2023年の値上がりが期待される仮想通貨 – 手遅れになる前に

by BITTIMES   

2022年も終わりに差し掛かり、仮想通貨投資家たちは「2023年はどのような年になるか」「事態がどのように展開するか」見据えています。11月・12月以降は、暗号資産やDAO関連銘柄の流動的な取引市場で市場参加者が様々なシナリオの可能性を考慮しながら「2023年に特に大きな利益が狙えると期待される仮想通貨」を吟味しています。

この記事では、注目の銘柄が2023年にどのような動きをするかについての予測をまとめています。関係者は「多くの新しいブロックチェーンプロジェクトは、来年も大きな成長を見せる」と期待を高めています。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

第1〜第4世代のブロックチェーン

下記のリストに挙げるいくつかのプロジェクトは、2017年以降にデビューした比較的新しいプロジェクトです。(そのうちの1つであるMetacadeのMCADEトークンはプレセールの第4段階に入っており、2023年第1四半期の公式販売も近づいてきています。)

そしていくつかのプロジェクトは第2世代の仮想通貨です。もちろん仮想通貨の始まりを作ったビットコイン(BTC)は2023年トップ仮想通貨にランクインしています。

このリストに「ビットコインマキシマリズムの思想」や「DeFi(分散型金融)やアルトコインにこだわる」といった偏った思想は含まれていません。今回のリストにおいてプロジェクトの古さや新しさ・規模や範囲・独自の価値提案などは重要ではありません。利益を求める際に最も重要なのは「価値の創造・ファンダメンタル分析」そして「どの仮想通貨が大きな動きをする準備ができているかを見抜くための先行指標」です。

2023年が仮想通貨とって明るい年になる理由

機関投資家による投資が進む

機関投資家はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような大規模で古く、長期的に市場で流通している仮想通貨への関心を高めており、アルトコインもそのような長い歴史を持つ仮想通貨から大きな後押しを受けています。

仮想通貨市場で周期的に起きる強気相場の最中に、ビットコインとL1ブロックチェーンに大量の資本が流入したことによって、より大きなROIを求めて新しいプロジェクトが立ち上げられる道が開かれました。

プライベート・エクイティ企業の「CBIinsights」が2022年9月に発表したレポートによると、メンバーである105もの会社が機関投資家に仮想通貨の金融サービスを提供しているとのことで、以下のようにも報告されています。

機関投資家の仮想通貨への関心は、取引やプライムブローカー、資産管理やDeFiにまで至りつつあります。2022年初頭から、機関投資家にとって仮想通貨は期待高まる投資対象です。Bitstampの調査によると、機関投資家の80%以上が「仮想通貨は10年以内に主流になる」と回答しています。

Shark Tankで名声を博した通年のビジネス界の大物であるKevin O'Leary氏は、BTCやETHなどの仮想通貨の短期的な強気の見通しについて主張しています。Kevin O'Leary氏は、ほとんどの年金と政府系ファンドはまだ仮想通貨に何も割り当てていないと言います。

もし彼らが保有資産の1%を仮想通貨に割り当てたとすると、軽く数兆円が市場に流れ込んでくることになるでしょう。そしてこの動きは一度始まると非常に迅速なスピードで進むことになります。彼はこれが2023年に起こると予想しています。投資家が期待の仮想通貨をこの先長期保有するチャンスは今ここにあり、その席はすぐにでも埋まっていくと予想されます。

長期的な仮想通貨保有者は統合されつつある

価格が19,000ドル前後で安定した6月以降、BTCの全アドレスの50%以上が実際に利益を保持しています。つまり、2021年11月以降は「仮想通貨の冬」の影響による価格下落にもかかわらず、仮想通貨はそれほど苦戦していません。しかしその一方、取引所では6月以降にBTCとETHの流出が続いています。

10月22日までの過去30日間で24億ドル以上のビットコインが取引所を離れ、プライベートウォレットに入金されました。これは、仮想通貨が流動的ですぐに買い手に売却できる状態を保つための動きと捉える事ができます。

これは「通貨保有者の長期保有の意思」を示すものであり、流動的な仮想通貨取引市場における通貨の希少性と価格を高める事になります。グレシャムの法則がまさに現実になっています。

