BINANCE(バイナンス)CEOが語る|ICO需要今後100倍へ

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BinanceのCEOである趙昌鵬(Zhao Changpeng)氏は、詐欺の危険性があるとしてもイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を通した資金調達の方が従来の基本的な資金調達方法であるベンチャーキャピタル(VC)よりも好まれると述べています。

世界最大の取引所のCEOの主張

世界最大級の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のCEOを務めている趙昌鵬(Zhao Changpeng)氏は、「ICOs - Not Have、Have Necessary」と題したブログの記事で、ICOによる資金調達は伝統的なベンチャーキャピタルよりも約100倍簡単であると語り、それらの違いやICOのメリット、注意点について詳しく説明しています。

趙氏はブログ上で「プロのVC投資家の大半は、投資するプロジェクトや分野についての手がかりがない」と主張しています。

「多くの企業はスタートアップの経験がなく、技術分野の基本的な理解もない」と語る趙氏は、ICOが失敗や不正な不正行為を招いたとしても、従来のVC投資プロジェクトと比較して、ICOプロジェクトの比率が高くなると考えています。

さらに彼はそのようなトークンを購入している人の大部分は、長期的には成功しないかもしれないことを認識していると主張しています。

プロのVC投資家の中には、本当にその分野の専門家であり真に起業家を支援しようとしている人もいますが、プロのVC投資家の大半は、投資するプロジェクトや分野についての手掛かりがありません。それらの分野に関わる技術についての基本的な理解を持っていることすらありません。

多くのベンチャーキャピタルは、投資する企業の製品を使用していません。

ICO投資における注意点

また趙氏は、ICOの投資家に対していくつかの注意を促すとともに、実際に投資する際に必要なことをアドバイスしています。

ICOの投資家として、これはもちろんあなたの宿題もやる必要があります。群れに従うだけではいけません。理解しているプロジェクトに投資する。ホワイトペーパーを読んでください。あなたがそれらに投資する前に一旦考える必要があります。良いことか悪いことかが分かったら、それを共有しましょう。あなたはあなたが参加している群衆に貢献する必要があります。

また彼は、ICOへの投資には実際にリスクが伴うことや実際の現状についても述べています。

ほとんどのICOは、新しいスタートアッププロジェクトであり、従来のスタートアップと同様に、高い失敗率を示します。

これは新しいことでなく、ほとんどのICO投資家はすでにこれを知っています。ICO投資家は早期採用者(および学習者)です。

ICOがベンチャーキャピタルを超える3つの理由

趙氏は伝統的なVC投資プロジェクトと比べて、ICOプロジェクトの割合が高くなると信じているとのことで、これを裏付けるICOの持つメリットを3つの理由としてあげています。

1つめの理由、創業者がお金を稼ぐために費やす時間が少なくて済み、製品開発に集中する時間が増えます。

2つめの理由、資金調達が増えプロジェクトのいくつかの欠点を克服することが容易になります。創業チームのマーケティング力が弱い場合、利用可能な資金があれば、関連する専門家を雇うことがはるかに容易になります。

3つめの理由、ICOは最初のユーザーベースでプロジェクトを開始するのに役立ちます。今やユーザーは投資家です。彼らは製品の使用/支払いと同時に収益を上げ人気にします。

ブログの最後で趙氏は次のように述べています。

今日のほとんどのVCは何をしているのでしょうか?彼らは今ICOに投資しています!
VCグループは、他の大規模な反応が遅い組織とは異なり、資金を惜しまない。それはほとんどすべてVCが口を揃えて言います!残念なことに、経済発展と公的財産の責任を負っている他の多くの大規模な組織は、それほど迅速ではありません。より速い移動者は、指数関数的な利益を得るでしょう。後ろにつかないでください。

(引用:medium.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

BINANCE:ナイジェリアの法定通貨「ナイラ(NGN)」をサポート

BINANCE:ナイジェリアの法定通貨「ナイラ(NGN)」をサポート

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

注目度の高い仮想通貨ニュース

Poloniex:TRON基盤のIEOプラットフォーム「LaunchBase」公開へ

Poloniex:TRON基盤のIEOプラットフォーム「LaunchBase」公開へ

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

カルダノ財団「南アフリカ」への技術導入に意欲|ブロックチェーン同盟SANBAを支持

カルダノ財団「南アフリカ」への技術導入に意欲|ブロックチェーン同盟SANBAを支持

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す