ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

by BITTIMES   

伝説の投資家とも呼ばれる「Mobius Capital Partners LLP」の創設者Mark Mobius(マーク・モビアス)氏は、2019年5月15日に「Bloomberg」とのインタビューの中で『ビットコイン(Bitcoin/BTC)は人々からの需要を満たすことができる特徴を備えているため、将来的にも発展していく』と考えていることを明かしました。

こちらから読む:大手小売店15社で利用可能に「ビットコイン」関連ニュース

Mark Mobius(マーク・モビアス)とは

Mark Mobius(マーク・モビアス)氏は、発展途上国や新興国などに積極に投資を行なってきたことなどで知られる世界的にも有名な投資家の一人です。

「景気後退・経済危機・通貨危機・革命」などの国が弱っている時期を敢えて"投資のチャンス"だと捉えているモビアス氏は、価格が下がっているあまり人気のない銘柄に投資する「逆張り」を得意とする投資家としても知られています。

世界的に知られる有名な投資会社「Franklin Templeton」に数十年間務めた経歴を持つモビアス氏は、昨年新しく新興市場の資産運用会社である「Mobius Capital Partners」を立ち上げています。

ビットコイン成功の裏付けと注意点

モビアス氏は以前まで仮想通貨に対して慎重な姿勢をとっていましたが、先日行われた「Bloomberg」とのインタビューでは、摩擦のない方法で個人間取引を行いたいという人々の欲求は世界中に存在しているため、そのような需要はビットコインなどの仮想通貨が成功する裏付けになるとの考えを語っています。

世界中の人々の間には「簡単かつ内密に送金したい」という欲求が間違いなく存在します。それがビットコインやその他の仮想通貨の裏付けです。なので私はそれらの通貨が生き残っていくと信じています。

モビウス氏は、人々には「匿名で簡単にお金を送金したい」という願望があるため、そのような願望がある限り仮想通貨は使用され続けると考えていますが、その一方では「実際に仮想通貨に投資するかどうかは"別の話"」だと強調しており、分散型仮想通貨に伴うリスクとして「問題が発生したときに最終的な責任を持つ個人や組織が存在しないこと」あげています。

私がそれに投資するかどうかに関しては別の問題です。なぜならば、それらは信じられないほどのボラティリティを持っており、結局は"何が起きたのか"を知るために、一人の個人・グループ・組織を追跡することはできないからです。

モビウス氏は具体的な事例として、昨年1月に日本の仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)で起きたハッキング事件のことをあげ、安全保障の面で懸念があることを強調した上で「十分に注意する必要がある」と語り、自分自身はビットコインに投資していないと説明しています。

Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏のような有名な投資家は、依然として仮想通貨に対して否定的な立場をとっており、最近ではビットコインを「ギャンブルデバイス」と批判する意見なども出ていますが、そのほかの著名な投資家は徐々に考えを変え始めており、以前まで否定派として知られていた投資家のMarc Faber(マーク・ファーバー)氏は、今年の2月にビットコインを購入したことを明かしています。

このような実績のある投資家たちが仮想通貨の将来性を認めることによって、これまで否定的な考えを示していた投資家も今後は徐々に暗号資産の価値を再検討することになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン動画配信サービス「TaTaTu」映画制作会社3社とライセンス契約

ブロックチェーン動画配信サービス「TaTaTu」映画制作会社3社とライセンス契約

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

Libra協会にカナダのEC大手「Shopify(ショピファイ)」が参加

Libra協会にカナダのEC大手「Shopify(ショピファイ)」が参加

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す