GMOがビットコイン決済を強化し続ける理由

by BITTIMES   

2014年に日本で初めて仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)社と提携し、ビットコイン決済を始めた「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」を皮切りに、GMOグループは2016年には「GMOウォレット株式会社」を設立。(ビットコイン取引所サービス)GMOグループは、仮想通貨(Cryptocurrency)・ビットコイン市場への参入の手を緩めることなくサービスの拡大を続けています。
2020年6月追記:仮想通貨の呼称は2020年5月に「暗号資産」へと変更されました。記事内に記載されている「仮想通貨取引所・仮想通貨」などの表現は2020年5月以前の表現であり、現在は全て「暗号資産」へと変更されています。

1995年以来、日本のインターネット市場のパイオニアである「GMOグループ」が、なぜビットコイン市場に深く参入し続けるのか?その理由について深く考察していきます。

GMOが提供するビットコインサービス

GMOグループが行っているビットコイン事業は、大きく分けてビットコインの「交換」「決済」であり、すでに主要なサービスとして走らせています。

ビットコインを交換するサービスでは、取引所として「現金とビットコインの交換」や FXのように「他の通貨とビットコインの交換」するサービス、ゲームやアプリ内で貯めた「ポイントをビットコインに交換」するサービス。

また決済のサービスでは、bitFlyerと連携したことで全てのGMO加盟店で「ビットコインで決済」するサービスとショッピングゲームなどで「ビットコインで課金」を行えるようにしています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とポイントの相性

ゲームやアプリ内のポイントを交換するときはビットコインのように「細かい単位(satoshi)」が存在する通貨の方が使い勝手が良くなります。ポイントサイトでは「100ポイントで1円」よりも「1ポイントで1satoshi」の方がユーザーも得した感じになりますし、何よりビットコインであればどこでも使えますからね。
ユーザーとしても使い勝手が良いわけです。

ビットコインと株・FX取引

GMOの強みは「ネット金融」に精通していることです。
今回GMOウォレット株式会社は「ビットコイン取引所」としてサービスを開始していますが、「現金からビットコインの取引」を中心に考えているわけではなく
・「現金」
・「他国通貨」
・「株式」
・「仮想通貨」
など、全ての「価値ある物とビットコインの取引」を行うことで、GMOグループの強みを最大限に活かしつつ、利益向上と市場拡大に繋げる経営戦略だと考えられます。

そもそも GMOはネット証券会社として株式取引では国内第5位 FX取引では第1位のシェアを取っています。「ネット金融といえばGMO」と言われるほど、国内でのネット証券取引の確固たる地位とノウハウ、セキュリティ技術を培ってきました。
そのノウハウと技術をそのままビットコインのインフラ設備に活かしているのでしょう。GMOはすでにインターネット銀行設立に向けて動き出しており、企業の最終目標である「銀行設立」も達成間近という大きな節目に入ってきました。

仮想通貨取引所GMOコインへの登録はこちら

GMO FX 取引の画像仮想通貨取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

LINE Pay × RIZAP「105,600円相当のLINKリワード」がもらえるキャンペーン開始

LINE Pay × RIZAP「105,600円相当のLINKリワード」がもらえるキャンペーン開始

【重要】GMOコイン:レバレッジ取引の最大倍率「4倍」に変更へ|価格変動の可能性も

【重要】GMOコイン:レバレッジ取引の最大倍率「4倍」に変更へ|価格変動の可能性も

北朝鮮ビットコイン窃盗部隊に6000人「意外にも優秀な彼ら」

北朝鮮ビットコイン窃盗部隊に6000人「意外にも優秀な彼ら」

JPMorgan COO「ビットコイン取引提供の可能性」について言及

JPMorgan COO「ビットコイン取引提供の可能性」について言及

First Trust「ビットコイン・バッファーETF」の申請書類を米SECに提出

First Trust「ビットコイン・バッファーETF」の申請書類を米SECに提出

注目度の高い仮想通貨ニュース

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

2024年度は「仮想通貨の税制改正・レバレッジ倍率改定」を重視:日本ブロックチェーン協会

2024年度は「仮想通貨の税制改正・レバレッジ倍率改定」を重視:日本ブロックチェーン協会

ピギーバンクスター(PIGS)がローンチ:注目の新しいミームコイン

ピギーバンクスター(PIGS)がローンチ:注目の新しいミームコイン

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

カルダノ(ADA)は世界的な分散型文明に「ヴォルテール時代の到来」迫る

カルダノ(ADA)は世界的な分散型文明に「ヴォルテール時代の到来」迫る

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

最新SolanaコインSEALがプレセールで300万ドル達成間近、次のBOMEになれるか

最新SolanaコインSEALがプレセールで300万ドル達成間近、次のBOMEになれるか

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す