経済危機により、仮想通貨に対する注目度が高まる

一方、先の経済危機は2023年には仮想通貨にとって追い風になるでしょう。仮想通貨市場に今まで以上に多くの人が参入していますが、まだ大きな波になるまでには至っていません。しかし、ブロックチェーンの存在・特徴・利点に対する世間の認識は徐々に高まってきています。

そしてもちろん、開発者たちがブロックチェーンネットワークの構築を始めた前回の金融危機のときよりも、現時点の方がインフラ環境ははるかに整っています。仮想通貨産業が生まれ、そしてBTCがここまで大きな資産となったのはリーマンショックが後押しになったと言えるでしょう。

2008年のリーマンショック後、投資家が仮想通貨に注目したのと同じ流れで、OPEC、新型コロナクラッシュの最中、仮想通貨市場に改めて期待が寄せられています。

2023年注目の仮想通貨

ここからは、2023年注目の仮想通貨を紹介します。

メタケード(MCADE)今注目の仮想通貨

Metacade(メタケード)は勢いのある新進気鋭のトークンです。2023年第1四半期に中央集権型取引所(CEX)と分散型取引所(DEX)に上場するために準備が進められています。Metacadeの開発グループは市場で「トップ5〜トップ3の間にランクインさせる事」を目標にしています。

MCADEトークンは、P2E(遊んで稼ぐゲーム)のDeFiプレイヤーが集まり、構築・プレイするための世界初の分散型アーケード内で使われます。Metacadeのプラットフォームは、トーナメント・コンテンツへの貢献度・ゲームのテストと開発・コインの預け入れなどを通じて、MCADEを獲得できる機会をユーザーに提供する予定です。

Axie Infinity(AXS)のような同様のP2E・DeFiゲームトークンが成長していることから、投資家は2023年第1四半期にMCADEが大きく弾けると予想しています。お楽しみに。

>>> メタケードの詳細はこちらから <<<

ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコイン(BTC)は、時価総額・月間アクティブユーザー数・上場取引所数・保管サービス・第2層チェーンプロジェクト、その他のBTC子会社や支援者の数など様々な要因から、まだ「仮想通貨の王者」としての立場をしっかりと維持しています。

2022年に起業家・開発コミュニティー・関係者などが大きな前進を遂げている一方で、市場での価格は落ち着いています。個人的には、2023年のどこかでビットコイン価格が力強く上昇することを期待しています。

BNBコイン(BNB)

BNBコイン(BNB)は、イーサリアム(Ethereum)最大の脅威となる可能性があります。Binance(バイナンス)の取引所内で使われるBNBは、発行上限・デフレ・暗号資産交換時のユーティリティトトークンなどといった複数の特徴から近年堅調な伸びを見せています。BNBスマートチェーンがWeb3 dAppsを構築するためのユーティリティトークンになった今、2023年の動きにも注目したいところです。

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)は、2017年に初めてローンチしたオンラインカジノ「カルダノ(Cardano)」で利用できる通貨としても注目を集めた第3世代のブロックチェーン・暗号資産であり、2022年の今もなお成長を続けています。例えば今月は支払いでADAトークンを受け入れる最初の遠隔医療アプリが稼働し始めました。そして同日、暗号分析会社のサンティメント(Santiment)が価格アラートを発信しました

カルダノは現在、2019年1月以来の実現価値と比較して最も低い位置にあります。これは、トレーダーの損失に基づく過小評価の兆候と言えます。ADA価格は、前回MVRV Z-Score指標がこのレベルに達したときから、3ヶ月で2倍になりました。

ドージコイン(Dogecoin/DOGE)

ビットコインが元祖暗号通貨だとすれば、ドージコインは元祖ミームコインと言えるでしょう。この仮想通貨は2021年に大きく高騰し注目を集めました。2022年秋には2021年の史上最高値から90%下落しましたが、それでもまだ2021年以前の水準より20倍ほど高い価格帯で取引されています。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)、BTC-fork、ミームコインなどが2023年に再度盛り上がると期待されている理由は「インターネットミームは死なないから」です。このことから、ドージコインは2022年に注目すべき安値な仮想通貨の1つに挙げられています。

ポリゴン(Polygon/MATIC)

ポリゴン(Polygon/MATIC)はイーサリアムのスケーラビリティ問題を解消する事を目的としたブロックチェーンです。つまり、イーサリアムの運命が変われば、ポリゴンも非常に直接的な形で変わるのです。そして、レイヤー2ソリューションは2022年に大きな動きを見せ、そのdAppエコシステムを飛躍的に成長させました。

