Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

by BITTIMES

Rocketizeが誕生する前、ミームプロジェクトには共通の傾向がありました。これらのプロジェクトのほとんどは「誇大広告とFOMOによってのみ燃料を供給される暗号資産プラットフォーム」というミームコイン特有の形に固執したものとなっていました。

しかし、Rocketizeのユーザーは他の主流プロジェクトが提供する追加のユーティリティを享受することができます。その注目すべき機能には「ブロックチェーンブリッジへのアクセス」も含まれます。この記事では、Rocketizeの概要とその特徴について説明し、ドージコインやステラとの違いについて紹介します。

Rocketize-JATO-PR

Rocketize:全ての仮想通貨愛好家に平等な機会を提供

Rocketizeは、科学と宇宙探索をテーマにしたミームプロジェクトです。このプロジェクトは、ニール・アームストロングのような偉業を成し遂げることを目指しています。Rocketizeのネイティブ暗号資産である「JATO」も、そのテーマを反映したものとなっており、JATOは「Jet Assisted Take Off(ジェットアシスト離陸)」を意味しています。

Rocketizeの開発者は、彼らのプロジェクトを支える基盤として「Binance Smart Chain」を選択しました。同プロジェクトの開発者らは匿名で活動することを選択しましたが、報告によると彼らは100人以上の貢献者またはボランティアで構成されているとのことです。

他のプロジェクトとは異なり、Rocketizeは開発者を優遇していません。開発者用ウォレットやチームのためのリザーブトークンといったものを排除することによって、運営に公平性を持たせています。

JATOの特徴

JATOはBEP20規格の暗号資産で、Rocketizeの主要通貨として機能しています。バイナンスの技術を活用することによって、複数の素晴らしい機能を提供することができます。その1つが超高速かつ安い手数料での取引です。

他の暗号資産プラットフォームとは異なり、JATOの取引でかかるサービス料はわずか2%です。中心となるウォレットがこの手数料を徴収することはありません。それどころかその半分が全てのJATO保有者に還元されます。残りの半分はバーンされるか、流通から除外されます。

この定期的なバーンによって、JATOはデフレ状態になります。つまり、1兆枚あるトークン供給量は時間の経過とともに減少することになります。この機能はトークン保有者にとって有利なものとなります。

需要と供給の法則に基づくと、供給量が減少すれば希少性が高くなることになります。需要が増加するとJATO価格が上昇することになるため、この仕組みは長期的なHODLerにとって有利です。

JATOは一般的な仮想通貨と同様に暗号資産取引所で取引できるようになります。供給量の30%が暗号資産取引所に充当され、プレセール期間中にはさらに30%が放出される予定です。

Rocketize-JATO-PR

Rocketizeの将来について

Rocketizeのプラットフォームは、将来的にNFTを統合する予定です。このプロトコルを動かすのは、ネイティブNFTプラットフォームである「RockMint」です。RockMintはノンファンジブルトークンの鋳造と取引をサポートする予定です。

Rocketizeに期待されるもう一つの機能はブロックチェーンブリッジです。このプロトコルにより、ユーザーは異なるブロックチェーン間でスワップを行うことができるようになります。これは相互運用性を妨げる既存のブリッジをすべて排除します。

Rocketizeとドージコイン・ステラの比較

ドージコイン(DOGE)はこの業界で人気の暗号資産プロジェクトです。ドージコインはミームコインの競争を開始しました。2013年にドージコインがこの業界に参入した時、ドージコインは上限なしのトークン供給量を提示しました。これはDOGEがインフレであり、DOGEの総供給量が時間の経過とともに増加することを意味しています。

ステラ(XLM)も注目すべきプロジェクトです。ステラはミームをテーマにしているわけではありませんが、この分野における大きなニーズを満たしています。ステラは従来の銀行との橋渡しをすることを約束します。そのパートナーシップはスムーズな国際取引を推進するシステムを構築します。

Rocketizeはミームをテーマにしているものの、ドージコインとは異なるものです。これは単なるジョークプロジェクトではありません。ドージコインとは異なり、成長と発展を可能にする環境を作り出します。

Rocketize(JATO)の供給量には上限があり、コミュニティによって管理される予定となっています。アクティブなメンバーで構成されるDAOが運営を支え、その将来を決定します。

Rocketizeのプレセールについて

Rocketizeのプレセールにはユーモアが盛り込まれています。開発者たちは宇宙をテーマにして、JATOのプレセールを12ステージに分けました。各ステージはローンチに向けた最後のカウントダウンとなります。

例えば「第1ステージはTマイナス12、第2ステージはTマイナス11」といったように、これが12ステージ目のTマイナス1まで続きます。現在、JATOはプレセール第2ステージの段階にあります。

ローンチ前にJATOを購入する場合は、Rocketizeの公式サイトにアクセスしてプレセールセクションに入ります。次に「Connect Wallet」をクリックして、仮想通貨ウォレットをプラットフォームに接続します。

どの仮想通貨を使用して支払いを完了するかを選択して承認します。BNBとUSDT TRC-20で支払う参加者は、12%のボーナスを受け取ることができます。また、自分が紹介した人がプレセールに参加して100ドル分購入した場合には、40ドルの報酬を獲得することができます。

まとめ

ミームプロジェクトであるRocketizeは、他のミームプロジェクトよりも大きな可能性を持っています。これはその戦略的かつユーザーフレンドリーな管理システムによるものです。Rocketizeの詳細は以下の公式サイトで確認することができます。

Rocketizeトークン(JATO)

プレセール:http://rocketize.io/buy
ウェブサイト:http://rocketize.io
テレグラム:https://t.me/RocketizeTokenOfficial


免責事項:この記事は「Rocketize」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産を貸して増やす「BitLending(ビットレンディング)」とは?特徴・使い方など

暗号資産を貸して増やす「BitLending(ビットレンディング)」とは?特徴・使い方など

BINANCE「LUNCの取引手数料バーン」実施へ|LUNC価格上昇

BINANCE「LUNCの取引手数料バーン」実施へ|LUNC価格上昇

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

Binance US「大口OTC取引サービス」提供開始|ADA・XRPなど含む12銘柄に対応

Binance US「大口OTC取引サービス」提供開始|ADA・XRPなど含む12銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す