2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

by BITTIMES   

投資家は仮想通貨市場で常に伸びしろがある投資先を探しています。2023年は、2022に引き続き価格が全体的に低く、そして上昇傾向に移行すると予想されるため長期保有者にとっては最高のチャンスと言えます。

ここでは次の強気市場が来るとされる2025年までに、大きな成長が期待できる5つの暗号通貨を紹介します。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

メタケード(Metacade/MCADE)

メタケードはブロックチェーン上最大のゲームセンターを構築しており、GameFi業界全体で暗号通貨の成長に貢献します。ユーザーは数多くのP2E(遊んで稼ぐ)ゲームにアクセスできます。更に、MCADEトークンが報酬として貰える特別なトーナメントに参加することも出来ます。

加えてメタケードでは、斬新でワクワクするような方法でWeb3ユーザーを結びつけます。これが、このプロジェクトが2023年にユーザーが大幅に増えると言われる理由です。コミュニティー内ではユーザーが集まりブロックチェーンベースのゲームに関する最新の情報を共有できます。さらに、有益な情報をコミュニティー内で共有したユーザーは、コミュニティーへの貢献に対する報酬が貰えます。

メタケードはまた、Metagrants(メタグラント)プログラムを通してGameFi 業界の更なる拡大を手助けします。このプログラムは、コミュニティー内でユーザーが良いと思った新規のゲーム案への投票ができます。多くの票を集めたプロジェクトの開発者は、メタケードから開発費用として資金が与えられます。ゲーム開発者にとってこのサービスは極めて有益であり、その過程でメタケードはWeb3での開発レベルを高めることにも繋がります。

MCADEを購入する理由

メタケードはコミュニティー中心のP2Eゲームを提供しており、ユーザーは複数の方法で収入を得ることが可能です。このシステムは間違いなく多くのユーザーを引き付けるでしょう。この画期的な機能を利用するためにMCADEトークンを購入・保持する人が増え、結果として通貨が大幅に成長する事でしょう。MCADEの価値は2023年に1ドルに達すると言われており、これは先行販売価格の50倍となっています。

多くの投資家は2023年中にメタケードは大幅に成長するとの期待から、先行販売のベータ段階では、わずか3週間で100万ドル以上の資金が集まりました。

MCADEトークンの初期の値段はわずか0.008ドルでしたが、先行販売終了後には0.02ドルまで上がると予測されており、早い段階で購入をした投資家は、この弱気市場で大幅な利益をあげることになるでしょう。

>>> メタケードの詳細はこちらから <<<

ディセントラランド(Decentraland/MANA)

ディセントラランドは、コミュニティーが所有する仮想現実世界で、イーサリアムブロックチェーン上に存在します。この仮想世界内の通貨であるMANAはディセントラランドプラットフォームの交換媒体です。

ここでは、ユーザーはデジタル不動産の購入ができます。購入した土地でユーザーは3Dコンテンツ、カスタムアプリケーション、およびゲームの作成ができます。ユーザーが構築できるものにはほとんど制限がなく、様々な機能が満載の広大なオープンワールドメタバースを作成することができます。

ディセントラランドでは、ユーザーが独自のゲームルールを作成し、土地購入のオークションシステムを設定することもできます。斬新な方法でデジタル作品を収益化することができるため、起業家に新たな収益化の方法を提案します。

MANAを購入する理由

メタバースは大規模な成長を遂げており、ブロックチェーン開発の分野は常に拡大しています。ディセントラランドは、ユーザーが自身のコンテンツを生成し収益化可能にするという主要なプロジェクトの1つとなりました。これは、プラットフォーム上でユーザー生成コンテンツ(UGC)として知られ、成長を後押ししました。

分散型アプリケーション (dApps)は、ユーザーが自己管理と低い参入障壁を求めているため、成長を続けています。プレイヤーは、プログラミングの経験がほとんど、または全く無くても、ゲームアセットや複雑なデジタルランドスケープを作成できます。

