PEPE:ラグプルの噂で「25%以上価格急落」下落理由と反論

by BITTIMES   

ミームコイン「PEPE」1日で25%価格急落

今年4月のローンチ後に大幅な価格上昇を記録した新しいミームコイン「PEPE」の価格は、2023年8月25日に25%以上急落しました。

PEPEの価格は2023年8月24日時点で「0.00016円」となっていたものの、その後25日の午前5時頃には価格が急落、記事執筆時点では「0.00012円」まで下落しています。

2023年8月24日〜25日 PEPE/JPYの価格チャート(画像:CoinMarketCap)2023年8月24日〜25日 PEPE/JPYの価格チャート(画像:CoinMarketCap)

PEPE価格急落の理由は?

今回のPEPE価格急落には「マルチシグウォレットにおけるトランザクション承認方法の変更」や「その後確認された暗号資産取引所への大規模送金」が関連していると言われています。

トランザクション承認方法の変更

PEPEでは、金庫のように機能する開発者のウォレットで「マルチシグ」の仕組みが採用されているとのことですが、2023年8月25日にはこのマルチシグウォレットの取引承認方法に変更が加えられたことが報告されています。

マルチシグとは、トランザクション(取引)の承認に複数人からの署名が必要となる仕組みのことであり、これによって重要な取引が1人の独断で行われるのを防ぐことができるようになっています。

PEPEのマルチシグウォレットでは「8人中5人からの承認」が必要な仕組みが採用されていたものの、今回の変更ではこれが「8人中2人からの承認」で取引が行えるように変更されたと伝えられています。

1時間前、PEPEのマルチシグウォレットは、マルチシグに必要な署名の量を5/8から2/8に変更した。これは1,570万ドル相当のPEPEが取引所に送られた後のことである。

暗号資産取引所への大規模送金

また、今回の報告では「PEPEのマルチシグウォレットから複数の暗号資産取引所に1,570万ドル(約23億円)相当のPEPEが送金された」ということも報告されています。

PEPEのマルチシグウォレットは「OKX・BINANCE・Bybit・謎のウォレット」にPEPEを送金したとのことで、送金されたPEPEの数量は総供給量の約3.8%に当たる"16兆PEPE"に上るとも報告されています。

マルチシグウォレットは3時間前にバイナンスから資金を受け取り、以下の場所にPEPEを送金した。

- OKXに8,360,000ドル
- BINANCEに6,600,000ドル
- Bybitに438,000ドル
- 謎の取引所/ウォレットに400,000ドル

1,042万ドル相当のPEPEがマルチシグウォレットに残されている。

一連の騒動で「ラグプル疑惑」が浮上

上記2つの内容な報告されたことによって、仮想通貨コミュニティでは「PEPE開発者による"ラグプル"の疑惑」が浮上しています。

ラグプルとは、開発者が作成した仮想通貨を投資家に購入させた後に、プロジェクトの資金を不正に持ち逃げしたり、大量に売却したりする出口詐欺のことであり、仮想通貨業界ではそのような詐欺が複数報告されています。

記事執筆時点では、PEPE公式アカウントなどからの発表は確認できていないものの、今回の内容は海外の大手メディアでも報じられているため、一連の報告を受けてPEPE売りが増加している可能性があるとも見られています。

ラグプル疑惑についての補足事項も

PEPE開発者によるラグプル疑惑については反論する意見も出ており、一連の報告を"FUD"とする報道もなされています。

具体的には「PEPE供給量の2.5%以上を保有するのはOKXとBINANCEだけであり、保有者トップ6の中の5つは取引所である」と説明されており、「PEPEの大部分はコミュニティに保有されているため、ラグプルのリスクは最小限に抑えられている」との説明がなされています。

皆さんへの簡単な注意事項
PEPEの2.5%を超える保有者は「OKX」と「Binance」だけであり、上位6つの保有者のうちの5つは取引所です。また、循環供給量=最大供給量でもあります。

つまり、従来の「ラグ」に対するリスクは最小限に抑えられています。トークンはコミュニティのものです。

一連の巨額送金や著名方法変更についての詳細は明らかになっていないものの、PEPEでは以前として価格下落が続いているため、今後の動きや公式発表には注目が集まっています。

続報:PEPEが「16兆PEPEの移動」について公式発表

(追記:2023年8月26日)
PEPEは2023年8月26日に「PEPEの巨額送金」や「マルチシグ署名の署名者数が変更されたこと」について説明する公式発表を行いました。

