ユーザー資産の保護と事故ゼロの記録|CoinExの暗号資産セキュリティへの取り組み

by BITTIMES

2020年当時驚異的な暗号資産取引所であった「FCoin」は、7,000~13,000BTCが回収できないと発表しその終焉を迎えました。また「KuCoin」は同じ年にセキュリティ危機に遭遇して大規模攻撃に遭い、約2億7,500万ドルを失いました。2022年には世界第2位の暗号資産取引プラットフォームである「FTX」がわずか数日間で破綻しました。

FTXの破綻は暗号資産業界全体に大きな打撃を与えました。オンチェーン分析機関「CryptoQuant」のデータによると、暗号資産投資家はFTXの事件後7日以内に中央集権型取引所(CEX)から80億ドル以上の資産を移動させています。個人投資家も機関投資家もCEXと業界全体を疑い始め、多くの仮想通貨ユーザーはなぜ本格的だったFTXが一晩で地に墜ちたのか理解できなかったようです。

ここ数年では、ハッキングと資金流用が有名な取引プラットフォームの破綻を招いた2大原因となっています。例えばFTXが破綻したのは、そのほとんどがユーザーの資産を不正に使用したためです。基本的に仮想通貨取引プラットフォームが失敗するのは『ユーザーの資産を安全に保てないこと』が原因です。FTXの破綻は、CEXに対する私たちの信頼を損ないました。DEXの取引量が増え続ける中CEXは対策を講じ、崩壊しつつある仮想通貨市場に希望の光を与える必要があります。

暗号資産取引所CoinEx(コインエックス)は2022年12月にProof of Reserveとして「Merkle Tree」監査方法を開始し、Proof of Reserveを開示する最も早い取引プラットフォームの1つとなりました。Proof of Reserveは資産を監査し、プラットフォームがユーザーのブックアセットをバックアップするのに十分なオンチェーン資産を持っているかどうかを検証する方法であり、CoinExは100%のリザーブ率を証明するためにMerkle Treeを採用しています。

2017年の創業以来「CoinEx」はその約束を守り、100%のリザーブ率を維持しています。安全で透明性のCoinExでは、ユーザー資産はいかなる理由でも悪用されることはなく、すべての出金依頼は迅速に処理されます。またユーザー資産を保護するために、CoinExは「高速取引マッチングエンジン・IPアドレス異常変更の監視・ログインリマインダー・資産変更のリアルタイムアラート・多層引き出し検証・API許可・二要素認証(2FA)・実名認証」などの包括的な措置を採用しています。

CoinExは事故ゼロを維持し、包括的な対策で保護された非常に安定したシステムを構築し、ユーザーの資産を安全かつセキュアに保っています。過去5年間、CoinExはあらゆる面でユーザーの資産を守っていることを証明するために、実際に行動してきました。また激動する市場において、試練を乗り越え、挑戦してきました。

さらに資産保全とリスク管理能力を向上させるため、CoinExは「セキュリティ脆弱性・脅威情報バウンティプログラム」をリリースし、より多くのユーザーとホワイトキャップに取引所のセキュリティ脆弱性を特定・提出してもらい、取引所の安全性を保つことに貢献することを呼びかけています。具体的には、潜在的な脆弱性をその脅威に応じて3つのレベルに分け、参加者に最大10,000USDTを提供するプログラムとなっています。

LevelReward
Level 1200-1,000 USDT
Level 21,500-4,000 USDT
Level 35,000-10,000 USDT

CoinExは「セキュリティバウンティプログラム」を開始するにあたり、自社製品や事業のセキュリティを優先しています。参加者から提出されたすべての問題をCoinExの従業員が追跡、分析、対応することを約束しました。さらにCoinExは、脆弱性の責任ある開示と対処を奨励し、ユーザーの利益を守り、CoinExのセキュリティ性能の向上に貢献するすべてのホワイトハットに感謝すると発表しました。このプログラムはCoinExが『ユーザーの資金を保護し、安全で安心な仮想通貨取引を可能にするだけでなく、CoinExもユーザーと一緒により安全なプラットフォームを構築したい』と考えていることを示しています。

昨年は仮想通貨市場が乱高下し、資本もユーザーも仮想通貨から撤退する状況が続きました。それでもCoinExは、製品やサービスをアップグレードしながら、ユーザーの資産を保護し、取引体験を向上させ、暗号資産に対する信頼を回復するために努めています。

DEXはまだCEXを追い越すことはできませんが、CoinExは「より安全で信頼性が高く、ユーザーフレンドリーな取引環境を構築することが、弱気や強気を冷静に切り抜ける唯一の方法であること」を痛感しています。CoinExの努力は、頻繁な市場の変動を経験したユーザーを安心させ、一筋の希望を与えているのは間違いありません。一方CoinExは製品とサービス・システムレベルの安定性・資産の安全性を完璧にし、勢いをつけて次の強気相場に備え続けています。


免責事項:この記事は寄稿された記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Amazonで「仮想通貨購入したい」商品アンケートで「12.7%」が回答

Amazonで「仮想通貨購入したい」商品アンケートで「12.7%」が回答

DM2C Studio:初のWeb3プロジェクト「Seamoon Protocol」開始|独自チェーン&トークンも展開

DM2C Studio:初のWeb3プロジェクト「Seamoon Protocol」開始|独自チェーン&トークンも展開

2023年後半の「ビットコイン大幅下落」を予想:ベンジャミン・コーエン

2023年後半の「ビットコイン大幅下落」を予想:ベンジャミン・コーエン

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

カルダノ共同創設者「米SECのステーキング規制」にコメント|ADAは問題ない?

カルダノ共同創設者「米SECのステーキング規制」にコメント|ADAは問題ない?

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード「SOL・ATOMの入出庫」対応へ|2つのキャンペーンも開始

SBI VCトレード「SOL・ATOMの入出庫」対応へ|2つのキャンペーンも開始

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

自動利回り付きのイーサリアムL2「Blast」メインネットローンチ

自動利回り付きのイーサリアムL2「Blast」メインネットローンチ

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す