マクロ環境の低迷が続く中、暗号分野も厳しいベアマーケットが到来

by BITTIMES   

ここのところ暗号市場で「ナラティブ」という言葉が最もホットになっています。Mergeに続き暗号分野は今年を大急ぎで終えたかのようであり、2022年後半は特に市場が低迷しているようです。

米国が発表した最近のデータによると9月のCPIは季節調整前の月ベースで、年率6.3%から6.66%に上昇し、食品インフレ率は11.2%から11.4%に上昇、10月8日に終わった週の初期失業申請件数は228000件に上りました。これは、連続した利上げが経済の下押し圧力を緩和していないことを意味します。一方米連邦準備制度理事会(FRB)は、基準金利を今年中に少なくともあと1回、75bp引き上げるとも表明しており、加えて2024年までさらなる利下げは行わないとしています。イギリス経済も崩壊寸前で、ポンドとドルの為替レートは1:1.12まで下がり、一時は1:1まで急落していました。

CoinEx-PR

「巣をひっくり返されても壊れない卵はない」米国が量的引き締めに入ると、世界経済のプールの水が抜かれすぐに補充することは不可能であり、これは暗号市場が厳しいベア期を迎えていることを表しています。

実際以前のブル期には、マクロ市場と暗号市場の相関関係はバブルによって隠されていました。両者が関連していることは理解していますが、その相関関係は明確ではありませんでした。現在のベアマーケットではバブルが解消され、両者が高い相関関係にあることがわかるようになりました。

現在の暗号ベア市場では、市場のファンダメンタルズが変化しています。そもそも、ブル市場の資本家はビットコインに目をつけていたことに注目すべきです。その後、大規模な機関投資家/個人投資家がほぼすべての暗号分野に関与し、暗号市場全体の投資家構造が再構築されました。第二に、今日の暗号ベアは危機であると同時にチャンスでもあり、正しいカテゴリーに賭ければ、報酬は素晴らしいものになるでしょう。かつてチャーチルが言ったように、「良い危機を無駄にしてはならない」のです。最後に、経済は循環的であることを忘れてはならないが、循環の中には暴落を伴うものもあります。

The Mergeはイーサリアムにとって大きな転機となりましたが、市場の大きな反応は引き起こしていません。今日、以前の暗号ブル派は蜃気楼のようであり、BTC価格が6万ドルに達したときに暗号空間は永遠に強気であり続けると主張していた人々は、今や姿を消しました。投資家にとって今大切なのは、生き残り、チャンスを掴むことです。まず、短期的な機会についてお話ししましょう。

ワールドカップが11月20日に間もなく開幕する中、ファントークンは今最も注目されている資産の一つです。CoinExによると、関連トークンの価格は8月に上昇し、その後下落しています。とはいえ、W杯期間中にチームが例外的なパフォーマンスを記録すれば、価格が上昇する可能性もあり同時に、投資家は投資リスクにも注意する必要があります。

CoinEx-PR

ワールドカップについて最もホットな暗号トレンドは、あらゆる種類のNFTです。前回のNBAトップショットのように、このようなNFTは、スター選手やトップチームに関するものであろうと、ファンがいる限り市場に支持されることになります。

これが2022年最後の予測可能な市場動向です。このほか、分散型ステーブルコイン、MEMEコイン、ニューパブリックチェーンなどのカテゴリにも、多くのチャンスがあります。しかし、これらのカテゴリーには多くの不確定要素が伴うため、ここでは触れません。とはいえ、これらのカテゴリは常に把握しておくとよいでしょう。

次に、長期的な機会に目を向けましょう。

過去数カ月のニュースから判断すると、暗号分野だけが物語性を欠く業界ではないことがわかります。インターネット企業やゲーム開発者にも同じことが言えます。メタバース、GameFi、NFTが、Microsoft、Apple、Meta(旧Facebook)などの企業とともにニュースタイトルにしばしば登場するのもこのためです。この3つは、いずれも今日のWeb2.0を語る上で欠かせない要素となっています。一方、暗号市場の大規模な資金調達案件でもよく目にします。

しかし、私たちはこの3つのカテゴリーの今後の展開に自信を持っているわけではありません。結局のところ、2017年から2018年にかけて、NFTプロジェクトは何もないところから出現したと言っても過言ではありません。メタバースはさらにひどく、ハードウェアの開発がコンセプトに見合わない場合、メタバースはおそらくSF小説の用語としてとどまるでしょう。GameFiにも実需はありません。暗号利用者にとっては利益だけが重要であり、そのためにどのキャリアやプラットフォームが必要かは関係ないのです。ゲーマーにとって、GameFiのプロジェクトは気軽に利用できるものではありません。さらにゲーマーにとっても必要ないでしょう。しかし企業がフィールドに集まれば、お金もついてきます。ここでも、「金のあるところにチャンスあり」という基本的な教義を思い出すべきでしょう。

CoinEx-PR

マクロの厳しい見通しを踏まえ、保守的な投資アプローチをお勧めします。一方、投資家は市場から撤退する場合に備えて、必要な資金を準備する必要があります。とはいえ、暗号資産はウォレットに入れていてもリターンは得られないし、マイニングには不安定なリターンとリスクが伴います。多くの暗号金融商品を見て回った結果、CoinExのFinancial Accountの利便性と信頼性に感銘を受けました。

Financial Accountは、スポット口座からFinancial Accountに暗号通貨を送金するだけで、翌日から複利で利息を得ることができる使い勝手の良い口座です。3日目には、2日目に得られたリターンが自動的にあなたのアカウントに分配されます。さらに、市場にチャンスがあると判断した場合、通常であれば、Financial Accountに保管されているクリプトをリアルタイムで引き出し、使用することができるため、ベア市場の間は家にいながら利益を得ることができます。
https://www.coinex.com/financial

CoinEx-PR

免責事項:本記事では投資に関するアドバイスを提供しておらず、ここに記載されているデータはすべて参考情報です。ここに記載された情報をもとに投資判断をしてはならず、投資判断はすべて自己責任で行ってください。


免責事項:この記事は寄稿された記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PlanB氏:フロアモデルのビットコイン価格予想「初の予測ミスになるだろう」と発言

PlanB氏:フロアモデルのビットコイン価格予想「初の予測ミスになるだろう」と発言

暗号資産の脱税防止に向け国家間で情報交換|G20に新たな枠組み提示へ:OECD

暗号資産の脱税防止に向け国家間で情報交換|G20に新たな枠組み提示へ:OECD

金融庁:分散型金融システム関連の取り組みをまとめた「特設ページ」を公開

金融庁:分散型金融システム関連の取り組みをまとめた「特設ページ」を公開

GMOコイン:販売所・つみたて暗号資産で「DAI・MKR」取扱い開始

GMOコイン:販売所・つみたて暗号資産で「DAI・MKR」取扱い開始

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

NFTプラットフォームDOSI:決済手段にLINE独自の暗号資産「LINK」を追加

NFTプラットフォームDOSI:決済手段にLINE独自の暗号資産「LINK」を追加

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

ビットバンク:The Sandbox(SAND)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:The Sandbox(SAND)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

ディープコインを継続的に買戻し「DEP Buyback Program」を発表:DEA社

ディープコインを継続的に買戻し「DEP Buyback Program」を発表:DEA社

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す