FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

by BITTIMES   

Facebook(フェイスブック)のメッセージアプリであるMessenger部門の幹部であり、米国最大の仮想通貨取引所Coinbaseの取締役でもあるDavid Marcus氏はブロックチェーンを活用する最善の方法を探求するための研究チームを立ち上げる意向であることを明らかにしました。

Instagramの主力メンバーも参加

このブロックチェーンの研究チームには、David Marcus氏だけでなく、Facebook傘下であるInstagramのエンジニアリング部長であるJames Everingham氏や製品担当部長であるKevin Weil氏も参加しています。

David Marcus氏はこのTwitter上で次のようにコメントしています。

「新しい挑戦をする時が来ました!Messengerが牽引して来た4年間に続いて、Facebookのためにブロックチェーンを最大限に活用する方法を探求するために小さなチームを作ろうと思います。」

今後は3つの部門で構成

CNBCの報道によると、Facebookは現在「Family of app」、「Central product services」、「New platform and infra」という3つの部門で構成されているとのことです。

各部門の主な役割は次のような内容となっています。

Family of app

「Family of app」は、主にFacebook/Instagram/WhatsApp/Messengerなどのアプリケーションの分野を担当します。

New platform and infra

「New platform and infra」は、ブロックチェーン技術/拡張現実/VR/エンタープライズテクノロジー/人工知能(AI)などの分野を担当します。

Central product services

「Central product services」は、広告/データ分析/セキュリティなどを取り扱います。

仮想通貨市場の今後にも影響?

Facebookは今年の初めに、同社が運営する広告ネットワークやInstagram上における仮想通貨やICO関連の広告掲載を禁止することを発表しています。

この発表は、仮想通貨に関する知識を持っていない人々に仮想通貨に対するネガティブな印象を与えたと同時に、海外ではFacebookの個人情報漏洩問題なども関連してFacebookの株価は一時的に急落しています。

今回の発表はこのような現状の大きな転換点となる可能性もあることから注目が集まっています。

Facebookの創設者であるマーク・ザッカーバーグ氏は今年の初めに、2018年にFacebookを立て直すという誓約のもとに特に仮想通貨に関する分散型技術を研究する意向を述べています。

またマーク・ザッカーバーグ氏も仮想通貨に関心があることを明らかにしており「ブロックチェーンは個人に力を与え、中央集権で偏ったシステムを正してくれる」とのコメントも残しています。

なお、Twitter(ツイッター)の最高経営責任者であるJack Dorsey氏は、ビットコイン(BTC)の持つ可能性を強く信じており、10年以内にはインターネット上の単一の通貨となる可能性があると考えている事を明かしています。

TwitterのCEOが語る仮想通貨の未来とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Factom(ファクトム)は今後高騰するのか?8億円調達成功の裏で

Factom(ファクトム)は今後高騰するのか?8億円調達成功の裏で

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

ブロックチェーンが「フランチャイズ業界」にもたらすメリットを議論 ー イタリア

ブロックチェーンが「フランチャイズ業界」にもたらすメリットを議論 ー イタリア

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:2021年に「Lightning Network」導入へ|BTC入出金が高速かつ低コストに

Kraken:2021年に「Lightning Network」導入へ|BTC入出金が高速かつ低コストに

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

Socios × canow「日本・東南アジアでのサービス展開」に向け業務提携

Socios × canow「日本・東南アジアでのサービス展開」に向け業務提携

Lumi Wallet:Apple Pay対応後、ビットコイン購入が「200%」増加

Lumi Wallet:Apple Pay対応後、ビットコイン購入が「200%」増加

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す