FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

by BITTIMES   

Facebook(フェイスブック)のメッセージアプリであるMessenger部門の幹部であり、米国最大の仮想通貨取引所Coinbaseの取締役でもあるDavid Marcus氏はブロックチェーンを活用する最善の方法を探求するための研究チームを立ち上げる意向であることを明らかにしました。

Instagramの主力メンバーも参加

このブロックチェーンの研究チームには、David Marcus氏だけでなく、Facebook傘下であるInstagramのエンジニアリング部長であるJames Everingham氏や製品担当部長であるKevin Weil氏も参加しています。

David Marcus氏はこのTwitter上で次のようにコメントしています。

「新しい挑戦をする時が来ました!Messengerが牽引して来た4年間に続いて、Facebookのためにブロックチェーンを最大限に活用する方法を探求するために小さなチームを作ろうと思います。」

今後は3つの部門で構成

CNBCの報道によると、Facebookは現在「Family of app」、「Central product services」、「New platform and infra」という3つの部門で構成されているとのことです。

各部門の主な役割は次のような内容となっています。

Family of app

「Family of app」は、主にFacebook/Instagram/WhatsApp/Messengerなどのアプリケーションの分野を担当します。

New platform and infra

「New platform and infra」は、ブロックチェーン技術/拡張現実/VR/エンタープライズテクノロジー/人工知能(AI)などの分野を担当します。

Central product services

「Central product services」は、広告/データ分析/セキュリティなどを取り扱います。

仮想通貨市場の今後にも影響?

Facebookは今年の初めに、同社が運営する広告ネットワークやInstagram上における仮想通貨やICO関連の広告掲載を禁止することを発表しています。

この発表は、仮想通貨に関する知識を持っていない人々に仮想通貨に対するネガティブな印象を与えたと同時に、海外ではFacebookの個人情報漏洩問題なども関連してFacebookの株価は一時的に急落しています。

今回の発表はこのような現状の大きな転換点となる可能性もあることから注目が集まっています。

Facebookの創設者であるマーク・ザッカーバーグ氏は今年の初めに、2018年にFacebookを立て直すという誓約のもとに特に仮想通貨に関する分散型技術を研究する意向を述べています。

またマーク・ザッカーバーグ氏も仮想通貨に関心があることを明らかにしており「ブロックチェーンは個人に力を与え、中央集権で偏ったシステムを正してくれる」とのコメントも残しています。

なお、Twitter(ツイッター)の最高経営責任者であるJack Dorsey氏は、ビットコイン(BTC)の持つ可能性を強く信じており、10年以内にはインターネット上の単一の通貨となる可能性があると考えている事を明かしています。

TwitterのCEOが語る仮想通貨の未来とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

誰でも無料で使えるブロックチェーン電子契約サービス「eサイン」公開へ:blockhive

誰でも無料で使えるブロックチェーン電子契約サービス「eサイン」公開へ:blockhive

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

大手企業「8割以上」がブロックチェーン活用方法を模索|世界一の会計事務所が調査報告

大手企業「8割以上」がブロックチェーン活用方法を模索|世界一の会計事務所が調査報告

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

財務省・金融庁・日銀 :仮想通貨「Libra(リブラ)」に関する連絡会を設置

財務省・金融庁・日銀 :仮想通貨「Libra(リブラ)」に関する連絡会を設置

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す