公式発表によると、今回の巨額送金は「PEPEの元チームメンバー3人がマルチシグにログインして16兆PEPEを盗み、暗号資産取引所に移動させたこと」が原因であると説明されています。

盗まれた16兆PEPEは「マルチシグウォレットに保管されたPEPEの60%」に相当する数量であるとのことで、盗まれたトークンの大部分はすでに売却されているとも説明されています。

PEPEは今回の投稿で以下のように説明を行なっています。

$PEPE コミュニティへのお知らせ

2023年8月24日に、$PEPEマルチシグウォレットで予期せぬトランザクションが発生しました。

約16兆枚のPEPEトークン(約1,500万ドル相当)がさまざまな暗号資産取引所(OKX、Binance、Kucoin、Bybit)に転送され、必要な署名者数が2/8に削減されました。

マルチシグウォレットには、現在10兆トークンと1人の署名者が残されています。これらのトークンと、このTwitterアカウントは安全であることを保証します。私は"何が起きたのか"を全て説明し、PEPEコミュニティに可能な限りの透明性を提供したいと考えています。

残念なことに、PEPEは創設以来「チームの一部に大きなエゴと欲にまみれた悪者が含まれている」という内部問題に悩まされていました。PEPEは現在、この問題から完全に解放され、明確な道が開かれてきています。

過去には度々対立が発生しており、PEPEの創設に関与したチームの大半はプロジェクト開始から1週間ほどで距離を置くようになりました。彼らは「署名ができない、意見の不一致がある、数週間にわたって連絡が取れない」などの理由で、マルチシグトークンでの寄付や購入の進捗を妨げました。

マルチシグは承認に3/4の署名者が必要となるように設定されていました。昨日、これら3人の元チームメンバーがマルチシグにログインし、16兆トークン(26兆マルチシグトークンの60%)を盗み、取引所に送金しました。

その後、彼らはマルチシグから離れて、$PEPEとの関連を消すためにすべてのソーシャルアカウントを削除し、私に対して「マルチシグが更新された。あなたは今完全にコントロールできるようになった」というメッセージを残しました。

私は今回起きた問題にショックを受けています。これらの悪意ある行為がコミュニティメンバーに与えた全ての恐怖・不安・損失について謝罪したいと思います。

マルチシグウォレットのトークンは、市場で売却されたり、チームが利益を得るためのものではありませんでした。もし私が自分自身で責任を負っていたら、ずっと前に寄付してトークンの大部分を処分していたでしょう。

私は「このTwitterアカウントの管理とマルチシグ内にある残りの10兆トークンが安全であり、悪質な元チームメンバーによるアクセスが不可能な状態になっていること」を保証します。

PEPEの未来に向けてコミュニティとトークンの利益や発展を最優先に考えながら今回起きた問題に対処します。今後は無責任なチームメンバーや署名できない問題に妨げられることがない環境で行動できるようになるでしょう。

私は、物事を前進させるのに協力してくれる著名なコミュニティメンバーとの話し合いを開始しました。PEPEが分散型で脆弱性のないミームコインとして成長するためにできる限りのことを行う立場になれることを嬉しく思います。

現時点では、マルチシグウォレットから盗まれたトークンのほとんど全てが「OKX」と「Binance」で売却されているようです。

マルチシグに残っている残りの10兆トークンは、古いマルチシグから新しいウォレットに転送され、使用・バーンされるまで安全に保管される予定です。

私は$PEPEを取得するために複数のウェブドメインやユーザー名の所有者と交渉・調査しています。これらの購入やマルチシグからのPEPE寄付が完了したら、残りのマルチシグトークンをバーン(燃焼処分)する予定です。

準備が全て整い、完了した時点で、PEPEが真の意味で分散化され、脆弱性のない状態で強く立ち上がり、繁栄できるようになることを願っています。私たち全員が$PEPEです。

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米Kraken「NFTプラットフォームの立ち上げ」を計画|近い将来に公開される可能性も

米Kraken「NFTプラットフォームの立ち上げ」を計画|近い将来に公開される可能性も

Bloktopia「Chainlink・Chiliz・Algorand」と提携|月末にはアルファ版も公開

Bloktopia「Chainlink・Chiliz・Algorand」と提携|月末にはアルファ版も公開

ビットバンクなど4団体「Lightning Network用いたビットコイン決済」の実証実験を実施

ビットバンクなど4団体「Lightning Network用いたビットコイン決済」の実証実験を実施

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

Pantera Capital創設者「仮想通貨は次の強気相場サイクルに入っている」

Pantera Capital創設者「仮想通貨は次の強気相場サイクルに入っている」

注目度の高い仮想通貨ニュース

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す