アルトシグナル、ASIトークンが2023年の仮想通貨界を揺るがす。ビットコインの価格予測に対抗できるのか?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ビットコイン(Bitcoin)が2023年の仮想通貨関連記事の見出しを独占し続ける一方で、アルトシグナル(Altsignals)という期待の新星が投資家の間で大きな注目を浴びています。

このゲームチェンジャーとも言える通貨は、今年中に市場のリーダーとなることができるのでしょうか?この記事では、専門家による今年のビットコイン価格予測と、 ASI トークンの今後の成長に期待が高まっている理由について解説していきます。

ビットコイン(BTC)競争率の高いフィールドで、不動の人気を誇る

2023年を迎え、仮想通貨業界の王としてのビットコインの地位は、揺るぎないものとなっています。現在、ビットコインの時価総額は5兆ドルを超え、イーサリアムの時価総額である2,000億ドルと2倍以上の差をつけています。ビットコインは、浮き沈みはあるものの、その回復力と適応力によって、仮想通貨の最前線に君臨し続けています。

機関投資家の採用、一般市民の関心の高まり、そしてこの激動の市場で通貨の価値の保存に最適ということから、ビットコインはその地位を保っています。しかし、スケーラビリティ・取引手数料・エネルギー消費などの問題に対するソリューションを提供する新たなプロジェクトが続々と登場していることから、ビットコインの優位性が脅かされる可能性も否定はできません。

市場で激しい競争が繰り広げられる中、ビットコインはここ数週間、難なく強気のプライスアクションを記録しています。2023年の残りの期間で市場をリードするこの通貨に大きな投資をしている人も多くいます。そのため、専門家のビットコイン価格予測を見直すのには、今が最高のタイミングだと言えるでしょう。

ビットコインの価格予測

現在、ビットコインは29,000ドル付近で変動していますが、年末までには47,000ドルに達する可能性があると予測されています。さらに強気な予想では、60,000ドル程度に達し、2024年に向けて約2.25倍の利益をもたらす可能性があるとも言われています。

取引シグナル市場のスタンダードを築いたアルトシグナル(ASI)

ビットコインの価格予測を確認しておいて損はありませんが、2023年にビットコインよりも期待されている新たな仮想通貨プロジェクトが存在します。

それは、アルトシグナルです。最近行われたプレセールイベントでは、多くの投資家や報道関係者から大きな注目を集めました。そもそも、ASIとそのプラットフォームであるアルトシグナルとはどのようなものなのでしょうか?このプロジェクトは、最も収益性の高い取引シグナルプロバイダーの一つで、2017年以降平均勝率64%で1,500以上ものコールを生み出しています。

アルトシグナルは、驚異的としか言いようがありません。2月に提供した合計10本のバイナンス取引のシグナルは、なんと90%もの精度を達成し2,480%の利益を上げることに成功しました。この結果は、プラットフォームのトラストパイロット(Trustpilot)ページから見ることができます。500件近くもの良いレビューと4.9/5スターを獲得しているアルトシグナルは、50,000人以上の無料購読者と1,400人以上のVIPメンバーを抱えています。

アルトシグナルは、独自のAltAlgo™アルゴリズムと、常に市場を監視している専門トレーダーからなるチームによってこの精度を実現しています。ASIトークンの発売に伴い、このプロジェクトの強みの一つであるActualizeAIアルゴリズムの開発促進が更なる成功に繋がると考えられています。

ActualizeAIとASIトークンについて

ActualizeAIは、AltAlgo™を次のレベルに引き上げ、機械学習・予測モデリング・自然言語処理などの高度なAI技術を駆使することにより、さらに正確な取引シグナルを提供する予定です。アルトシグナルは、このAI統合により勝率を80% 以上に押し上げ、ユーザーにさらに多くの利益をもたらすことを目標としています。

なぜ投資家はASIにこれほどまでに期待を寄せているのでしょうか?
主な理由の一つとして挙げられるのは「ASIトークンを保有することでActualizeAIアルゴリズムが稼働した際に独占的かつ早期にアクセスできること」です。つまり、トークン保有者は最先端のAI技術による、リアルタイムかつ高品質の取引シグナルをいち早く受け取ることができるのです。さらに、50,000トークン以上を購入した投資家には、ActualizeAIシステムへの生涯アクセス権に加え、既存のAltAlgo™シグナルサービスへの無料アクセス権も与えられます。

さらに、ASIトークン保有者は、独自のAIメンバーズクラブに参加することができます。ここでは、メンバーは製品テストに参加しアップデートに関するフィードバックを提供することでASIトークンを獲得できます。それに加えて、革新的なアイデアを提案した場合にも通貨をゲットすることができます。ここで獲得したトークンは、プラットフォームのAIエコシステムの、更に高度な機能をアンロックするために使用することができます。

ASIは将来的にプラットフォームのガバナンストークンとして機能するため、この通貨が将来的にユーザーの要望とニーズに応えることは保証されています。また、今後3〜5年の間にデフレ型の買い戻し・バーン計画が実施される予定のため、トークンの供給量が減少し、長期的な価格上昇が起きる可能性もあると予想されています。

アルトシグナル価格予測

市場アナリストは、ビットコインと比べてASIトークンに対して強気な価格予測を示しています。プレセールは1トークンあたり0.02274ドルで終了する予定のため、多くの投資家が上場前の購入を急いでいます。これによって、1トークンあたり0.45ドルまで上昇するという価格予測も見られていますが、これはプレセール後に購入した場合でも1年以内に約20倍の利益をあげられる可能性があることを示しています。

アルトシグナルは今注目の仮想通貨

この通貨は早く購入すればするほどお得な仕組みで販売されています。アルトシグナルのプレセールは、現在5段階のうちステージ1にあり、販売価格は0.015ドルとなっています。このプラットフォームの実績とActualizeAIアルゴリズムの今後の発売を踏まえると、この価格は例外的に割安であるという声が多く出ています。

ビットコインは堅実な選択肢ですが、アルトシグナルも2023年の動きに注目される銘柄の1つとなっています。この通貨はユニークな投資機会として注目を集めており、今後の成長にも期待が高まっています。アルトシグナルの詳細は以下の公式サイトから確認することができます。

ASIの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

PumaPay(プーマペイ)が「日本初」のミートアップイベントを開催

PumaPay(プーマペイ)が「日本初」のミートアップイベントを開催

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

柴ミーム(Shiba Memu):新しい仮想通貨として成功を再定義する

柴ミーム(Shiba Memu):新しい仮想通貨として成功を再定義する

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

377万ドルを調達した柴ミームは最高の仮想通貨となりうる?

377万ドルを調達した柴ミームは最高の仮想通貨となりうる?

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す