BINANCE(バイナンス)CEOが語る|ICO需要今後100倍へ

by BITTIMES

仮想通貨取引所BinanceのCEOである趙昌鵬(Zhao Changpeng)氏は、詐欺の危険性があるとしてもイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を通した資金調達の方が従来の基本的な資金調達方法であるベンチャーキャピタル(VC)よりも好まれると述べています。

世界最大の取引所のCEOの主張

世界最大級の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のCEOを務めている趙昌鵬(Zhao Changpeng)氏は、「ICOs - Not Have、Have Necessary」と題したブログの記事で、ICOによる資金調達は伝統的なベンチャーキャピタルよりも約100倍簡単であると語り、それらの違いやICOのメリット、注意点について詳しく説明しています。

趙氏はブログ上で「プロのVC投資家の大半は、投資するプロジェクトや分野についての手がかりがない」と主張しています。

「多くの企業はスタートアップの経験がなく、技術分野の基本的な理解もない」と語る趙氏は、ICOが失敗や不正な不正行為を招いたとしても、従来のVC投資プロジェクトと比較して、ICOプロジェクトの比率が高くなると考えています。

さらに彼はそのようなトークンを購入している人の大部分は、長期的には成功しないかもしれないことを認識していると主張しています。

プロのVC投資家の中には、本当にその分野の専門家であり真に起業家を支援しようとしている人もいますが、プロのVC投資家の大半は、投資するプロジェクトや分野についての手掛かりがありません。それらの分野に関わる技術についての基本的な理解を持っていることすらありません。

多くのベンチャーキャピタルは、投資する企業の製品を使用していません。

ICO投資における注意点

また趙氏は、ICOの投資家に対していくつかの注意を促すとともに、実際に投資する際に必要なことをアドバイスしています。

ICOの投資家として、これはもちろんあなたの宿題もやる必要があります。群れに従うだけではいけません。理解しているプロジェクトに投資する。ホワイトペーパーを読んでください。あなたがそれらに投資する前に一旦考える必要があります。良いことか悪いことかが分かったら、それを共有しましょう。あなたはあなたが参加している群衆に貢献する必要があります。

また彼は、ICOへの投資には実際にリスクが伴うことや実際の現状についても述べています。

ほとんどのICOは、新しいスタートアッププロジェクトであり、従来のスタートアップと同様に、高い失敗率を示します。

これは新しいことでなく、ほとんどのICO投資家はすでにこれを知っています。ICO投資家は早期採用者(および学習者)です。

ICOがベンチャーキャピタルを超える3つの理由

趙氏は伝統的なVC投資プロジェクトと比べて、ICOプロジェクトの割合が高くなると信じているとのことで、これを裏付けるICOの持つメリットを3つの理由としてあげています。

1つめの理由、創業者がお金を稼ぐために費やす時間が少なくて済み、製品開発に集中する時間が増えます。

2つめの理由、資金調達が増えプロジェクトのいくつかの欠点を克服することが容易になります。創業チームのマーケティング力が弱い場合、利用可能な資金があれば、関連する専門家を雇うことがはるかに容易になります。

3つめの理由、ICOは最初のユーザーベースでプロジェクトを開始するのに役立ちます。今やユーザーは投資家です。彼らは製品の使用/支払いと同時に収益を上げ人気にします。

ブログの最後で趙氏は次のように述べています。

今日のほとんどのVCは何をしているのでしょうか?彼らは今ICOに投資しています!
VCグループは、他の大規模な反応が遅い組織とは異なり、資金を惜しまない。それはほとんどすべてVCが口を揃えて言います!残念なことに、経済発展と公的財産の責任を負っている他の多くの大規模な組織は、それほど迅速ではありません。より速い移動者は、指数関数的な利益を得るでしょう。後ろにつかないでください。

(引用:medium.com

BINANCE(バイナンス)は、様々なICOで発行された多くの仮想通貨トークンの取引ができ、実際に成功している新興企業のトークンも多く取り扱っています。

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)などの仮想通貨も購入できる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録はこちらから

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

仮想通貨Centrality(セントラリティ)とは?今後まさしく中心となる存在に注目

仮想通貨Centrality(セントラリティ)とは?今後まさしく中心となる存在に注目

GACKT本名で仮想通貨ICOにがっつり参戦「10年後、紙幣もなくなる世の中が訪れる」

GACKT本名で仮想通貨ICOにがっつり参戦「10年後、紙幣もなくなる世の中が訪れる」

カカオトークを運営するカカオ社が仮想通貨市場に参入

カカオトークを運営するカカオ社が仮想通貨市場に参入

ICOで独自の仮想通貨を発行するHIP-HOPアーティストとは?

ICOで独自の仮想通貨を発行するHIP-HOPアーティストとは?

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

Coincheck(コインチェック)匿名通貨の取り扱い廃止を発表

Coincheck(コインチェック)匿名通貨の取り扱い廃止を発表

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

SIRIN LABS Token(SRN)がCryptopia(クリプトピア)に上場

SIRIN LABS Token(SRN)がCryptopia(クリプトピア)に上場

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

2nd Airdrop開催中!|D-ZONE COIN(DZC)を使った決済システムDream-Pay

2nd Airdrop開催中!|D-ZONE COIN(DZC)を使った決済システムDream-Pay

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す