仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

by BITTIMES   

LAドジャースのマイナーリーガーであるTyler Adkison(タイラー・アドキソン)氏は、アスリートのための仮想通貨ヘッジファンドを設立するために22歳で野球選手としての人生を引退しました。彼は、仮想通貨はミレニアム世代によって導かれる未来の波だと語っています。

仮想通貨はミレニアム世代主導

LAドジャースの野球選手であった22歳のTyler氏は、選手専用の仮想通貨のヘッジファンドを設立しました。仮想通貨市場が不安定であることなどから、周囲の人々からは懐疑的な見方も寄せられる中、彼は人生の新しい再スタートに興奮しているとのことです。

Tyler氏はOC Registerに次のように述べています。

「この仮想通貨の動きは、非常にミレニアム世代主導の動きです。開発者はすべてミレニアム世代です。彼らは技術に精通しています。このスペースを作り運転する人々は私たちです。」

「プロ野球選手」兼「技術オタク」

野心的な野球選手が突然、仮想通貨のためにスポーツをやめたことは少し奇妙に聞こえるかもしれませんが、彼は、自分自身が長い間ビットコイン(BTC)に魅了された「技術オタク」であると語っています。

「私はサンディエゴ州でビジネスを学び、いつも投資に目を向けてきました。技術は私が想像できる限り私を魅了しました。中学校に通いながら最初のiPadのリリースを待っていた私は、iPadの代金を支払うためにキャンディーを売っていました。私は仮想通貨が技術的進歩の頂点であるように感じます。」

Red Sox Starを含む30人のクライアント

Tyler氏は、野球のトレーニング中の自由な時間を使って仮想通貨のヘッジファンドである「BlockTerra Capital LLC」を設立しました。

彼には、口コミの力もあり、すでにプロ野球やフットボールの選手である投資家と30人のクライアントがいます。
彼の最初のクライアントはボストンレッドソックスの29歳の投手であるジョー・ケリー氏でした。

Tyler氏を他の気まぐれで経験の浅い起業家として却下するのは簡単かもしれませんが、実際には仮想通貨の新興企業の多くはミレニアム世代です。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalek Buterin)氏が最も代表的な例といえるでしょう。
現在24歳であるヴィタリック氏の純資産は4億ドルを上回ると言われています。ミレニアム世代である彼は、今まさしく仮想通貨市場でも特に重要な人物となっています。

若い世代はリスクを取るのに適している

コロンビア大学の副教授であるクリス・カスティリオン(Chris Castiglione)氏は、若い世代は仮想通貨のような不安定な業界に関連するリスクをとるのに適しているとForbesに語っています。

「仮想通貨市場はミレニアム世代にとって魅力的だと思う」

「40歳以上の人はキャリアや家族と一緒に落ち着き、成長の速い揮発性の分野に入る傾向が薄い。これは過去20年間でスタートアップの創設者と同じようになっています。」

(引用:CCN.com

スポーツ選手と仮想通貨

仮想通貨に関わりのあるスポーツ選手はTyler氏だけではありません。

世界的に有名なサッカー選手であるリオネル・メッシ氏は、SIRIN LABS Token(SRN)を発行している「SIRIN LABS」のアンバサダーをつとめています。

sirin-messi

今年の秋頃には、メッシ氏が撮影に参加しているCMが放送されるともいわれています。

メッシ氏がアンバサダーをつとめているSirinLabsとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

ビットポイント・ジャパン:暗号資産「BAT」取扱いへ

ビットポイント・ジャパン:暗号資産「BAT」取扱いへ

ブロックチェーンでアフリカとの国際送金を効率化|SBIレミットがBitPesaと提携

ブロックチェーンでアフリカとの国際送金を効率化|SBIレミットがBitPesaと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

Microsoft × EY:Xboxの「ブロックチェーン契約管理プラットフォーム」を拡張

Microsoft × EY:Xboxの「ブロックチェーン契約管理プラットフォーム」を拡張

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す