チャンサーのプレセールとぺぺコイン|見逃せない2023年仮想通貨予測!

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

チャンサー(Chancer)とぺぺ(Pepe)の2つの通貨が投資家の関心を集めているようだ。ベッティング市場の常識を覆すと言われているチャンサーはその期待に応える数々の素晴らしい機能を展開している。

一方、ぺぺコインは今年後半に大きな値上がりを見せるかもしれない。

今回の記事では、チャンサーの中核となる仕組み、カリスマ的な創設者、そして投資家にとっての可能性と、ぺぺコインがどこまで行けるのか考察していく。

チャンサーとは?

次世代型ベッティングプラットフォームのチャンサーについて耳にしたことはあるだろうか? 最近、このプロジェクトは待望のプレセールを開始した。

2022年の635.3億ドルから2030年には1535.7億ドルまで急増すると予想されるベッティング業界。ここに新風を吹き込むこの通貨は、先駆的なコンセプトで業界を大きく揺さぶるだろう。

チャンサーは、ピアツーピア(P2P)方式のベッティング方法をユーザーに提供する。利用者は、独自のマーケットを立ち上げ、オッズから検証ソースまで、あらゆるゲームのルールを自ら設定できる。

非中央集権の実現に取り組むチャンサーは、ベッターにパワーを与え、前例のないレベルのコントロールをユーザーに提供する。

この抜本的な改革の立役者は、ケルビー兄弟のアダムとポールだ。従来のギャンブル業界の不透明な在り方に疑問を感じた彼らは、ブロックチェーン技術を活用し、より楽しく、より公平なベッティング体験を作り上げることで、業界を根本から変えていこうと考えた。

彼らのビジョンは、ゲームのスリルさに誠実さと透明性を融合させたベッティングプラットフォーム、チャンサーという形で具現化された。チャンサーのプレセールが始まってわずか7週間で112万ドルという、革命的なアイデアの可能性を示す額を集めた。

この事実を補完するように、ケルビー兄弟は、ホットウィング・チャレンジや、FIFAトーナメントなど、チャンサーのアンバサダー向けの活発なチャレンジでコミュニティを魅了している。

さらに勢いを助長するプレセール期間中の一連のプレゼント企画が計画されている。この企画の大賞は、なんと10万ドルのCHANCERトークンとなっている。

コミュニティ主導のエネルギーと公平性への強いコミットメントに裏打ちされたプロジェクトに、一部の投資家が注目を寄せはじめているのも不思議ではない。

チャンサーの仕組み

チャンサーの可能性は無限大だ。このダイナミックなプラットフォーム上で、地元のフットボールリーグの勝者や、火星に足を踏み入れる次の人類など、事実上あらゆる事柄に対してマーケットを作成し、賭けを楽しむことができる。

これらは、正確で公正な結果を保証するモデレーターによって監視される。取引の背後にあるのは、ベットやペイアウトの受け取りに使用される、ネイティブトークンのCHANCERだ。

チャンサーは、ユーザー同士の交流を促進するための機能としてShare2Earn(シェアして稼ぐ)機能を導入している。ユーザーは、マーケットを作成し共有すると、参加者を集めた報酬としてCHANCERトークンを獲得できる。

さらに、GoogleのWebRTCと統合されているため、ライブ配信でスコア、結果の共有を行える。

チャンサー価格予測

アナリストは、チャンサーの革新的な提案と卓越したプレセールにより、ギャンブル業界における大変革の可能性に賭けているようだ。

CHANCERは現在、プレセール第2ステージで0.011ドルで入手可能だ。今年後半のプラットフォームのリリースが近づくにつれて、この価格は高騰する可能性がある。

CHANCERは、年末までに0.45ドルに達すると予想されていることから、現在すでにプロジェクトに参加している投資家は3990.91%の上昇を目の当たりにするだろう。

ぺぺとは?

ぺぺは、ジョークから誕生したコインだ。2023年にミームコインとして市場に登場し、その人気に火をつけた。

「カエルのぺぺ」という知名度の高いギャグから生まれたこの通貨は、典型的なミームコインとは少し違う。このトークンはユーザーの想像を掻き立て、今年最も話題となった仮想通貨の1つなのだ。

爆発的なスタートを切ったぺぺだが、いくつかの問題に直面しており、現在史上最高値から65%も下落している。

チャンサーのようにサービスやソリューションを提供する仮想通貨とは異なり、ボラティリティが高いにも関わらず実用性にかけることを指摘する声が多いためだ。ぺぺで使用されているカエルのモチーフはミームコインとしての遺産である。これは、業界の文化的には重要だが、本質的な価値はない。

しかし、献身的で積極的なコミュニティを後ろ盾に持つぺぺの将来は、仮想通貨市場では依然として話題の的である。誰もが口にする疑問は、この通貨は再びスポットライトを浴びることができるのかということだ。

ぺぺコインの価格予測

ぺぺの価格は0.000001505ドルと控えめだ。一部の専門家は、今年後半に再びミームコインのブームが訪れ、ぺぺの価値が上昇する可能性を示唆している。しかし、実用性に欠けるプロジェクトに賭けることは危険と隣り合わせであることを忘れてはならない。

市場に出回っている予測はそれぞれ大きく異なり、0.0000025ドルまで跳ね上がると予想している楽観的な投資家もいれば、0.0000010ドル、もしくはそれ以下になってしまうのではないかと警告する声もある。ボラティリティが高いため、ぺぺの正確な予想を出すのは困難を極める。

チャンサーとぺぺは良い投資先?

ぺぺの不確実性に対して、チャンサーは魅力的なプレーヤーとして浮上している。公平性、透明性、楽しみの精神という原則に基づいて構築されており、将来的にギャンブルの常識を再定義する可能性を秘めている。

CHANCERトークンは今後数週間から数ヶ月の間に急増することが予想されている。

最近の購入オプションの拡大により、プレセールでETH、BNB、USDT、BUSDを使用した支払いが可能になった。現在価格の0.011ドルで購入できる時間は限られている。

CHANCERの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

4月に予定されるメタケードの上場|価格上昇につながるか?

4月に予定されるメタケードの上場|価格上昇につながるか?

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

ビットコインとミームネイターの価格予測:市場の動向

ビットコインとミームネイターの価格予測:市場の動向

ビットボットのプレセール:ノンカストディアル取引でテレグラムを再定義

ビットボットのプレセール:ノンカストディアル取引でテレグラムを再定義

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す