2023年、年初から注目すべきユーティリティトークン3選

by BITTIMES

ユーティリティトークンと現実世界で何らかの実用性をもったトークンです。このようなトークンに投資してトークン保有者になった場合は、特定の商品やサービスにアクセスする権利を得ることができます。

このタイプの通貨は、今や数ある仮想通貨の中で一番人気と言っても過言ではない存在となっています。特に「次に成功する仮想通貨プロジェクトに関与したい」と考えている投資家からは大きな期待が寄せられています。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ユーティリティトークンとは

ユーティリティトークンとは、ほとんどが仮想通貨のプロジェクトに関わっており、特定の使用目的があります。例えば、下記のタイプの取引をする場合は専用の通貨として役目を果たします。

  • P2Eゲームで遊ぶ場合
  • NFTを仮想市場で取引をする場合
  • 仮想世界で土地の購入または取引をする場合
  • メタバースに投資をする場合
  • 取引して使用する場合
  • 不労所得の場合

DeFiコインとして知られる一部のコインは 分散型金融サービスに資産を預けたり、流動性を提供したりした際の報酬として獲得することができます。ユーティリティトークンは通常、長期的に価値は変わらず無制限に供給されますが、ミームコインは多くの場合、投機的資産として短期間で取引されることが多いです。そのため、ミームコインを利用しているプロジェクトは長期的に見て有望な投資先と見なされないことが多いです。

それを踏まえて、ここからは来年の初めから注目すべきユーティリティトークンをご紹介します。

メタケード(Metacade/MCADE)注目の新人トークン

メタケードは、まだプレセール段階ではあるものの既にその頭角を現しています。究極のWeb3コミュニティセンターを自称するメタケードは、メタバース界でのワンストップショップになる準備を進めています。メタケードはWeb3空間での主要なGameFiプラットフォームを構築しユーザーに幅広い種類のゲームを提供します。唯一無二のソーシャルスペースを作り出すことで、収益機会・投資収益、さらにゲーム開発者がスキルアップができる環境を作り出します。

メタバースは多くの人のベースキャンプのようなゲーム空間になることを目指しています。そのためにメタケードは、開発者がゲームのカタログを作成できる場所を用意しました。これは「友達と楽しくカジュアルにゲームをしたい」あるいは「より競争力のあるスリリングな体験を望む」など様々なタイプのプレイヤーが自分好みのゲームを見つける手助けをします。

更にプラットフォーム上のすべてのゲームには、プレイすることによって収益化が狙えます。プレイヤーは、トーナメントを進めてリーダーボードを登ることによって、報酬としてMCADEトークンを獲得できます。

コミュニティ内には他にも収益を得る方法があります。ユーザーは開発者に新しいゲームに関するフィードバックを提供することで、メタケード内のゲームの品質が常に最高であるための手助けをします。このシステムは「レビューをするユーザーにはトークン報酬が支払われる」そして「メタケードにはゲームの質が保証される」というwin-winサイクルを作り出します。

MCADEコインは メタケードのネイティブ通貨であり、プロジェクトの自給自足経済を支えます。これは、広告や投資家からの一定の資金の流れを確保し、そしてその資金がゲームプレイヤーの収入に変わる仕組みです。これはメタバースゲーム界では全く新しい通貨の用途と言えます。

開発者は、Metagrants(メタグラント)を介して資金を申請し、プロジェクトの開発を円滑に進めることができます。ゲームの提案を作成し、これをコミュニティユーザーに提示します。コミュニティユーザーは人気投票にてどの開発者に助成金を提供するか決めます。この相互作用と社会的結束は、プレイヤーと開発者を固く結びつけ、現実世界のゲーム開発スタジオによってもたらされる障害を取り除きます。

更にメタバース内には、仕事を探している人々がWeb3企業とマッチングできるキャリアハブもあります。これはコミュニティ主導のポリシーにより、メンバーがWeb3.0空間内のGameFi業界の行く末に関与できる方法の1つと言えるでしょう。

メタケードの最終的な目標は「自給自足経済が機能してユーザー主導のコミュニティになること」です。時期が来ればプロジェクトのコア開発者が、プラットフォームと財務の制御を選出されたコミュニティメンバーに引き渡します。このような将来性のあるコミュニティ主導のDAOは2023年に始める長期投資として最適かと思われます。

>>> メタケードの紹介はこちらから <<<

ダッシュツートレード(Dash 2 Trade/D2T)

ダッシュツートレードとは、現在プレセール段階にある新しいユーティリティトークンです。記事執筆時点では、9段階あるうちの3段階目までプレセールが進んでおり、約600万ドルの調達に成功しています。このプラットフォームの可能性についてはすでに多くの投資家の想像力をかきたてており、70,000人以上が既にサインアップをしています。このプロジェクトはプレセール開催初期の24時間で400,000ドル以上を調達しました。

ダッシュツートレードは新しい仮想通貨取引所であり、仮想通貨界でナンバーワンの供給者になることを目指しています。このプラットフォームには下記のように様々なツールが存在します。これらのツールはトレーダーや投資家が投資をする際に非常に役立つと期待されます。

