Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

by BITTIMES

仮想通貨市場の暴落以前、暗号資産は世界で最も価値のある資産となっていました。ミームコイン・NFT・人気の暗号資産は活況を呈していましたがその後市場は暴落しました。この仮想通貨の冬は永遠に続くのでしょうか?

答えは「No」です。現在は全てが下落しており、経済全体が同じようなストレスを受けています。高インフレと経済成長の鈍化が全てに影響しているのです。では、押し目を買うべきでしょうか?それとも新しい機会を探すべきでしょうか?

多くの仮想通貨愛好家は「Shiba Inu(SHIB)」や「Waves(WAVES)」などのコインに投資する代わりに『ビッグ・アイズ(Big Eyes/BIG)』というトークンを購入しています。では、あなたもこの新しい暗号資産に投資すべきでしょうか?調べてみましょう。

Big Eyes:急成長とTax-freeショッピングを保証する最新のミームコイン

仮想通貨投資家はデジタル資産を購入・取引・ステークすることによって利益を得ています。多くの投資家がBig Eyesトークンを購入しています。彼らは仮想通貨愛好家が他の人気資産に投資するのと同じようにこのトークンを喜んで採用すると考えています。

なお、Big Eyesトークンはプレセールラウンドで早く売り切れるのでしょうか?この仮想通貨は発売前の時点で既に234万ドル以上を調達しています。BIGコインの人気上昇を支える潜在的な理由は「ユーザーに富を生み出す能力」です。

初期投資家は、BIGトークンが受けている名声と反応にかなり満足しているようです。その価格は急速に高騰し、購入者は大きなリターンを得る可能性があります。

コミュニティの成長を全面的に支援するトークン

BIGトークンは、コミュニティメンバーに富を生み出す存在になる可能性があります。Big Eyesのプラットフォームは『真の価値はコミュニティにある』と信じており、分散型金融(DeFi)・NFT・暗号資産を信じる賢い人たちのコミュニティを構築することを目的としています。

ビッグ・アイズのコミュニティは、資金・スキル・システムを備えた多才な存在となり、より速く成長するために必要なものを開発することができます。コミュニティのメンバー全員がこのプラットフォームの成長から恩恵を受け、主要な決定に対して発言権を持つことになります。

お金稼ぎにフォーカスしていない

公害や地球温暖化などは大きな脅威ですが、人々はその影響を実際に経験するまで考えません。海は年を追うごとに汚染されていますが、人間の活動がもたらす悪影響から水生生物を救おうとする人はほとんどいません。

ビッグ・アイズ(Big Eyes/BIG)のプラットフォームは、海洋生物を救うための海洋保護区を率先して作ります。海洋保護区を守り、世界中の海をこれ以上汚さないように人々を教育していくのです。

効果はすぐには現れないかもしれませんが、ビッグアイズは意識を広めていくでしょう。このプラットフォームは、キャンペーンを開始するための十分な資金を確保するために5%のトークンを使用します。

目指すは「2022年最も話題のミームコイン」

ビッグ・アイズ(Big Eyes/BIG)のプラットフォームは、インフルエンサーやプレスに焦点を当て、その可愛らしさを活かしてミームコイン界に旋風を巻き起こすことを決定しました。

ターゲットとなるユーザーにリーチし、サクセスストーリーを表示するために、利用可能なすべてのチャネルを使用します。2022年末までに最も有名なミームコインになることを目指し、2030年まで成長し続ける予定です。このプラットフォームは、イノベーションと買収を利用して、最も幸せで最も強力なコミュニティを構築する予定です。

BIGトークンの購入

ビッグアイズトークンはまだプレセール段階であるため、ビッグアイズトークンの購入は理にかなっていると考えられます。今ならこの暗号資産を発売前にずっと安い価格で購入することができます。プレセールイベントが終了すると、BIGトークンの価格が急激に上昇する可能性もあります。『安い時にこのトークンを買っておけばよかった』と後悔することになる可能性もあるため、検討中の方は注意しましょう。

Big-Eyes-BIG-PR-002Image Credit

Shiba Inu:イーサリアム基盤で最も人気のミームコインとなったドージコインキラー

イーロン・マスク氏やヴィタリック・ブテリン氏などの有名セレブが「次の大物」として取り上げたことで世界的な話題となった暗号資産「シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)」。このデフレトークンを作成したのは匿名の開発者グループ「Ryoshi」です。

彼らはイーサリアムブロックチェーン基盤のアルゴリズムを使ってドージコインに対抗しました。シバイヌは2021年の主要な暗号資産の1つでした。多くのミームコインファンの最初の選択肢となり、人々は何百万ものSHIBトークンを取得しました。

報道されているように、SHIBトークンは強力な10%ラリーを行い、投資家が数週間見なかったところまで価値を高めました。人々が「Shiba Inu Metaverse」のニュースを知ってから、ミームコインへの流入が増加しました。Shiba Inu Metaverseチームには影響力のあるメンバーがいたので、多くの投資家が集まるかもしれません。

Big-Eyes-BIG-PR-003Image Credit

Waves:分散型のオープンソース技術で機能豊富なdAppsを作成

ウェーブス(Waves/WAVES)のプラットフォームは2016年にローンチされました。クリエイターは多くの新機能を追加し、デザインを向上させるために様々な変更を行いました。分散型自律組織(DAO)、分散型アプリケーション(dApps)、NFT、DeFiプラットフォームなどを開発するための使いやすいプラットフォームとなったのです。WAVESトークンは、支払いやステーキング報酬の獲得などに使用されるネイティブな暗号通貨です。

この暗号資産は『未来的なアプリやビジネスの創造をサポートするプロジェクトに投資したい』と考える多くの投資家を引きつけています。報道されているように、WavesのプラットフォームはPythonライブラリを更新して拡張しました。開発者はWavesブロックチェーン上で完全なサポートを受け、最先端のアプリケーションを作成することができるようになります。これは、革命的なブロックチェーンベースの製品を作成するために、開発者に優しい環境を提供するWavesプラットフォームの最新の試みです。

ビッグアイズトークンの詳細はこちら
プレセール:https://buy.bigeyes.space
ウェブサイト:https://bigeyes.space/
テレグラム:https://t.me/BIGEYESOFFICIAL


免責事項:この記事は「Big Eyes」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)の「最新版ブロックチェーン・エクスプローラー」公開:IOHK

Cardano(ADA)の「最新版ブロックチェーン・エクスプローラー」公開:IOHK

暗号資産取引所「FTX Japan」法人口座開設の申し込み受付開始

暗号資産取引所「FTX Japan」法人口座開設の申し込み受付開始

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

【速報】ビットコイン価格「240万円」突破|ほぼ全ての取引所で過去最高値を更新

【速報】ビットコイン価格「240万円」突破|ほぼ全ての取引所で過去最高値を更新

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す