BTC20とは?ビットコインの歴史を再現する、ステーキング可能なERC20トークン

by BITTIMES

BTC20とは?

BTC20のロゴ画像

BTC20は、ビットコインから着想を得てイーサリアムのブロックチェーン上で発行されたERC20トークンです。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているBTC20は、総発行枚数をビットコインと同じ2,100万枚に制限しながらも、ステーキングで報酬を獲得できる仕組みを導入しています。

BTC20のスマートコントラクトは、ステーキング数量に比例して報酬を提供するようにプログラムされているため、ステーキング数量が多ければ多いほど、多くのステーキング報酬を獲得することが可能となっています。

BTC誕生初期を連想させるプレセール

ビットコイン(BTC)が誕生して間もない2011年4月、当時のBTC価格はわずか1ドル程度で、605万枚のBTCが流通していました。

BTC20はこの頃のBTCを再現するように、最初のプレセールで最大605万枚のBTC20トークンを「1BTC20=1ドル」の固定価格で販売しています。

トークン販売で調達された資金は、BTC20のエコシステム成長を促進するパートナーシップ・開発・マーケティングなどのために使用されます。

プレセール分を差し引いた残り1,495万枚のBTC20は、その後のステーキングのためにロックされる仕組みで、その後のステーキングで段階的に放出されることになっています。

なお、プレセールで売れ残ったBTC20トークンは、その後のステーキングで利用されることになります。

120年以上にわたるステーキングメカニズム

120年以上にわたるステーキングメカニズム

プレセールで購入したBTC20は、プレセール終了後にステーキングで利用することが可能となります。

BTC20のステーキングでは、一般的なステーキングと同様に保有量に応じたステーキング報酬を獲得することが可能で、ステーキング報酬はBTCのリリーススケジュールに従って、ステーキング参加者に配布されることになっています。

なお、BTC20のステーキングコントラクトは、約120年以上にわたるビットコインのブロックスケジュールに従ってトークンをリリースするように設計されています。

ERC20トークンならではのメリット

ERC20トークンならではのメリット

BTC20は、イーサリアムのブロックチェーンを基盤としたERC20トークンであるため、スマートコントラクトのようなイーサリアム独自の利点も有しています。

BTC20は、主流の仮想通貨ウォレットである「メタマスク」などの自己管理型ウォレットで保管することができるため、使い慣れたウォレットでまとめてトークンを管理することができます。

ステーキングを超えた実用性の拡大

ステーキングを超えた実用性の拡大

BTC20のトークンエコノミーは、ステーキング報酬プログラムを超えて拡張される予定です。

将来的に予定されているユースケースとしては「戦略的パートナーシップ・分散型アプリケーション内での利用・BTC20エコシステム内におけるガバナンス権」などが挙げられます。

これらのさらなるユースケースは、BTC20の実用性や価値を高めながら、トークンエコノミーの堅牢性をさらに強化することを目的としています。

BTC20の基本情報

プロジェクト名称BTC20
トークンシンボルBTC20
基盤ブロックチェーンイーサリアム
コンセンサスアルゴリズムPoS(Proof-of-Stake)
総供給量21,000,000 BTC20

BTC20のロードマップ

BTC20のロードマップ

2023年Q3〜Q4:プレセール&トークン配布
最初のプレセールでは、1トークン当たり1ドルの販売価格で300万 BTC20を販売。これは初期段階のビットコインを反映したもので、300万トークンのソフトキャップ到達後は、さらに305万トークンが販売される。調達された資金はさらなる開発・マーケティング・戦略的パートナーシップのために使用される。

2023年Q4〜Q1:ローンチ&ステーキング開始
プレセール終了後、安全なステーキングコントラクトを展開。このコントラクトは、プレセールで残された全てのトークン(最低1,495万 BTC20)をロックし、ステーキングメカニズムの基礎として機能する。ユーザーはBTC20トークンをステーキングして報酬を獲得することが可能になる。

2024年Q1〜Q4:開発と拡大
継続的な開発とプロジェクトの拡大に焦点を当てる。主な目標には「ステーキング契約のセキュリティと効率性の強化・戦略的パートナーシップの推進・分散型アプリケーションにおけるBTC20の有用性拡大」などが含まれる。

2025年以降:長期的な持続可能性
BTC20の長期的な利用を実現するための取り組みを実施。ステーキング契約は約120年間にわたるビットコインリリーススケジュールに沿って、保有者にBTC20トークンの報酬を提供し続ける。段階的にトークンをリリースすることによって、報酬を公正かつ計量的に分配し、長期的なコミュニティエンゲージメントを獲得するための持続的なインセンティブを提供する。

BTC20のプレセール情報

BTC20のプレセール情報

BTC20は、公式サイトでプレセールを開催しています。このプレセールでは合計605万枚のBTC20が販売される予定で、販売価格は「1BTC20=1ドル」の固定価格となっています。

公式サイトには「メタマスク」などの自己管理型ウォレットを接続することができるため、ウォレット接続後に支払いに利用する通貨を選択して、購入数量を入力すればトークンを購入することができます。

トークン購入時には「ETH・USDT・BNB」などの仮想通貨に加えて「クレジットカード」も利用することが可能です。

プレセールで購入したBTC20は、プレセール終了後にウェブサイトから請求することができるようになる予定で、請求開始日やローンチの正確な日時は、後日BTC20の公式チャンネルで後日発表される予定となっています。

BTC20の詳細は以下の公式サイトで確認することができます。

>>BTC20の公式サイトはこちら


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

Bybit:入金&取引でUSDTボーナス「取引所乗り換えキャンペーン」開始

Bybit:入金&取引でUSDTボーナス「取引所乗り換えキャンペーン」開始

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す