仮想通貨やICO関連の広告掲載を全面禁止|Facebook(フェイスブック)

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)が米国時間で 30日、フェイスブック及び同社が運営する広告ネットワーク、そして Instagram(インスタグラム)上における仮想通貨や ICO 関連の広告掲載を禁止することを発表しました。これにより Facebook / Instagram / Audience Network 内での「バイナリオプション」「ICO」「暗号通貨」などの広告は "全世界で禁止" となりました。

今回、広告掲載ポリシーに加えられた項目は以下の通りです。

「誤解を招く、あるいは人を欺く行為と頻繁に連想づけられるバイナリーオプション、ICO、仮想通貨等のような金融商品やサービスを宣伝してはならない。」

禁止の理由は

現在フェイスブックに掲載されるバイナリーオプションや仮想通貨、ICO 等の金融商品の宣伝は、多くの善意をもたない企業によってなされている。関連広告の禁止は、詐欺的企業に利益を与えないようにするためだ。

とされており、さらに
広告事業で最も大事な二つの原則は、安全性と人のためになっているかどうかだ。

と発表しました。

今回の発表を受け、他の SNS や大手企業がどのような動きを見せるかに注目が集まると思われます。
当メディアでも今後の動向を追っていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

ICOクラウドセールの仕組み解説「イーサリアムもここから始まった」

ICOクラウドセールの仕組み解説「イーサリアムもここから始まった」

偽造されたホワイトペーパーが増加中?個人投資家は要注意

偽造されたホワイトペーパーが増加中?個人投資家は要注意

TokenStars(トークンスターズ)とは「未来のスター選手」を育成する仮想通貨

TokenStars(トークンスターズ)とは「未来のスター選手」を育成する仮想通貨

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後NEW

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

Googleが仮想通貨やICOなどの広告を規制することを発表

Googleが仮想通貨やICOなどの広告を規制することを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す