一部銘柄の低迷が続く仮想通貨市場|メタケード(MCADE)が注目される理由【PR】

by BITTIMES   

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年未だ数多くの仮想通貨プロジェクトが市場暴落の影響を大きく受けている中、一部の銘柄では徐々に回復傾向がみられ始めています。

この記事では、下落相場からの回復で伸び悩んでいる銘柄への投資で慎重な判断が必要な理由と、GameFiプロジェクトであるメタケードがそのような現在の仮想通貨市場で注目される理由について解説していきます。

競合他社との差別化に苦しむ仮想通貨銘柄

仮想通貨市場ではすでに非常に多くの暗号資産が発行されており、スケーラビリティ・セキュリティ・分散化などの問題解決を図ることに重点を置いた銘柄も多数発行されていますが、一部の銘柄は「Ethereum・BNB Chain・Solana」などといった類似プロジェクトと比較した場合の欠点から、成長率がやや低い状態となっています。

レイヤー1という競争率の激しい分野で競合他社との差別化を図ることは非常に困難であるため、技術採用やユースケースなどの面で主流のブロックチェーンとの差があるプロジェクトは、今後の成長が厳しい状態となっています。

そのような仮想通貨は2022年の市場暴落で大きな打撃を受けており、他プロジェクトと比較しても多くの価値を失っています。昨年6月の強気相場から市場暴落後までのイーサリアムの下落率は全体で約82%となっていますが、差別化に苦しんでいる一部銘柄は90%以上の下落が観測されています。

そのような状況は、投資家が競合他社との差別化に苦しんでいる銘柄の購入に対して慎重になっていることを物語っています。そのような状況もあって一部の市場アナリストは競合が多い一部銘柄の価格予想で控えめな予想価格を提示しており、今後も下落相場が続いた場合には現在価格からさらに大きな下落がみられる可能性があるとも意見も出ています。

P2Eゲーム界期待の新星、メタケード(MCADE)

一部銘柄で価格低迷が続く一方で、多くの投資家は2023年に大きなリターンが期待できるプロジェクトを探しています。そのうちの1つとして挙げられているのが、現在進行中のプレセールで素晴らしい勢いを見せているGameFiプラットフォームのメタケードです。

メタケードは、ゲームプレイヤーが集まり、交流し、GameFiで収入を増やすことができ、ゲーム界の未来へ足跡を残すこともできるP2E(遊んで稼ぐ)ゲームのコミュニティハブです。

メタケードのビジョンは『ユーザーがP2Eゲームの世界で成功を収めるための手助けをすること』です。最新の戦略を議論する場所から、ベテランプレイヤーによるゲーム攻略法の共有まで、ユーザーを手助けするための充実した機能を数多く提供します。

このプロジェクトには、コミュニティ内でユーザー同士の交流を奨励するために「レビュー投稿・ゲーム攻略のコツ」などといった価値のあるコンテンツを共有をしたユーザーに報酬としてMCADEが与えられる仕組みがあります。このような特徴から、メタケードは「P2Eゲームについて学び、より多くの利益を得るための、Web3中心地となる」と言われています。

他の収益機会としては「定期的に開催されるトーナメント・賞品抽選会・最新ゲームのテストへのフィードバック」などがあります。さらに、2024年には Web3関連求人ページの立ち上げも予定されており、メタケードのプレセールは上々の滑り出しを見せています。

そして特に注目されている取り組みとしてメタグラント(Metagrant)があります。メタグラントは「最新のP2Eゲームに資金を提供する」というものです。ユーザーは、資金提供する価値があると思うゲーム案に投票することが可能で、最終的に完成したゲームは仮想ゲームセンターで誰でもプレイする事が可能となります。この取り組みは、他のWeb3ソーシャルプラットフォームとは異なります。コミュニティメンバーが自らの手でゲームを作り上げることができるため、メタケードはより一層ゲームファンの間で人気になっていくでしょう。

メタケード(MCADE)価格予想

数々の素晴らしい案によって注目されているメタケードは、現在プレセールを開催しています。プレセールでは、開始からわずか16週間という脅威のスピードで1010万ドルもの資金調達に成功しました。その勢いは止まることを知らず、ステージの段階が上がるごとに、そのスピードは加速しています。

これを受けて、専門家はMCADEトークンに対して強気な見解を示しています。プレセール終了時の価格は0.02ドルですが、多くの投資家は2023年末には少なくとも0.25ドルに到達すると予想しています。これが現実となった場合、そのリターンは1年弱で1150%にのぼることになります。

中には、メタケードの価格が0.4ドル〜0.6ドルまで上昇すると予想する声も上がっています。MCADEの価格が0.6ドルに達した場合、プレセール終了間近に購入をしたとしても上昇率は2900%となります。

メタケード(MCADE)は現在プレセール段階

競合他社の多い一部の仮想通貨では下落相場の影響もあって低迷が続いていますが、新たに登場したばかりのメタケードは現在プレセール段階にあり、P2E ゲームプレイヤーとコミュニティーを第1に考えて提案された数多くのユニークな機能によって現時点では非常に素晴らしい成果をあげています。

メタケードは様々な機能の提供を計画していますが、現時点ではまだ初期段階の状態にあるため、今後の動きには注目が集まっています。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

KUAILIAN(クアイリアン)世界中にブロックチェーン技術をもたらす革新的エコシステム

KUAILIAN(クアイリアン)世界中にブロックチェーン技術をもたらす革新的エコシステム

Bitget・BCG「暗号資産取引所がWeb3の実現に重要な役割を果たす」と予測

Bitget・BCG「暗号資産取引所がWeb3の実現に重要な役割を果たす」と予測

無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?

無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す