ビットコイン470億円相当を購入した謎の人物とは?

by BITTIMES

今週に入ってからは仮想通貨市場は上昇傾向にあり落ち着きを取り戻しつつある中、2月9日から12日にかけて、謎の人物が約470億円分のビットコイン(Bitcoin/BTC)を購入していたことが判明し話題になっています。
(引用元:MarketWatch.com

ビットコインの取引履歴を調べた結果、
アドレス『3Cbq7aT1tY8kMxWLbitaG7yT6bPbKChq64』を所有しているこの謎のトレーダーは、2月9日から2月12日にかけて複数回の取引を行なっていました。

ビットコインアドレス 3Cbq7aT1tY8kMxWLbitaG7yT6bPbKChq64

その期間中に購入したビットコインの合計は約4万1000BTCとなっており日本円に換算すると約470億円という莫大な量であることがわかりました。

このアドレスの所有者が誰なのかは判明しておらず詳細は不明のままですが、ここ最近の流出事件の事などもあるため様々な憶測をよんでいます。

この件に関しては詳しい情報が入り次第追って報告していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

日本が世界最大のビットコイン市場へ「中国取引所閉鎖は良い事?」

日本が世界最大のビットコイン市場へ「中国取引所閉鎖は良い事?」

ビットコイン規制からの脱出「中国取引所ViaBTC国外へ」

ビットコイン規制からの脱出「中国取引所ViaBTC国外へ」

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

ビットコイン価格100万円超え!2018年は「310万円」予測

ビットコイン価格100万円超え!2018年は「310万円」予測

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

IOTAが支えるIoTの未来と可能性

IOTAが支えるIoTの未来と可能性

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

介護事業にもブロックチェーンを活用する時代へ|GladAge(GAC)プロジェクト

介護事業にもブロックチェーンを活用する時代へ|GladAge(GAC)プロジェクト

仮想通貨取引所KuCoinがSIRIN LABS Token(SRN)の取引を開始

仮想通貨取引所KuCoinがSIRIN LABS Token(SRN)の取引を開始

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

ブロックチェーン技術で『信頼できるジュエリー業界』誕生か

ブロックチェーン技術で『信頼できるジュエリー業界』誕生か

イーサリアム(ETH)アップデートの種類と概要

イーサリアム(ETH)アップデートの種類と概要

仮想通貨ウォレットアプリBRDが大幅アップデート|エアドロップも

仮想通貨ウォレットアプリBRDが大幅アップデート|エアドロップも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す