Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年には50倍の利益の見込み

by BITTIMES

この長くにわたる弱気市場で確実な将来性をもつ投資先を見つけるのは困難と言えます。しかし最新のプロジェクト、メタバースは全てを兼ね備えておりこの先、大きな利益を見込める投資先となっています。

メタケード(MCADE)は既にプレセールで約150万ドルを調達しました。これは数あるメタバースプロジェクトで今一番勢いがあると言っても過言ではありません。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

メタケードは次のトップメタバースプロジェクトになるのか

ベータ段階では完売したメタケードのプレセールは、約3週間前から開始されました。合計1億4,000万のMCADEトークンは0.008ドルで販売され、段階が上がっていくごとに価格は上昇します。

現在MCADEトークンの価値は低価格にあるため、このプロジェクトへの投資は将来性のある長期的投資となるでしょう。加えて今回のプレセールは弱気相場の真っ只中にはじまった為、早い時点で行動に移している投資家は次の強気相場が来るまでに100倍以上の利益を生み出す可能性があります。

メタケードは無限の楽しみと多くの仮想通貨の取得の機会をコミュニティに提供します。さらに、プラットフォームのユーティリティは世界的に魅力的であり、いくつかのユニークな方法で広くゲーム業界に貢献できるため、コミュニティの成長と共にかなりの数のユーザーに到達する可能性があります。

メタケードとは?

メタケードはメタバース内のゲームプラットフォームで、幅広いジャンルのゲームを提供します。ユーザーは数多くのゲームをプレイし、スキルを磨きながらMCADEトークンの入手が可能です。更に、ゲームトーナメントの開催も予定しており、勝者は賞品としてトークンが付与されます。

プレイヤーは流行りのブロックチェーンゲームをいち早く発見することができます。新しいゲームのレビュー、有益な情報や知識を共有し、コミュニティへの貢献度に応じて報酬としてもMCADEトークンの入手が可能です。

プロジェクトは徐々に分散型自律組織(DAO)に移行する予定で、最終的にはコミュニティによる民主的なプラットフォームになることを目指しています。

メタケードの仕組み

メタケードはブロックチェーンテクノロジーを使用することで、報酬システムの導入を可能にしました。GameFiはゲームと収益化を組み合わせたP2E(遊んで稼ぐゲーム)のメカニズムを通してプレーヤーに仮想通貨を報酬として提供します。これによりユーザーは複数の方法により仮想通貨を入手することができます。

プレイヤーは、開発段階で新しいゲームを試すこともできます。これらのタイトルをプレイし、開発者にフィードバックを提供することで公式に配信される前にバグを修正し、ゲームシステムの改善を手助けします。

メタケードはゲーム界の革命児

GameFiセクターの成長を促進するために、メタケードはメタグラント(Metagrants)と呼ばれる革新的なソリューションを立ち上げています。ゲーム開発者は、コミュニティにゲームの提案を提出します。コミュニティは、これらの新しいメタバースプロジェクトのどれが最適かを決定するために投票します。その結果、最も需要の高いタイトルが資金を受け取り、GameFi業界の範囲、規模、および品質を直接拡大するのに役立ちます。

メタケードを使用すると、プレイヤーは未来に影響を与える力をより多く持つことができます。これは、ブロックチェーンテクノロジーのコアバリューに準拠する主要なメタバース プロジェクトであり、より広いゲーム業界の風景を変えるのに役立つ分散型ゲーム体験を提供します。

2023年にMCADEは$1に到達するのか

メタバースはブロックチェーン開発の主要な分野であるため、メタバースプロジェクトの価格予測は通常強気です。さらに、メタケードのようなメタバースプロジェクトは、世界中の30億人を超えるゲーマーにまったく新しい機能を提供できるため、GameFi業界をグローバルな採用に向けて推進することができます。

MCADEの価格は、プレセールの最終段階で$0.02になります。MCADEの取引は2023年中に分散型取引所(DEX)で開始され、多数のユーザーが利用できるようになります。

専門家は2023年中のMCADEの大幅な利益を予測しています。価格予測は、今後12か月で0.80ドルから1.50ドルの範囲であり、MCADEはプレセール終了時から75倍に上昇する可能性があることを意味します。これは1ドルの目標が投資家にとって妥当な予測であることも意味します。

MCADEに買う価値はあるのか

MCADEは、今年の勢いのある通貨になる可能性があります。価格は現在、1トークンあたりわずか0.01ドルで、専門家は将来の価格行動について非常に強気です。2023年中に価格が1ドルに上昇し、メタケードエコシステムの初期の投資家に莫大な利益をもたらす可能性があります。

MCADEの価格はプレセール中に0.008ドルから0.02ドルに徐々に引き上げられます。これは、投資家が第一段階で0.01ドルでMCADEを入手できる時間が限られていることを意味します。

MCADEの詳細はこちら


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

国税庁:暗号資産の税金制度「変更予定はない」と発言|藤巻議員が矛盾点を指摘

国税庁:暗号資産の税金制度「変更予定はない」と発言|藤巻議員が矛盾点を指摘

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

ステーキングできる仮想通貨ウォレット「Moonstake Wallet」とは?特徴・対応銘柄など

ステーキングできる仮想通貨ウォレット「Moonstake Wallet」とは?特徴・対応銘柄など

LUNC(Terra Classic)の「1.2% Tax Burn」MEXC・KuCoinなどがサポート表明

LUNC(Terra Classic)の「1.2% Tax Burn」MEXC・KuCoinなどがサポート表明

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

カルダノDEX「WingRiders」近日中にステーブルコインDjedサポートか

カルダノDEX「WingRiders」近日中にステーブルコインDjedサポートか

シバイヌ(SHIB)「bugatti group」とのコラボを発表

シバイヌ(SHIB)「bugatti group」とのコラボを発表

仮想通貨詐欺アプリが「App Store・Google Play」に侵入|公式ストアでも要注意

仮想通貨詐欺アプリが「App Store・Google Play」に侵入|公式ストアでも要注意

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

ビットバンク「FLRトークンのエアドロップ・取扱い開始日」が決定

ビットバンク「FLRトークンのエアドロップ・取扱い開始日」が決定

ビットバンク:The Sandbox(SAND)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:The Sandbox(SAND)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す