ディセントラランドは2021年の強気相場で爆発的な人気を博しました。そのため仮想通貨市場、全体の大きな成長が予想される次の強気相場では過去最高の5.91ドルを取り戻す可能性が高いと言えます。現在の価格が(x)ドルであることから、2023年MANAへの投資は今からでも遅くはありません。

エックスアールピー(XRP/XRP)

XRPはリアルタイムのグローバル決済をサポートするブロックチェーンベースのデジタル資産です。XRPネットワークは迅速で手頃な価格で送金ができ、ユーザーは国際取引で最大50〜60%の節約が可能です。

XRP には多様な使用用途があり、アナリストがこのトークンの大幅な成長を期待する主な理由です。これは、10年以上にわたってフィンテックのイノベーションを推進してきたエンタープライズグレード決済システムである RippleNet のネイティブアセットです。RippleNetは国境を越えた支払いに XRP トークンを使用します。これにより、送金の際の処理にかかる時間を短縮できます。

XRP Ledger (XRPL) は、アプリケーションとスマートコントラクトをサポートする分散型ネットワークで、XRPはネットワークのネイティブ通貨です。、XRPLに存在する違う種類の通貨をXRPを使用することにより、資産の交換を容易にします。XRPはネットワーク上の取引手数料の支払いにも使用されます。

XRPを購入する理由

XRPは、米国証券取引委員会(SEC)との長期にわたる訴訟の対象となっています。これは一見ネガティブな印象を与えますが、多くの人はXRPが起訴されることなく訴訟から解放されると見ていま。そうなれば、XRP が米国の規制当局から正式に承認を受けたことになり、XRP への投資は大幅な利益をもたらすでしょう。

XRPを作り出した企業リップルは、JPモルガンやイングランド銀行など、世界中の主要な金融機関とパートナーシップを結んでいます。 これらのパートナーシップは、世界の金融システムをより効率的にするのに役立つため、RippleNet の価値を反映していると言えます。XRPが SECの問題を解決しその価値を提供することができた場合、XRPは大きな回復を遂げると予測できます。

2021年は低迷したXRPですが、SEC の裁判に関する優位なニュースが明らかになれば、最終的に大幅な成長を遂げる可能性があります。 2023年中に暗号通貨の成長を求める投資家にとって、裁判終了後にトークンが2ドルを突破し、史上最高を叩き出す可能性から、XRPはこれからの動きに注目したい暗号通貨と言えます。

柴犬コイン(Shiba Inu/SHIB)

柴犬コインは、2021年の強気相場で登場した仮想通貨です。イーサリアムブロックチェーン上に構築されており、同じく人気のミームコインであるドージコインのライバルとなるように作られました。柴犬コインは、コミュニティ主導という点と、Web3を初めて使用するユーザーにとって楽しく気軽に始められるという点でドージコインと類似しています。

400兆を超えるトークンがイーサリアムの考案者として有名なヴィタリック・ブテリンのイーサリアムウォレットに送信された後、大幅な成長を遂げました。その後彼は、この合計の90%をバーン(焼却)することを決定しました。これは67億ドルにも及んだとされています。この異例とも言えるマーケティングの結果として柴犬コインは仮想通貨界の多くの投資家を引き付け、結果900倍以上の価値まで成長しました。

柴犬コインはSHIBトークンの実用性を拡大することを計画しています。イーサリアムのレイヤー2ネットワークである Shibarium (シバリウム)は2023年に開始される予定で、柴犬コミュニティーにSHIBとのスケーラブルで安全な取引方法の提供を掲げています。加えて、柴犬コインはNFTアートの作成のサポートも行っており、柴犬コミュニティーメンバーはWebサイト上で柴犬コインに触発されたアートの売買が可能となります。

