取引所への上場間近!メタケード(MCADE)は優れたパフォーマンスを発揮できるのか

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年は、仮想通貨回復の年として専門誌などで話題になっています。ビットコイン(BTC)が25,000ドルを大きく上回る水準まで回復したことを受けて、多くのコインでもそれに続く反応が見られています。

2023年の動きに注目されるコインの1つに、GameFi業界へと新規参入したメタケードがあります。MCADEトークンのプレセールは既に完売しており、$16.35mが調達されています。MCADEは、4月に人気取引所であるユニスワップで0.022ドルで発売されており、GameFi分野に革命的な影響を与える可能性のあるコインとして明るい未来が期待されています。

メタケードとは?

メタケードは「P2Eゲームの仮想アーケードを通して世界最大規模のGameFiコミュニティを構築すること」を目指しています。プレイヤーは、ゲームを進めながら収入を得ることができ、気の合う仲間や仮想通貨ファンとつながることができます。プロジェクトは、TAM(Total Addressable Market)を最大限に活用し、P2Eタイトルのライブラリを構築し、膨大なユーザーベースを引き寄せることができます。

MCADEがビットマートなどの暗号資産取引所へ上場し、プロジェクトが本格的にその機能を展開し始めると、ユーザーベースは急速に拡大することになり、ユーザーがMCADEトークンを使用して有料ゲームをプレイをする事で、MCADEの需要も高まると期待されています。メタケードのプロジェクトはMCADEの素晴らしい実用性によって今後発展する可能性があると注目されているだけでなく、従来のゲーム業界からGameFi業界に参加するプレイヤーの増加によって、成長が加速する可能性があるとも見られています。

メタケードのホワイトペーパーでは、自給自足的なエコシステムを構築するための計画について概説されており、コミュニティから熱狂的に支持されています。メタケードのプロジェクトチームによる考え抜かれた決断は、抜け目のない戦略的意思決定を際立たせる緊密な計画を示しています。例えば、報酬システムでは、GameFiタイトルの従来のP2E機能をはるかに超え、プレイヤーが収入を得るためのいくつかの追加手段を組み込んでいます。

さらに、プレイヤーはプラットフォームで活動し、コミュニティにコンテンツを投稿するたびに、報酬を得ることができます。アルファを共有・ゲームレビューの投稿・ゲームについての情報提供・オンラインチャットへの参加などで仮想通貨報酬を得ることができます。このインセンティブは「完全に機能する支援的なゲームコミュニティを構築する」というメタケードの強い信念のもとに展開されます。 MCADEは、仮想通貨取引所への上場・高い実用性・多様な提供物などの理由から、魅力的な銘柄の1つとなっています。

MCADEの仕組みについて

MCADEは、商品の購入からトーナメントへの参加、有料ゲームへのアクセスそして報酬システムの提供まで、メタケードのエコシステムにおける取引の交換媒体となります。さらに、プラットフォームの機能性とメンテナンスの基礎を提供する上で極めて重要です。コインの総供給量はわずか20億枚と限られており、フォーラムに集まるユーザーが増えれば増えるほど、圧力は高まるでしょう。

MCADEコインの魅力的な機能の1つとしては「プラットフォームの先駆的な機能であるメタグラントの刺激となること」が挙げられます。この取り組みは、開発者が新しいゲームのコンセプトをコミュニティに投稿することで、内部からのイノベーションを促進することを目的としています。

MCADE保有者は、これらの応募作品を審査して投票することが可能で、最終的には最も人気のある作品に資金が提供されます。このようにメタグラントは、開発者を制作過程を通して魅力的な新作ゲームの作成をサポートします。これはユーザーを惹きつけ、メタケードにさらなるファンを呼び込む狙いがあります。

議決権の委譲は、メタケードの本格的なDAOへの移行の一環であり、MCADEがガバナンストークンとなることをサポートします。また、MCADEはステーキングで利用することも可能です。ユーザーはプラットフォームにトークンをコミットする代わりに収入を得ることができ、MCADEのトークンサプライの希薄化を防ぐことができます。

MCADEの投資価値

メタケードは2023年の早い時期に新しいプロジェクトとしてゼロからスタートしています。またMCADEは、取引所への上場にあたり、投資家の関心を高めるためにプレセールにて信頼できる成績を見せています。

さらに最近では「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「カンフー・パンダ」などの大作を手がけるトップゲームグループ「Metastudio」と提携することも発表されました。ゲームタイトルを提供することでプロジェクトを盛り上げ、さらに露出を増やすことを期待しています。

メタケードでは今後の新機能リリースやユーザー増加でトークンの有用性が高まり、現在価格$0.018ドルに強い上昇圧力がかかる可能性があると予想されています。2023年注目のGameFi銘柄として挙げられているMCADEの詳細は以下の公式サイトで確認することができます。

メタケードの詳細はこちらから確認できます。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ソルシエティICO、3日間で30万ドルを調達:成長が期待される新たなアルトコイン

ソルシエティICO、3日間で30万ドルを調達:成長が期待される新たなアルトコイン

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitget「デリバティブ取引で300%以上成長」2022年2月過去最高取引高を達成

Bitget「デリバティブ取引で300%以上成長」2022年2月過去最高取引高を達成

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説