日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

by BITTIMES

岡山県西粟倉村(にしあわくらむら)が、日本初の地方自治体に ICO を導入する共同研究を開始することを発表しました。
日本国内で、しかも地方自治体が中心となって ICO に取り組むのは非常に珍しく、面白い試みだと思います。
西粟倉村の人口はわずか 1539人。村の面積の 95% が森林という環境です。
同村は、数年前より「 100年の森を育み、商品を生み出す、森の営業部」という地方再生プロジェクトを進めており、地方再生の成功モデルとして注目が集まっていました。
今回は「地方再生に ICO を導入する」ことで、これまでとは全く異なった資金の流入と流通を地方で発生させることを目的としているようです。
現在西粟倉村は 3つの企業と同プロジェクトを開始させており、地方への ICO 導入を推し進めています。
そのうちの 1社にはブロックチェーン技術を開発している Blockchain Development Company(ブロックチェーン・デヴィロップメント・カンパニー)の子会社 Chaintope Co Ltd(チェイントップ・カンパニー・リミテッド)も含まれています。
同社は、ブロックチェーン技術を活用することで、さまざまな地域の暗号通貨を開発していく予定です。また
地方自治に特化した ICO をサポートするプラットフォームを開発していく予定です。
地方自治体コインは現状、ビットコインをモデルとして作成されていく予定のようです。
また、同プロジェクトでは地方の新興企業へのサポートやマーケティング戦略も提供するようです。
今年、日本の暗号通貨市場は大きく規模を拡大させました。GMO インターネット・SBIホールディングスも ICO を行うことを発表しており、まだまだ市場の可能性は伸びていきそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

GACKT本名で仮想通貨ICOにがっつり参戦「10年後、紙幣もなくなる世の中が訪れる」

GACKT本名で仮想通貨ICOにがっつり参戦「10年後、紙幣もなくなる世の中が訪れる」

ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略

ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略

No Fake Todayは世界中の偽造品に立ち向かう

No Fake Todayは世界中の偽造品に立ち向かう

マスターカードがブロックチェーンを採用「ビットコインは使わない」

マスターカードがブロックチェーンを採用「ビットコインは使わない」

「バンク・オブ・アメリカ」 ブロックチェーン技術の未来への期待

「バンク・オブ・アメリカ」 ブロックチェーン技術の未来への期待

注目度の高い仮想通貨ニュース

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

Tip botを活用しよう|ビットコインキャッシュ(BCH)

Tip botを活用しよう|ビットコインキャッシュ(BCH)

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す