アルトシグナルのプレセールは順調な滑り出し、ブルマーケットのトレンドがポリゴンの価格予測を押し上げる

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年の始まりと共に始まった各銘柄の価格上昇で仮想通貨市場が好転している中、多くの投資家は長期的なトレンド転換を予想してます。新たな強気相場が到来する可能性がある中、現在の仮想通貨市場にはポートフォリオを拡大したい投資家にとって素晴らしい選択肢が数多く存在しています。

アルトシグナルとポリゴンの価格予測は、いずれも将来に向けて強気なものとなっており、現在の価格は予測をなぞるであろう絶好の位置にあります。

この記事では、この二つの銘柄についての解説と価格予測を行うと共に、将来的により大きなリターンを生み出すのはどちらなのかについても比べていきます。

トレンド反転の影響を受けるポリゴンの価格予測:強気相場が到来する可能性はいかに

一年以上続いた仮想通貨の冬は、ほぼ全てのアルトコインの価値を2022年内に90%以上も下げました。しかし、この頃市場センチメントが変化し始めています。多くの銘柄が2023年の初めに大きな利益を生み出しており、一部の投資家は現在、次の強気市場に先駆けて長期的なトレンドの反転を予想しています。

ポリゴン(MATIC)の価格は2023年1月時点で、1MATICあたりわずか0.75ドルでしたが、最近の上昇でその価値はほぼ2倍になりました。多くの専門家が将来の強気相場に向けてポリゴン価格の大幅な上昇を予測しています。

2023年に強気相場が発生するかどうかは未知数です。しかし、2021年の強気相場時に設定された過去の高値と比較すると、価格は依然として低く、長期的な準備に最適な時期であることは間違いないようです。

そこで注目したい投資銘柄がアルトシグナル(AltSignals)です。ASIトークンは現在プレセールを開催しており、ActualizeAIと呼ばれる高度な人工知能ツールキットを通じて、プロジェクトがオンライン取引に革命をもたらすと考えられています。

ポリゴン(Polygon)とは

ポリゴンは、以前までMATICとして知られていたイーサリアムのスケーリングソリューションのリーディングカンパニーです。高速な取引環境や安いガス代を特徴としているポリゴンは、イーサリアムベースの分散型アプリケーション(dApps)を構築して展開したい開発者にとって非常に魅力的です。

ポリゴン独自の構造により、開発者はパワフルで安全かつスケーラブルなdAppsを構築するために必要なツールにアクセスすることができます。この基盤技術によって、イーサリアムのレイヤー1に変更を加えることなくスケーラビリティを実現し、同じレベルのセキュリティを保持することができます。

ポリゴンの価格予測:MATICは2025年に5ドルに到達?

ポリゴンの価格予測は、競合するレイヤー2スケーラビリティソリューションであるArbitrumとOptimismの登場にもかかわらず、今後数年にわたり強気のままとなっています。MATICは2021年の強気相場時に、過去最高値(ATH)となる2.90ドルを記録しており、市場の暴落時には他のアルトコインよりも価値を維持することに成功しています。

専門家は、ポリゴンの長期的な価格予測で「2025年には4.54ドルに到達する可能性がある」と予測しており、次の強気相場で投資家に利益をもたらす可能性があることを予想しています。現在のMATIC価格は1.10ドルほどとなっているため、専門家の価格予測が実現した場合、投資家は400%以上のリターンを手に入れる可能性があります。

アルトシグナル(AltSignals)とは

アルトシグナルは2017年の立ち上げ以来、業界をリードする取引ツールを生み出し、Web3の中でも収益性の高い取引コミュニティを支えてきました。アルゴリズムによる指標である「AltAlgo™」を利用している一部の人は、記録されている32ヶ月のうち19ヶ月でポートフォリオを10倍にすることに成功しています。

新しい$ASIトークンは「ActualizeAI」と呼ばれる改良された取引スタックを支えるために設計されています。現在開発中であるのこの新しいツールは、人工知能を搭載しています。これにより、アルトシグナルが提供する売買シグナルの精度が向上すると期待されます(現時点では70%以上の精度)。

アルトシグナルは、高度なトレーディング技術により、誰もが知識のあるトレーダーになるための手助けをします。プラットフォームは、新しいトレーダーに市場のボラティリティをナビゲートする学習曲線を最小限に抑えるのに役立ち、専門家が有益な取引シグナルを共有することでリターンの可能性を最大化するために知識を共有します。

アルトシグナルの仕組み

ASIトークンは、新しいActualizeAIスタックへの直接アクセスを提供します。ActualizeAIは、機械学習と自然言語処理(NLP)を使って膨大な量の市場データを分析し、トレーダーに収益性の高いエントリーポイントを提供します。

またASIトークンは、AIメンバークラブへ参加するための鍵にもなります。ユーザーは、ASIの報酬を得ながら取引トーナメントに参加することができ、パブリックセールやプライベートセールで発売される有望な仮想通貨への投資機会を得ることができます。

2023年、ASIは0.50ドルに到達するのか

ASIトークンのプレセールは、585,000ドル以上の資金を調達しており、年明けの正式発表に向けてその勢いを増しています。ASIは、デフレのトークノミクスとエコシステム内での膨大な有用性を持っており、時間の経過とともに価格の上昇を生み出す可能性があります。

専門家は、トークンが取引所に上場することや、Web3の世界で最も魅力的なAIツールキットへのアクセスを提供することなどを考慮して「価格が2023年末までに0.50ドルになる可能性がある」と予測しています。この価格は、プレセール終了時の価格の20倍に相当するため、次の強気相場に向けた投資先の1つとして期待されています。

アルトシグナルvsポリゴン:どちらの銘柄がより高いパフォーマンスを発揮できるのか

ポリゴンのMATICトークンは、仮想通貨市場での時価総額からもわかるように非常に価値のある銘柄です。一方、ASIは新しいトークンであるため強気相場で大幅な価格上昇が起きる可能性があると予想されています。どちらの銘柄も次の強気相場に向けて注目される暗号資産となっていますが、価格上昇率に関してはアルトシグナルの方が大きくなるとみられています。

アルトシグナルのASIトークンプレセールは、0.012ドルの販売価格で開始されていますが、イベントの最終段階には販売価格が0.02274ドルまで上昇します。ActualizeAIへのアクセス権を得ながら割引価格でトークンを購入できる時間は限られています。AIを搭載した新しい仮想通貨プロジェクトであるアルトシグナルには明るい未来が待っていると期待されています。

ASIトークンの詳細はこちらからどうぞ


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

白熱する仮想通貨の未来:500万ドルを突破したミームネーターの成功を読み解く

白熱する仮想通貨の未来:500万ドルを突破したミームネーターの成功を読み解く

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す