ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

ジリカ(Zilliqa/ZIL)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・リアルタイム価格チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:ジリカ関連の記事を新着順で「Zilliqa/ZIL」関連ニュース

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?

Zilliqa-Logo

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは、毎秒数千件のトランザクション(取引)を処理できるように設計されたレイヤー1のパブリックブロックチェーンプラットフォームであり、ZILはZilliqaブロックチェーンのネイティブトークンです。

シンガポール国立大学コンピューティング学部で行われた研究に基づいて2017年3月に開発されたジリカ(ZIL)は、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行するスマートコントラクトの機能も備えており、ユーザーに優しい分散型アプリケーション(DApps)を簡単に構築できるように設計されています。

Zilliqaはゲームメタバース分散型金融(DeFi)などといった様々なアプリケーションの基盤として活用されており、現在は250以上のアプリケーションがZilliqaのブロックチェーン上で構築されていると報告されています。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の特徴

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の特徴としては以下のような点が挙げられます。

高速な取引を実現する高性能ブロックチェーン

ジリカ(Zilliqa/ZIL)は、トランザクションの処理速度が非常に速いブロックチェーンの1つとして知られており、1秒間に数千件の取引を処理することができると報告されています。

暗号資産・ブロックチェーン業界には、拡張性不足などによって手数料高騰・取引処理遅延などの問題を引き起こす「スケーラビリティ問題」という問題がありますが、Zilliqaにはこの問題を解決する事ができる「シャーディング」という技術が実装されています。

シャーディングはトランザクション処理の負荷を分散化させることができる技術であり、Zilliqaはシャーディング手法を用いてトランザクションを並行して処理することによってトランザクションの速度を向上させています。

トランザクションコストの削減

ジリカ(Zilliqa/ZIL)が採用しているシャーディングという技術は「トランザクションコストの削減」という利点ももたらします。ビットコインなどといった一部のブロックチェーンでは、送金・取引承認などで高額な手数料が請求される場合がありますが、Zilliqaでは手数料を安く抑えることが可能で、Zilliqaブロックチェーンの一般的な取引手数料は0.1ZILとも報告されています。

ブロックチェーン上での取引コストを安く抑える事ができれば、トークンを気軽に送受金する事ができるようになり、各種アプリケーションでの取引も気軽に行う事ができるため、Zilliqaエコシステム全体で取引が活発化し、成長にもつながると期待されます。

Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)

ジリカ(Zilliqa/ZIL)はビットコインなどでも採用されている「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」に「Practical Byzantine Fault Tolerance(PBFT)」という独自のコンセンサスアルゴリズム(取引承認・合意形成の仕組み)を組み合わせてネットワークを保護しています。

Zilliqaはマイニングネットワークをシャードと呼ばれる小さなグループに分割し、各シャードがトランザクションを並行して処理する仕組みを採用することによって高性能なブロックチェーンを実現しています。

ステーキングも可能

ジリカ(Zilliqa/ZIL)では、仮想通貨業界で人気のステーキングを行うことも可能となっています。ステーキング参加者はZilliqaネットワークの保護や強化に貢献したことに対する報酬を得ることができます。

Zilliqaのステーキングについては公式サイトでも詳しく説明されており、「ウォレットを選択→ステーキングプラットフォームを選択→ステーキングシードノードオペレーター(SSN)の選択」という手順で簡単な作業を行うことによってステーキングを始めることが可能となっています。

独自のプログラミング言語「Scilla(シラ)」

ジリカ(Zilliqa/ZIL)は、Zilliqaブロックチェーンでスマートコントラクトを作成するための関数型プログラミング言語である「Scilla(シラ)」を開発しました。Scillaは「Smart Contract Intermediate-Level Language」の略で、安全な環境でDeFi・dAppsを作成できるようにスマートコントラクトのセキュリティを中心に開発されています。

スマートコントラクトは、貴重なデジタル資産を処理・保存する不可逆的な合意形成の仕組みであるため、適切に設計された安全に使用できるものであることが不可欠でが、Scillaを使用すると開発者はセキュリティの脆弱性をより簡単に特定できるため、より安全なスマートコントラクトを簡単に作成することができます。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の基本情報

ブロックチェーン名称ジリカ(Zilliqa)
ネイティブトークンZIL
ティッカーシンボルZIL
最大供給量21,000,000,000 ZIL
コンセンサスアルゴリズムPoW + PBFT

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の価格・チャート

ジリカ(Zilliqa/ZIL)を取扱う暗号資産取引所

ジリカ(Zilliqa/ZIL)を取扱う主要な暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2022年11月時点)。

【国内の暗号資産取引所】
OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
Bybit(バイビット)
Bitrue(ビットゥルー)
Huobi Global(フォビグローバル)
KuCoin(クーコイン)

>>「OKCoinJapan」の新規登録はこちら

ジリカ(Zilliqa/ZIL)対応ウォレット

ジリカ(Zilliqa/ZIL)関連の暗号資産を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Zilliqa公式ウォレットページ
Ledger(レジャー)
Trust Wallet(トラストウォレット)

ジリカ(Zilliqa/ZIL)関連リンク

Zilliqa公式サイト
Zilliqa公式ブログ
Zilliqa公式Twitter
Zilliqa公式Facebook
Zilliqa公式Instagram
Zilliqa公式Telegram
Zilliqa公式YouTube
Zilliqa公式Linkedin
Zilliqa公式Reddit
ZilliqaのDiscordコミュニティ
ホワイトペーパー
ソースコード(GitHub)
エクスプローラー①(ViewBlock)
エクスプローラー②(BscScan)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】トークンハントで「合計1,500,000CHZ」を無料配布

【Chiliz&Socios】トークンハントで「合計1,500,000CHZ」を無料配布

【Chiliz&Socios】トルコの「Alanyaspor」と提携|$ALAファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】トルコの「Alanyaspor」と提携|$ALAファントークン発行へ

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

ビットコインが金融革命を起こす可能性|BlackRock CEOがBTC・ETFについてコメント

ビットコインが金融革命を起こす可能性|BlackRock CEOがBTC・ETFについてコメント

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

SBI VCトレード:最大5万円もらえる「初回取引&カムバックキャンぺーン」開始

SBI VCトレード:最大5万円もらえる「初回取引&カムバックキャンぺーン」開始

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ドラゴンのミームコインSMOGがラリーを開始、SPONGEも200%の上昇を記録

ドラゴンのミームコインSMOGがラリーを開始、SPONGEも200%の上昇を記録

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す