ビットコイン、本格的なブル相場へ「さらなる価格上昇を確信」BitMEX CEO

by BITTIMES

仮想通貨業界には、現在の市場がすでに新しい強気相場(ブル相場)に突入していると語る専門家が複数存在します。非常に多くの暗号資産投資家に利用されている人気の証拠金取引プラットフォーム「BitMEX(ビットメックス)」のCEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、最近のツイートでその理由を説明しました。

こちらから読む:価格上昇に一連の規則性「ビットコイン」関連ニュース

「本格的なブル相場へ突入」Arthur Hayes

仮想通貨の証拠金取引プラットフォームBitMEX(ビットメックス)のCEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、今月20日のツイートで仮想通貨市場が強気相場(ブル相場)に入っていることを示す理由を語りました。

ヘイズ氏は、ビットコイン価格が一時的に7,000ドル(約77万円)を下回るまでに下落したものの、その数日後には8,000ドル(88万円)以上にまで回復したことをあげ、6月と9月のコントラクト(契約)がコンタンゴ(*1)の状態になったと語っています。
(*1)コンタンゴ(順鞘):原油市場・先物取引などで使用される専門用語。先物の受け渡し期間が長くなるほど値段が高くなる現象のこと。

強気相場は本物です。一時的に7,000ドルを下回るまで落ち込んだ数日後には、8,000ドル以上に回復し、9月と12月(※)のコントラクトはコンタンゴになりました。ブーヤ!

※このツイートの後にヘイズ氏は「6月と9月の間違いだった」と訂正しています。

仮想通貨市場全体で「価格上昇」続く

同士がビットコインが強気相場に入っていると自信を持っているのは「BTC価格が92万から77万円にまで下落したにも関わらず、短期間で再び88万円にまで回復した」という事実に基づいています。これは、現在のビットコインに対して非常に強気な投資家が複数存在しているということを示しています。

価格が大幅に上昇したのはビットコインだけではありません。ここ最近では、その他複数のアルトコイン価格も大幅に上昇しており、時価総額ランキング上位に位置付けられている仮想通貨のほとんどは過去7日間で「3%〜24%」の上昇率を維持しています。これはビットコインだけでなく、その他の仮想通貨に対しても強気な投資家が複数存在することを示しています。

時価総額ランキングTOP15の仮想通貨(画像:CoinMarketCap)時価総額ランキングTOP15の仮想通貨(画像:CoinMarketCap)

BTC価格上昇、これまでとは大違い?

アメリカニューヨークを拠点とするデジタル資産に焦点を当てた機関投資会社である「Digital Currency Group」でCEOを務めているBarry Silbert(バリー・シルバート)氏は「Bloomberg」とのインタンビューの中で、今回のビットコイン価格上昇は2017年末のものとは大きな違いがあると語っています。

この価格上昇と2017年のバブルは"インフラ"の面で大きく異なっています。あなたたちは今、カストディアン・取引ソフトウェア・法令に基づいたソフトウェアを有しています。

そして人々は資産クラスについての教育を受けているため、今回は状況が大きく異なります。

2017年時点では、仮想通貨やブロックチェーン技術のための環境整備はあまり行われておらず、現在業界で注目されている大手企業の参入も発表されていなかった他、機関投資家向けサービスの開発などもそれほど進んでいませんでした。

しかし現在はそのような状況も大きく変化しており、世界的に知られる有名企業が数多く仮想通貨やブロックチェーン関連のプロジェクトを立ち上げています。

世界中のほどんどの人々が「仮想通貨」や「ビットコイン」という言葉を認知し、これからさらに発展していくと予想される数多くの大規模プロジェクトが明らかになっている現在の状況で再び訪れようとしている本格的な強気相場には世界中から期待と注目が集まっています。

2019年5月21日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月15日頃から90万円手前での推移を続けており、先日20日には再び90万円近くまで上昇しましたが、2019年5月21日時点では「1BTC=874,439円」で取引されています。

2019年5月7日〜2019年5月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月7日〜2019年5月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

カルダノブロックチェーンが農業を救う|世界で活用される技術とビジョン

カルダノブロックチェーンが農業を救う|世界で活用される技術とビジョン

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月20日〜26日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月20日〜26日

ビットコインゴールドがもらえる取引所「配布条件について解説」

ビットコインゴールドがもらえる取引所「配布条件について解説」

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインの「オプション取引」提供開始:仮想通貨デリバティブ取引所FTX

ビットコインの「オプション取引」提供開始:仮想通貨デリバティブ取引所FTX

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

【楽天ペイ】スーパーマーケット「オークワ」全159店舗に対応

【楽天ペイ】スーパーマーケット「オークワ」全159店舗に対応

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

仮想通貨の証拠金取引「最大レバレッジは2倍まで」金融庁、新たな規制導入へ

仮想通貨の証拠金取引「最大レバレッジは2倍まで」金融庁、新たな規制導入へ

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

ChiliZ:Socios.comアプリで「仮想通貨CHZ&ファントークン」を無料配布

ChiliZ:Socios.comアプリで「仮想通貨CHZ&ファントークン」を無料配布

仮想通貨&法定通貨対応のデジタル銀行「Ziglu」2020年内にサービス開始へ

仮想通貨&法定通貨対応のデジタル銀行「Ziglu」2020年内にサービス開始へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す