属していることです。ソルシエティのプレセールでは、15ステージにわたって30億トークンが販売され、各ステージで3%の価格上昇があるため、初期の段階で期待されるアルトコインの1つに飛び込めるチャンスとなるのかもしれません。現在の価格は0.002289ドルで、すでに77万ドル以上を調達しています。

11月の米国選挙に向けてメディアが騒ぎ立てる中、ソルシエティは飛躍的な成長の可能性に期待が寄せられています。

Solciety(ソルシエティ)の詳細はこちらから。

AI仮想通貨取引のパイオニア「ビットボット(BITBOT)」

ビットボットはAI技術を駆使したテレグラム取引ボットで、ハッキングが横行する市場で安全な取引のルールを設定します。テレグラム取引ボットは2024年に本格的なビジネスとして確立され、年初の累積取引量60億ドルから6月末には280億ドルという驚異的な規模に成長しました。

ビットボットのGem Scanner(ジェムスキャナー)は、オンチェーンシグナルとセンチメント活動を使用して、購入に最適なアルトコインに探し出し、専用のアルファリストにまとめます。

ビットボットにとって安全性の確保は絶対です。これは、他のテレグラム取引ボットを悩ませたセキュリティ問題を考えての決断です。

プレセールで430万ドル以上を調達、X(Twitter)テレグラムで11万人以上のフォロワーを獲得したビットボットは、飛躍の準備を進めています。7月の取引所上場を機にブレイクアウトすることに期待が寄せられており、この次世代トレーディングボットに注目が集まっています。

Bitbot(ビットボット)の詳細はこちらから。

ICO初開催のBRC-20プロジェクト「ビットコインドック(0DOG)」

OG仮想通貨のパワーとその比類のないセキュリティを活用した、ビットコインドックは市場で注目のアルトコインの1つであり、NFT、そしてオリジナルゲームを提供します。30日間のプレセールを発表して以来、業界全体に波紋を広げました。

結果、プレセールでは約1,350万ドルを調達、このコインが単に数字を稼ぐ以上の存在となれる可能性を証明しました。

ビットコインドックは多くの分野に位置しています。そのplay-to-earn(遊んで稼ぐ)ゲームは、GameFiの力を、またNFTコレクションでは、 NFTスペースの強気相場を利用して成長を目指します。

GameFi分野は今後10年以内に900億ドルを超えると一部で予測されており、加えてNFTは少しずつビッグネームが受け入れを始めているようです。このようにビットコインドックは、ビットコインをはじめとする動力源と勢いに乗り、大きな飛躍の準備を進めています。

Bitcoin Dogs(ビットコインドック)の詳細はこちらから。

2024年に期待されるアルトコイン

独自で調査・分析した結果、前述した3つのトークンがこの夏注目のアルトコインと言えるのかもしれません。

各トークンは、革新的なテクノロジーと強力な投資家基盤によって、ユニークな価値提案と、飛躍を遂げる可能性を提供しています。これらアルトコインに注目し、1番アツい夏を楽しんでみてはどうでしょうか?


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

仮想通貨ニュースアップデート:ビッグアイズコインとシバイヌ、環境に優しいミームコイン

仮想通貨ニュースアップデート:ビッグアイズコインとシバイヌ、環境に優しいミームコイン

柴ミーム(Shiba Memu)がミームコイン市場をリードする|驚きのAI活用法とは?

柴ミーム(Shiba Memu)がミームコイン市場をリードする|驚きのAI活用法とは?

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

Poodl Inuの急成長に投資家が期待、POODLはミームコイン市場のスターになれるのか?

Poodl Inuの急成長に投資家が期待、POODLはミームコイン市場のスターになれるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説