2023年注目の新たな仮想通貨銘柄11選

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

当たり前の事だが、購入すべき仮想通貨とは長期にわたり成功を収めるポテンシャルをもつものである。しかし数十億ドル規模の乱高下する金融市場の流れを正確に予測することは、決して容易ではない。

この記事では、価格アナリストが厳選した注目の仮想通貨銘柄リストを紹介する。新しい銘柄を購入する際に、参考になれば幸いだ。リストにある11の銘柄には、それぞれ興味深い新展開が控えており、中には今後数年の価格上昇が期待されている仮想通貨も含まれている。

注目の銘柄リスト

  • チャンサー - Chancer (CHANCER)
  • 柴ミーム - Shiba Memu (SHMU)
  • アルトシグナル - AltSignals (ASI)
  • メタケード - Metacade (MCADE)
  • エイプコイン - ApeCoin (APE)
  • バイナンスコイン - BNB (BNB)
  • リド - Lido (LDO)
  • エックスアールピー - XRP (XRP)
  • アービトラム - Arbitrum (ARB)
  • イーサリアム - Ethereum (ETH)
  • ディセントラランド - Decentraland (MANA)
目次

今注目の仮想通貨 ー 分析とレビュー

新しい仮想通貨は、リターンを得る可能性が高いことが通常である。プロジェクトが、ロードマップを成功させ時間をかけてより多くのユーザーを惹きつけることができれば、ネイティブトークンの価値は高まるだろう。

どの銘柄を買うべきかの分析するため、専門家はWeb3をくまなく調査し、今年注目すべき見込みを明らかにした。ここで紹介するプロジェクトは、似たような特徴を持っており、新しい企業もあれば、新製品、新サービス、新機能を積極的に開発している企業もある。そして、今後数年間の価格上昇を促進する特徴を備えたものもある。

チャンサー(CHANCER)P2P予測マーケットがギャンブル分野をいい方向へ変化させる

チャンサーは、世界初の分散型予測市場である。プロジェクトは中央集権的なブックメーカーシステムを完全に排除するピアツーピア(P2P)ベッティングプラットフォームを提供するもので、ブロックチェーン技術を活用しベッターが独自のオッズを作成できるようにする。

歴史的に見てもブックメーカーは実際の確率を反映しない不利なオッズを使用してきた。チャンサーは、ユーザーがあらゆる可能性のある結果についてカスタムベットスリップを作成できるべきと考え、中央集中型プラットフォームのこのシステムを否定している。

友人と小さな賭けをするにしても、地球の裏側にいるユーザーが作成したベットスリップの反対側に立つにしても、チャンサーは熱狂的ファンにパワーとコントロールを与える。スポーツの結果、社会的・政治的変化、世界的な出来事など、さまざまな事柄の予想ベットに参加する、楽しくて奥深いインタラクティブな方法であると共に可能性は無限大だ。

カスタムベットスリップの共同作業を可能にするため、チャンサーはGoogleのWebRTCと統合している。世界中のベッター間のリアルタイム通信を可能にし、ユーザーがアクション中にベットする相手を探すのに役立つ。

チャンサーは、利用者のオッズが妥当なものであることを保証するモデレーターをプラットフォーム上に設置する。モデレーターは、プラットフォームの分散化された性質に影響を与えることなく、プレーヤーの安全性とセキュリティを保ちます。

チャンサーを選ぶ理由

オンラインベッティング業界は、世界的に見ても巨大産業の一つであり毎年成長を続けている。現在は約600億ドルだが、2030年までに総評価額が1500億ドルに達すると予想されており、チャンサーはその恩恵にあずかれる非常に有利な立場にある。

世界中のベッターは、カスタムベットスリップをサポートするチャンサーに大きく惹かれているようだ。プラットフォームがブロックチェーンを使用してこの機能を提供するのは初めてのことであり、オンラインベッティング業界における重大な非効率性を解決するのに役立つだろう。

CHANCERのプレセールは始まったばかりで、このネイティブトークンは、プラットフォーム上のすべてのベットの作成と決済に使用される。現在展開中のステージ2ではわずか0.011ドルで入手可能だ。

>>> チャンサーの詳細情報はこちらから <<<

柴ミーム(SHMU)AI技術ベースのマーケットプロトコル、将来にわたってエンゲージメントを促進する

柴ミームは、人工知能(AI)を駆使してマーケティング戦略を独自に仕掛けることができる強力なミームコインである。プロジェクトでは、自然言語処理(NLP)を使用して、主要なソーシャルメディアネットワーク全体でカスタムマーケティングキャンペーンを作成し、強力なAIツールを活用して応答性の高いユーザー体験を提供する。