今月、Nasdaq(ナスダック)で配信されたMotley Foolの3人の寄稿者の記事では「爆発的な可能性を持つ1ドル未満の暗号通貨3選」の1つとしてMATICが挙げられました。このリストでは、期待を込めて2022年と2023年に投資すべき最高の安値な暗号資産の1つとしてMATICが挙げられています。

ポルカドット(Polkadot/DOT)

ポルカドット(Polkadot/DOT)は第3世代の暗号資産であり、スマートコントラクトや分散型アプリケーションを構築する事を目的としたプロジェクトで使用されています。コンセンサスやセキュリティ機構とのトレードオフによって拡張性とスループットが強化されています。暗号資産の持続可能性に大きく賭けている懐の広い投資家は「DOTが2023年に特に大きな利益をもたらす仮想通貨の上位に入る」と予想しています。

ユニスワップ(Uniswap/UNI)

ユニスワップ(Uniswap/UNI)は、イーサリアムブロックチェーン上に作られた分散型取引所(DEX)内で使用されている通貨です。AMM型の分散型取引所と、イーサリアムのレイヤー1ブロックチェーン上での最終決済の安全性とセキュリティを兼ね備えているため、クリプト愛好家の間で人気があります。そして、この取引所には上場を決める審査がないため、コインの種類が豊富で取引量もかなりの数を誇ります。

ライトコイン(Litecoin/LTC)

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは、2011年にリリースされたビットコインの派生として生まれたアルトコインです。ビットコインを「初期の暗号資産」と表現するのであれば、ライトコインはその歴史の古さから「初期のアルトコイン」と言えるでしょう。

ビットコインが「デジタルゴールド」と呼ばれているのに対して、ライトコインは「デジタルシルバー」とも呼ばれています。2022年のミンブル・ウィンブル導入後にプライバシーと帯域幅がより強化されたことによって、LTCは「2023年に利益を上げる可能性がある」と期待を集めています。

2023年1番の注目銘柄はメタケード(MCADE)

仮想通貨産業は、対応可能なグローバル市場全体への本格導入に向けて急速に進んでいます。指数関数的な成長は「最初はゆっくりと、やがて一気に起こる」という性質があります。私たちは、過去4回の強気相場で、放物線状の価格バブル・リトレース・統合、そして次の強気相場への上昇などの流れを実際に目の当たりにしました。

仮想通貨愛好家たちが「ムーンショット」と呼ぶ大幅向上が起きれば、通貨の価格が上方に大きく変化する事でしょう。2023年にバブルが来るのが、それともムーンショットに向かう次のバブルなのか、誰にもはっきりしたことは言えません。

いずれにせよ、上記のリストにある2023年の注目銘柄、特にメタケード(MCADE)の強固な基盤とこれからの市場の進化につれて拡大する大きな可能性について注目してみてはいかがでしょうか。

この仮想通貨は現在プレセール・ベータ段階にあり、全体の70%にあたる14億トークンを入手することが可能となっています。現在は、早期割引として125MCADEを1ドルで提供中です。プレセールは全部で9段階が予定されており、最終段階で獲得できるトークンは1ドルでたったの50MCADEにまで少なくなります。そのため、早期参入者はより多くのトークンを獲得することが可能です。

Metacadeの詳細はこちらから確認できます。


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

Bitget「取引手数料ゼロ+100万BGB賞金プールシェア」キャンペーン開催のお知らせ

Bitget「取引手数料ゼロ+100万BGB賞金プールシェア」キャンペーン開催のお知らせ

ビットバンク:10万円が当たる「ビットコイン・ピザ・デー」記念キャンペーン開始

ビットバンク:10万円が当たる「ビットコイン・ピザ・デー」記念キャンペーン開始

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

Twitter「仮想通貨機能の追加」も計画?決済機能導入に向けソフトウェア開発=報道

Twitter「仮想通貨機能の追加」も計画?決済機能導入に向けソフトウェア開発=報道

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

コインチェック:XRP保有者に対する「FLRトークンの付与予定日」を発表

コインチェック:XRP保有者に対する「FLRトークンの付与予定日」を発表

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月22日〜28日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す