プライバシー対策を採用する銘柄の増加と匿名通貨の低迷 – ASIの投資価値【PR】

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2022年、米国の規制当局がプライバシーに配慮したWeb3のソースコードを標的としたことを受けて、一部の投資家は「匿名性の高い通貨が史上最高値を更新できるのか」に疑問を呈しています。

一方アルトシグナル(AltSignals)ではプレセール終了後の大きな成長に期待が高まっており、一部の専門家は「ASIトークンは今後数ヶ月から数年の間に匿名性を特徴とする仮想通貨の価格を大きく上回る可能性がある」と予想しています。

トルネードキャッシュ事件の影響を受けた匿名通貨

ユーザーのプライバシー保護に特化したブロックチェーンや仮想通貨は世界的に人気を集めていましたが、2022年のトルネード・キャッシュ事件以降は、他の銘柄に目を向ける投資家も出始めています。トルネードキャッシュは、ブロックチェーン上で支払いの痕跡を見えなくする斬新な方法を利用したネットワークであったため、米国がこのプロトコルを禁止した時には作成者が逮捕される事態に発展しました。

この出来事は、プライバシー・ブロックチェーン取引の将来に疑念を抱かせるものでした。現時点では、ブロックチェーンの公共性と中央集権的な取引所(CEX)からのKYC要件によって、規制当局は簡単に取引を追跡することができるようになっています。トルネードキャッシュは、トレーサビリティを回避するために設計されたものであるため、プライバシーを重視したブロックチェーンも脅威にさらされているように見えます。

一部のCEXで上場廃止になった後も、プライバシー重視のブロックチェーン・仮想通貨は一定の需要を保っているものの、トルネードキャッシュ事件によって、投資家はアルトシグナル(AltSignals)などのより安全なWeb3投資に目を向け始めています。

アルトシグナルは、長年にわたり有益なシグナルを供給してきた業界屈指のトレーディングコミュニティです。このプロジェクトは万を期して、ブロックチェーン分野への拡大を決定し、ASIトークンのリリースそしてプレセールイベントを開催します。ASIのプレセールは、すでに大きな支持を集めているプラットフォームにとってエキサイティングな展開です。

匿名性を重視した仮想通貨の価格予測

トルネードキャッシュの作成者が逮捕された後、投資家はプライバシー重視のブロックチェーンの未来について疑問を抱いており、その結果として匿名性の高い通貨の価格予測にも弊害が出ている状態となっています。そのような通貨の価格が回復する可能性はあるものの、一部の価格予想では「史上最高値を更新するのは難しい」との意見も出ています。

現在の規制状況や環境を考慮して考えると、プライバシー重視のブロックチェーンの先行きが不明瞭になったことをきっかけとして、そのような匿名通貨・ブロックチェーンが機能的な方向へとシフトする可能性もあると考えられます。

アルトシグナルとは

アルトシグナルは、Wed3界で大きな規模を誇るトレーディングコミュニティです。これまでに大勢の投資家に、仮想通貨への投資で利益を上げる取引方法を毎日有利なコールを共有すると共に教えてきました。2020年以降、AltAlgo™ツールは19月間の渡ってコミュニティメンバーの取引ポートフォリオを10倍に増加することに成功しています。

成功の実績と多くの既存ユーザーベースを持つアルトシグナルは、将来性があり高いポテンシャルを持っています。プロジェクトは拡大を続けており、現在はASIトークンを通じてブロックチェーンサービスを提供しています。

ASIトークンの仕組み

ASIトークン保有者は、Web3で最もホットな取引ツールに独占的にアクセスすることが可能です。ActualizeAI Clubのメンバーは、仮想通貨市場のボラティリティをマスターし、取引中に安定した利益を上げるのに役立つAIを搭載したプレミアム取引ツールを受け取ることができます。

ActualizeAI Clubでは、アルトシグナルの最新トレーディングツールをいち早く利用することができます。アルトシグナルの取引ツールは、過去に高い効果が実証されています。さらにプレミアムメンバーは、パフォーマンスレベルの維持の為プロジェクトに直接レポートを送ることができます。

ActualizeAIは、市場心理や様々な価格指標を分析した上で、コミュニティメンバーに1つの売買シグナルを提供します。このアルゴリズムは機械学習を利用しているため、時間の経過とともに改善されるように設計されています。

2023年アルトシグナルは0.75ドルに到達?

現在開催中のアルトシグナルのプレセールは注目の投資機会の1つとなっており、「ASIトークンはイベント終了後にロケットのような速さで大きく成長する可能性がある」と期待されています。$ASIのプレセール価格は$0.012となっていますが、専門家の予測では「$ASIはプレセール後数ヶ月で大幅上昇し、1.20ドルに達する可能性がある」とも言われています。

ASIと匿名通貨の価格予測:投資対象としての価値

代表的なプライバシー重視型コインの価格は今後も維持される可能性があると予想されますが、匿名通貨の価格予測はこの数年間で鈍化傾向にあります。Web3の広い世界では、より透明性の高いものが好まれ始めており、アルトシグナルのような新しいプロジェクトと比較して、匿名通貨はそのプライバシーの高さが仇になっていると言いざるを得ない状態となっています。

アルトシグナルは現在プレセール段階であるため、初期投資が可能な仮想通貨の1つとして期待が高まっています。ASIの価格はイベント中に0.012ドルから0.02274ドルまで上昇しており、イベント後には大きなリターンを生み出す可能性があるとも予想されています。アルトシグナルの詳細は以下の公式サイトから確認することができます。

$ASIの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sui主催「京都ビルダーハウス」に参加すべき5つの理由|世界中のSui開発者とつながるチャンス

Sui主催「京都ビルダーハウス」に参加すべき5つの理由|世界中のSui開発者とつながるチャンス

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

Bybitアプリ体験企画!最高1000USDTボーナス!

Bybitアプリ体験企画!最高1000USDTボーナス!

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

GOLFINとは?NFTとGPSを組み合わせた世界初のNFTゴルフゲームを紹介

GOLFINとは?NFTとGPSを組み合わせた世界初のNFTゴルフゲームを紹介

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す