柴ミームのトークンは独自のマーケティング戦略を進めるにつれて、機械学習機能が機能し継続して知能が高くなるだろう。この機能によりソーシャルメディア、フォーラム、チャットルームで投資家と自動的に交流するため、成功までの道のりを自ずとショートカットすることになる。

柴ミームの背後にある革新的な技術の組み合わせは、ROIの向上など明確な利益をもたらす。最終的にプラットフォームは、8週間のプレセール期間中に毎日トークン価格を上昇させる計画を立てている。最も早くに投資した場合、プレセール終了時には最大119.33%のROIの増加になる予定だ。

さらにプラットフォームは、透明性の高いダッシュボードを提供する。ユーザーは、柴ミームが人間の非効率性の枠を超えて範囲を拡大し、さらなる投資を呼び込むための費用対効果の高い方法を提供しながら、プロトコルの運用を見ることができる。

柴ミームはマーケティングプロトコルを超えて、他のミームコインとの共通点がある。一般的に、ほとんどのミームコインは実用性に欠け、オンライン上で楽しい体験を提供することで売上を伸ばし、リターンを得る形をとっている。柴ミームも同様に楽しい経験を共有するものの、その実用性は高くユーザーをネットワークに参加させるためのマーケティングに人間が関与する必要はない。

SHMUトークンはまだプレセールを開始中だが、ユニークなAIマーケティングプロトコルのおかげで大きな関心を集めると予想される。このプロトコルは、人々がオンライン上でどのように交流しているかについての定量的、定性的な洞察を提供することを意図している。クリエイターも開発者も時間をかけてキャンペーンを最適化するために、柴ミームの分析にアクセスすることができる。

SHMUを選ぶ理由

柴ミームは、ミームコインの中でも異色の存在だ。 中小企業のコストを長期にわたって大幅に削減できる内蔵プロトコルを提供し、さまざまなマーケティング戦略との投資家の相互作用を追跡する方法を提供する。このようにプレセールが注目を集めている理由は明らかである。

トークンは、ドージコインや柴犬コインといった古いミームコインを楽しく軽快に再現したものだ。DOGEのようなミームコインは、ピアツーピアの交換方法である以上の機能はほとんどないが、SHMUは実用性と最先端のAIプロトコルを提供する。

時間の経過とともに、SHMUはその機械学習能力のおかげで名声を高めていくと予想される。投資家の関心の的となるようマーケティング活動を継続的に最適化し、今後数カ月から数年にわたってデフレトークンの需要を促進する可能性がある。

>>> 柴ミームの詳細情報はこちらから <<<

アルトシグナル(ASI) 新たな収益機会をもたらす最先端の取引ツールキット

アルトシグナルは、画期的なオンライン取引プラットフォームであり、レベルを問わず全ての投資家を市場のボラティリティをナビゲートするようデザインされている。プラットフォームは2017年にローンチされ以来、その独自のアルゴリズム指標である AltAlgo™ は、Binance Futures で64%以上という驚異的な精度を誇る。

現在アルトシグナルは、 ActualizeAIと呼ばれる新たに改良されたトレーディングスタックの開発を進めている。人工知能技術を活用し、ユーザーと共有する取引シグナルの精度と頻度をさらに最適化する。仮想通貨市場の業界をリードする取引ツールになると予想される。

ActualizeAIは、自然言語処理(NLP)と予測モデリングを使用して、複数の高度な機能を提供する。投資家のセンチメントレベルを含む膨大なマーケットデータを分析しながら、さまざまな時間枠にわたる取引の最適なエントリー・ポジションを決定することができる。

加えてアルトシグナルは、ActualizeAI開発をサポートするためにネイティブトークンであるASIのリリースを控えている。ASIはプレセールにて0.01875ドルで購入が可能。プレセール最終ステージには0.02274ドルまで上昇する予定である。

ASIを選ぶ理由

ASIトークンは、ユーザーに潜在的な利益をもたらす最先端の人工知能プロトコルである「ActualizeAI」への早期アクセスを提供する。これによりユーザーは将来にわたってActualizeAIにアクセスするためにトークンを購入することが期待されるため、ASI にとって重要な需要源となるだろう。

JPモルガンは最近の調査でActualizeAIなどの取引ツールの機能を強調し、1,000万ドル以上の取引の60%以上がアルゴリズムを使用して実行されていることが明らかになった。アルトシグナルはこの機能を市場の個人トレーダーに提供することで、ゲームを変える可能性がある。

