日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

by BITTIMES   

岡山県西粟倉村(にしあわくらむら)が、日本初の地方自治体に ICO を導入する共同研究を開始することを発表しました。
日本国内で、しかも地方自治体が中心となって ICO に取り組むのは非常に珍しく、面白い試みだと思います。
西粟倉村の人口はわずか 1539人。村の面積の 95% が森林という環境です。
同村は、数年前より「 100年の森を育み、商品を生み出す、森の営業部」という地方再生プロジェクトを進めており、地方再生の成功モデルとして注目が集まっていました。
今回は「地方再生に ICO を導入する」ことで、これまでとは全く異なった資金の流入と流通を地方で発生させることを目的としているようです。
現在西粟倉村は 3つの企業と同プロジェクトを開始させており、地方への ICO 導入を推し進めています。
そのうちの 1社にはブロックチェーン技術を開発している Blockchain Development Company(ブロックチェーン・デヴィロップメント・カンパニー)の子会社 Chaintope Co Ltd(チェイントップ・カンパニー・リミテッド)も含まれています。
同社は、ブロックチェーン技術を活用することで、さまざまな地域の暗号通貨を開発していく予定です。また
地方自治に特化した ICO をサポートするプラットフォームを開発していく予定です。
地方自治体コインは現状、ビットコインをモデルとして作成されていく予定のようです。
また、同プロジェクトでは地方の新興企業へのサポートやマーケティング戦略も提供するようです。
今年、日本の暗号通貨市場は大きく規模を拡大させました。GMO インターネット・SBIホールディングスも ICO を行うことを発表しており、まだまだ市場の可能性は伸びていきそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

岸田首相「暗号資産の税制改正」に前向き姿勢?国民民主党の玉木代表が報告

岸田首相「暗号資産の税制改正」に前向き姿勢?国民民主党の玉木代表が報告

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

スイスの病院:医療製品の「ブロックチェーン追跡システム」を試験導入

スイスの病院:医療製品の「ブロックチェーン追跡システム」を試験導入

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説