SHIBAを購入する理由

柴犬コインはその陽気な気風とアクセシビリティで数多くのユーザーを惹きつけており、時価総額はトップ20の仮想通貨です。ミームコインは一般的に実用性に欠けると言われていますが、柴犬コインは違います。上記で紹介したようなプロジェクトにより柴犬コインのエコシステムが拡大するのに伴い、大きな成長を遂げる可能性が高くなります。

2023年は柴犬コインにとって、とても重要な年になると言われています。シバリウム開始により、SHIBトークンの送信とブロックチェーン取引にかかるコストは削減されます。ダップス(dApps) はシバリウム上にも構築可能で、これはSHIBトークンのユースケースをさらに増加させることになるでしょう。

現在の価値は最高値より90%も低いにも関わらず、投資家は2023年以降の大きな成長に期待を高めています。柴犬コインは高値を取り戻し、ミームコインの実用性を愛好家コミュニティーへ提供することを目標として掲げています。

ポリゴン(Polygon/MATIC)

元は MATIC として知られているポリゴンは、イーサリアムのブロックチェーンスケーラビリティの向上を目的にデザインされた、レイヤー2スケーリングソリューションです。トランザクション速度の遅さ、安全性の高さ、実行速度の早さ、という特徴を活かして、企業や開発者が高度なダップスをイーサリアムブロックチェーン上に構築することを可能にします。そしてこれは、大幅な成長に繋がる可能性があります。

ポリゴンは PolygonSDKと Polygon Networkの2部分で動作します。PolygonSDK はPolygonチェーンとして知られる様々なサイドチェーンを構築するためのモジュラーフレームワークである一方、PolygonNetworkはポリゴンのスマートコントラクトを管理するために最適なコンセンサスメカニズムを保証します。

プルーフオブステーク(POS)コンセンサスアルゴリズムを利用するという革新的なアイデアは、コスト削減やシステムパフォーマンスの向上を可能にすると同時にイーサリアムネットワークに安全性、信頼性をもたらします。

ポリゴンは、プラットフォーム上に構築された数多くのアプリケーションのユーザーエクスペリエンスを向上させることが可能な事から、このイノベーションはダップス開発者へのサービスの提供や通貨の広範囲での成長を後押しします。

マティックを購入する理由

ポリゴンは、開発者が高品質のデジタルサービスを作成し世界経済全体で仮想通貨の成長を促進する事に役立つレイヤー2スケーリングソリューションです。ブロックチェーンが成長するにつれて、ポリゴンはより広く使用されるネットワークになることでしょう。

MATIC はポリゴンで取引手数料の支払いや、バリデーターに報酬を提供することでネットワークを保護するために使用されます。このため、ポリゴンネットワークを使用する人は、MATICを購入、保持する必要があります。

より多くのユーザーからの需要が増加することにより MATIC は大きな成長を遂げでしょう。分析家は、2023年のMATIC は次の強気相場の波が来るよりも先に過去最高値である2ドル強に達すると予想しています。

2023年に大きく成長するチャンス

ここで紹介した5つの仮想通貨は全て、今後数年で大きな成長をする可能性が大きいでしょう。ポリゴン、リップル、ディセントラランドはブロックチェーンユーザーに有用なサービスを提供する素晴らしいプロジェクトであり、柴犬コインはコミュニティーのエコシステム拡大に力を入れています。

しかし、この中でもメタケードは非常に優れた有望なプロジェクトと言えます。メタケードは素晴らしい機能を大規模なコミュニティーに提供できる、斬新なGameFiプラットフォームです。MCADEは現在先行販売中で、詳細は以下のリンク先ページから確認することができます。

MCADEの詳細はこちら


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ミームにしてミームあらず:Memeinatorが4週間で100万ドルの資金調達に成功した理由

ミームにしてミームあらず:Memeinatorが4週間で100万ドルの資金調達に成功した理由

Thug Life(THUG)とは?コミュニティ重視の新たなミームコインを紹介

Thug Life(THUG)とは?コミュニティ重視の新たなミームコインを紹介

注目度の高い仮想通貨ニュース

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す