このように、ASIは2023年の注目銘柄の一つである。現在プレセールの第2段階にあるこのトークンは、取引業界のパラダイムシフトを推し進める可能性を秘めたプロジェクトに参加できる貴重な機会だ。0.01875ドルという驚異的な参入価格と、Web3における膨大な数のユーザーにアピールするユースケースを組み合わせれば、アルトシグナルが今後数ヶ月、数年にわたって注視すべき存在である理由は明らかだ。

>>> アルトシグナルの詳細情報はこちらから <<<

メタケード(MCADE)最大規模のオンチェーンアーケードと成長するGameFi

メタケードは、包括的なGameFiプラットフォームであり、どの類似プロジェクトよりも多くのP2E(遊んで稼ぐ)アーケードゲームを紹介する。メタバースアーケードの各ゲームは、統合された金銭的報酬を提供し、Web3ゲームコミュニティの間で大きな興奮を呼んでいる。

メタケードは、8ステージに渡って行われたプレセールで合計1600万ドル以上を調達し大成功を納めた。以来MCADEトークンはビットマート、MEXCを含めた大手の取引所に登場しリリース直後には300%の急騰を見せた。

先日には、メタケードの最初のゲームタイトルである「Rune Realms Clash」が、モバイルゲーム会社である「MetaStudio」によって開発されていることが明らかになった。メタケードは最大のオンチェーンアーケードになるだけでなく、ユーザーに役立つ様々な追加的な収益の仕組みを提供し、その実用性をさらに高めている。

加えてメタケードの追加的な収益の仕組みであるCreate2Earnがあり、コンテンツを作成することでプラットフォームに貢献し、MCADEトークンを報酬として獲得できるものである。また、Work2EarnはWeb3でホットなスタートアップ企業で募集している職務を求人掲示板にて掲載する。加えてベータテスト版では、新しいブロックチェーンゲームのリリース前にプレイすることで報酬がもらえる機会もある。

MCADEを選ぶ理由

メタケードは、登場から徐々に人気を伸ばしているGameFiプラットフォームである。プレセールの成功は、新たな銘柄が今後さらに上昇することを示すもので、そう遠くない将来に直近の高値を突破し、1ドルの大台に向けてより高い価格水準を目指すようだ。

時間が経てば、MCADEはメタグラントプログラムを通じてGameFiのイノベーションを推進できるだろう。メタグラントがゲーム開発者に授与されることで、エコシステムにより多くのゲームが導入され、アーケードに新たなP2Eの娯楽が絶え間なく提供される。

ブロックチェーン技術がその地位を高めるにつれて、メタケードのようなプラットフォームも重要な役割を果たすことになるだろう。金銭的な報酬、社会的な利益、興味深いゲームを提供するコミュニティ主導のイニシアチブを独自に組み合わせ、ユーザーを長期にわたり惹きつけるようデザインされている。

>>> メタケードの詳細情報はこちらから <<<

エイプコイン(APE)インターネットの新時代を切り開くDAO

エイプコイン(APE)は、 2022年に登場したWeb3で大きな支持を集めている仮想通貨である。ネイティブトークンは、Ape FoundationとエイプコインDAOからのガバナンス提案へ投票するために使用され、ボトムアップのビジネス構造によってApe Foundationを統治する。

エイプコインプロジェクトは、仮想通貨やそれ以外の分野での仮想現実メタバースの拡大を推進することを目標に掲げている。仮想現実の世界は、新しくそして興味深い方法で世界中の人々をつなぐことができる。エイプコインは、破壊的なメタバースイノベーションの波に資金を提供し、インターネットそのものの未来の創造を手助けをするために設立された。

プロジェクトの名前は、世界的に有名なNFTコレクションのひとつであるボアード・エイプ・ヨットクラブ(BAYC)に由来している。BAYC保有者とコレクションの親会社である「Yuga Labs」が設立した。

Yuga Labsは、ブロックチェーン上の文化的技術を牽引する存在となった。BAYCのようなNFTアートワークであれ、広大な風景を探索できる没入型バーチャルワールドであれ、共にブロックチェーン技術の最も価値ある使用例のひとつである、不変のデジタル所有権の拡大を目指している。

APEトークンは、この理念に不可欠なものだ。トークン保有者全員が、ブロックチェーンに根本的な変化をもたらし、コミュニティのためプラットフォームを創造に不可欠な民主的な選挙に、投票することができる。エコシステムにおける重要なプロジェクトのひとつに「Otherside」がある。広大なオープンワールドのメタバースであり、リアルな街並みを背景に土地の所有、探索ができる。

