【急報!!】9日のビットコイン暴落の原因は中国だった

by BITTIMES   

9日夜、ビットコイン価格は一時 2万円も下落し、10万円台まで価格を下げました。
現状、ビット価格は 11万円台近くまで値を戻し、市場は一旦は落ち着きを取り戻しています。
今回ビットコイン価格が下落したのは、中国の主要取引所の Huobi と OKCoin にてビットコインとライトコインの引き出しが 1ヶ月間凍結された事が原因です。

8日の会合で何が行われたのか?

8日に中国人民銀行と中国ビットコイン取引所の会合のニュースが流れたが、その時に人民銀行がどのような処置を取引所に求めていたのかは不明のままでした。
そして 9日の今日、Huobi と OKCoin が ビットコインとワイトコインを最大 1か月間凍結を発表。
この凍結は人民銀行に依頼されたもので、Huobi と OKCoin はビットコインとライトコインを凍結している間に、アンチマネーロンダリングシステムのアップグレードを行う予定です。
Huobi と OKCoin は、ビットコインとライトコインを毎日約5500万ドル分ずつ調査をしていくとユーザーに発表しています。
もちろん、1ヶ月の調査期間が過ぎれば資金の引き出しが可能になることも発表しています。

ビットコイン下落の直接の原因

今回のビットコイン下落の流れは、ビットコインとライトコインの 1か月間凍結を行なったために、中国市場のビットコインとライトコインの資金の撤退が不可能になりました。
それに伴い、世界のビットコイン取引市場が混乱し、それに引きずられる形でビットコインは一気に価格を落としました。
HuobiとOKCoinは、1月22日の段階で人民銀行に「地方自治体の規制に準拠していないAMLシステム」に対して指摘されていましたがそれに対応せず、規制に従って運営できるマネーロンダリング防止システムを確立していないことが今回発見されました。
その結果、人民銀行は圧力をかけることで取引を強制的に凍結させ、マネーロンダリングシステムのアップグレードを強制的に行いました。

中国人民銀行はビットコインを強くするのか?

先日の記事でもお話ししている「中国人民銀行のビットコインのコントロール」は最終的にビットコインの長期的価値の上昇を手助けすると考えられています。
中国ビットコイン主要取引所の BTC China は 9日に「ユーザーの識別と資金源の管理を強化する」と発表しました。
BTC China は当局と連携して、疑わしい取引を見つけた場合は、口座に対して貿易の制限や凍結などの強行措置を取る方針も発表しています。
長期的にビットコイン価格を上昇させていくことを考えれば中国当局の対応は決して悪いことばかりではないことも今回の一件で判明しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

暗号資産決済会社「Wirex」アメリカ・ジョージア州でライセンス取得

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

メタマスク:仮想通貨を法定通貨に換金できる新機能「Sell」追加

メタマスク:仮想通貨を法定通貨に換金できる新機能「Sell」追加

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

注目度の高い仮想通貨ニュース

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す