  • 社会指標
  • 取引所への新規上場のお知らせ
  • オーンチェーン分析
  • 戦略の立案
  • 実際に投資する前に戦略を試せるシステム

さらにダッシュツートレードには、ユーザーが自分仕様にカスタマイズできる自動取引APIが存在します。このスコアリングシステムは、投資家のニーズに合わせてその時行われているプレセールやICOの情報を教えてくれます。このシステムは仮想通貨の投資の敷居を下げ、世間からの関心を集めコミュニティーの拡大に貢献することでしょう。

これら数々の優れた機能が集まったこのプラットフォームはすぐにでも頼れるトレーダーの右腕になることでしょう。全てのD2T保有者はダッシュツートレードにアクセスができます。ユーザーはスターターかプレミアムのプラン選択が可能です。もちろん無料のプランも存在するため、ダッシュツートレードをお試しで使いたい場合にはお勧めです。しかし、しっかり投資活動を行いたいのであれば上記のプランが推奨されます。

D2Tは、2022年12月の投資先として優秀な候補の1つに挙げられています。プレセールは9段階あり、それぞれに最大87,500,000のユーティリティトークンが用意されています。1 D2Tの価値はラウンドごとに増加します。つまり、3回目または4回目のラウンドに参加した人は、プレセールが終了するまでに保有額が大幅に増加します。

ディセントラランド(Decentraland/MANA)

ディセントラランドはメタバースで大きな役割を担っている、主要な仮想不動産プラットフォームです。ユーザーはイーサリアム上に構築されたディセントラランドの土地「LAND」をネイティブ通貨「MANA」を使用して購入できます。複数個の土地(LAND)を所持している場合は大きな私有地にすることもできます。

ディセントラランドの9万もの個々のユニークなLANDはイーサリアムのブロックチェーン上に存在しており、区画を購入するユーザーは、ERC 721スマートコントラクトを利用してLAND NFTを作成します。実際の不動産区画と同様に、各LAND区画の値段は、メタバース内の場所やその他のさまざまな市場要因によって異なります。

購入した土地の活用方法は十人十色です。ワーナーミュージックが音楽をテーマにした仮想遊園地を作成して行ったように、仮想建物を構築したり、用途を作成したりして、プロットを利用できます。パリス・ヒルトンやスヌープ・ドッグの近くにLAND区画を所有しているユーザーは将来、大きな利益を見込めるかもしれません。

更にユーザーは様々な方法でMANAを預け入れることが可能です。例えば、他のプロジェクトの株式を購入することや、プラットフォームの継続的なセキュリティとメンテナンスを確保する活動に参加することも含まれます。

MANAは、不動産取引のパイプ役であるだけでなく、ディセントラランドメタバース内でP2Eゲームをプレイしたり、NFTを売買したり、取引する時にも使用できます。メタバースが成長するにつれて、より多くの土地を開拓できるように、より多くのユーティリティがリリースされることが期待されます。それを念頭に置いて、MANAの現在の価値を考えると、2022年12月は投資する絶好の時期であると考えられます。

2021年11月、MANAは過去最高の5.90ドルをマークしました。現在の0.485ドルの価値と比較すると、その過去最高値よりも90%以上安いことがわかります。メタバース業界は今後も成長すると期待されているため、安価になっているMANAは今注目すべき仮想通貨の1つとして挙げられています。

メタケードは将来性のあるユーリティトークン

2023年1月時点で特に注目のプロジェクトとしてはメタケードが挙げられます。このプロジェクトは、プラットフォームの可能性と推敲されたロードマップによって、メタバースのさらなる多様性と将来性を作り出します。

他のメタバース開発とは異なり、メタケードは独自のものを提供します。投資家・広告主・ゲームプレイヤー・開発者はプラットフォームと対話し、その可能性を最大限に活用できるように支援できます。単一のゲームに依存するのではなく、メタケードの継続的な進化と拡張の範囲は、他の同様のプロジェクトよりも長期的な人気を誇るでしょう。

メタケードの競合他社の多くは、単回使用の1次元の製品に足を引っ張られるでしょうが、メタケードの計画の秀逸さは、他の追随を許しません。GameFiスペース内での可能性ついての魅力的なビジョンを提供します。メタケードの掲げる目標は高いですが達成は可能なはずです。このプロジェクトは​Web3.0の成長に伴い、拡大を続けるGameFi界をリードしていく存在になると期待されています。この多次元の将来性をもつメタケードの通貨MCADEは来年の初めからの投資に最適な通貨の1つとして挙げられています。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンサッカー協会(AFA)とのファントークン独占契約を更新

Chiliz&Socios:アルゼンチンサッカー協会(AFA)とのファントークン独占契約を更新

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

韓国政府:Apple・Googleに「Play to Earn関連ゲームの公開阻止」を要請

韓国政府:Apple・Googleに「Play to Earn関連ゲームの公開阻止」を要請

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

Unstoppable Domains:メタバース3Dアバターの「Ready Player Me」と提携

Unstoppable Domains:メタバース3Dアバターの「Ready Player Me」と提携

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月15日〜21日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月15日〜21日

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

カルダノ(ADA)価格停滞は「クジラの売却」が原因?大量保有アドレス数に減少傾向

カルダノ(ADA)価格停滞は「クジラの売却」が原因?大量保有アドレス数に減少傾向

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す