HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

by BITTIMES   

多くのスマートフォンを開発しているHTCは、今後発売予定のExodusスマートフォンのすべてをブロックチェーンスマートフォンにすることを明らかにしました。

ブロックチェーンスマートフォン『Exodus(エクソダス)』

HTCのフィル・チェン氏は、ニューヨークで開催されたコンセンサス会議でHTC初となるブロックチェーンスマートフォン『Exodus(エクソダス)』を発表しました。

Exodusは、仮想通貨ウォレット、セキュアなハードウェアエンクレーブ、および相互運用性をサポートする今後のAndroid(アンドロイド)スマートフォンプロジェクトであり、セキュリティとデータ保護の高い基準を提供するとされています。

チェン氏は「スマートフォンは複数のブロックチェーンプロトコルで動作するだろう」と述べています。

Exodusのスマートフォンは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、Lightning Network(LN)、Dfinityネットワークなどをサポートして起動しますが、ブロックチェーンのエコシステム全体をサポートするために、今後数カ月間にさらに多くのパートナーシップが発表されると言われています。

DApps活用のためのスマホ

チェン氏はHorizo​​n Venturesで2年間勤務した後、新しい分散型チーフオフィサーとしてHTCに戻り、ブロックチェーンと仮想通貨への取り組みを推進しています。

Exodusは、消費者が分散型アプリケーション(DApps)を利用するためのネイティブブロックチェーンスマートフォンです。

HTCはユーザーが独自のIDとデータを所有し、クラウドではなく携帯電話に保管できるようにするデバイスを構築することを目標としています。

分散型社会の実現を目指す

チェン氏は彼らが目指している将来のヴィジョンについて次のように語っています。

「中央管理者の介入なしに、最終消費者がデータ閲覧履歴、ID、資産、財布、電子メール、メッセージングを本当に所有できる世界を目指したい」

「私たちに先駆けて多くの作業がありますが、モバイルハードウェアレイヤーが新しい分散型世界に大きく貢献できると私は信じています。」

HTC Exodusの価格は提示されていませんが、実際に発売される際の支払い手段として仮想通貨を受け入れる可能性があるとのことです。ユーザーはExodusのWebサイトでスマートフォンを予約することができます。

ExodusのWebサイトはこちら
>htcexodus.com

その他の企業も発売予定

ブロックチェーンスマートフォンはその他の企業も続々と開発を発表しています。

最も代表的なSIRIN LABSは、早ければ今年の10月にも発売が開始されると言われており、詳しいスペックなどの詳細も明らかにされています。

世界初のブロックチェーンスマートフォンFINNEY™phone

また大手スマートフォンメーカーであるHuawei(ファーウェイ)もブロックチェーンスマートフォンを開発中であると言われており、先日の発表では今後の新機種全てにビットコインウォレットが搭載されることが明らかになりました。

ビットコインなどの仮想通貨はbitFlyer(ビットフライヤー)で、日本では購入できないその他の仮想通貨はHuobi.pro(フォビ)での購入がおすすめです。

仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す