APEを選ぶ理由

APEには、生来の実用性があり強力なチームに支えられている。DAOの成功はしばしば、そのミッションステートメントの魅力に左右されるが、エイプコインは幅広いユーザーにアピールする理念を掲げている。

メタバースの支援者の中には「Meta」もいる。エイプコインの創設者と同様、マーク・ザッカーバーグは、仮想現実の風景が当たり前になるインターネットの新時代の到来を目指している。さらに「Apple」は最近、最先端のバーチャルリアリティヘッドセットを発表した。これは2011年にスティーブ・ジョブズが同社を去って以来、初めての重要なイノベーションである。

世界的な大企業の間でメタバーステクノロジーの人気が高まっているのは、間違いなく今後のさらなる発展の兆しである。エイプコインは、内蔵された投票メカニズムを通じて、投資家にデジタル資産を所有する機会を提供し、長期にわたって進歩するこの分野の促進役としてサポートし続けるだろう。

バイナンスコイン(BNB)業界をリードするブロックチェーンサービスを支える仮想通貨

バイナンスコイン(BNB)は、最大の中央集権的取引所のバイナンスによって作成された仮想通貨である。エコシステムのネイティブトークンBNBは複数の重要な機能を果たしており、様々な主要ブロックチェーンサービスにおける主要通貨となっている。

最大のCEXを所有することに加え、バイナンスはWeb3で最も広く使われているレイヤー1のブロックチェーン、バイナンススマートチェーンを構築した。BNBトークンは、BSCでのガス代に使用され、さらにCEXにおいて様々なユーザー特典を提供する。取引手数料の割引、ステーキングの高利回り、バイナンスVisaデビットカードへのアクセスなどが含まれる。

BNBは、バイナンスエコシステム内での有用性により、長年にわたって人気を博してきた。2021年の強気相場で時価総額トップ10の銘柄に急浮上し、今後も世界的な拡大が続きそうだ。

とはいえ、バイナンスとその創設者であるチャオ・チャンポン氏は、2023年米国の規制当局からの厳しい監視対象となっている。証券取引委員会(SEC)は、バイナンスや他のCEXが上場しているトークンの多くが米国の証券取引法に違反しているとして、仮想通貨の取り締まりを続けている。

BNBを選ぶ理由

バイナンスとBNBを取り巻く不透明な空気にもかかわらず、取引所は、数十億ドルの流出をサポートできる非常に堅牢なインフラであることが証明されている。これは、2022年11月に同様の状況で破綻したことで有名なFTXなど、他の主要取引所と一線を画す。

SAFUファンドを積極的に創設し、今年だけでも米国の中央銀行数行が破綻したような銀行経営破綻に耐えうるようにしたバイナンスの先見性は、同社がユーザーの安全を念頭に置いていることの証左である。多くの投資家にとって、バイナンスが特定の仮想通貨プロジェクトを上場させる決定は、インフラ的な強さほど重大ではなく、同社は米国の合法性に関係なく世界中のユーザーをサポートし続ける可能性が高い。

BNBトークンはデフレ傾向が強くある。しかし総供給量が固定されているだけでなく、流通供給量を継続的に減少させる燃焼メカニズムも備えているため、デジタル資産に対する需要が高まる限り、価格は上昇する可能性が高い。バイナンスのような CEX は、仮想通貨を売買する最も一般的な方法であるため、時間の経過に伴う価格の変動は、必然的に多くの人々を取引所に惹きつけることになる。

リド(LDO)イーサリアムブロックチェーンで流動性の解放

リド(LDO)は、イーサリアムブロックチェーン上に構築された分散型金融(DeFi)プロジェクトであり、ETHをステーキングするための信頼性のないソリューションの提供を目的としている。ユーザーはリドのステーキングプールにETHを預け、その対価を使ってイーサリアムのネットワークに参加することで、リターンを得る仕組みになっている。

LDOトークンは、リドプロトコルのガバナンストークンであり、保有者にはプロトコルの改善点や変更点に対する投票権が与えられる。DeFiの人気の高まりと比例してETHステーキングの需要も高くなる中、リドは瞬く間にブロックチェーンエコシステムにおける注目すべきプレーヤーとなった。

ステーキングとは、分散型ブロックチェーンネットワークをサポートするため仮想通貨を預けその対価に報酬を得る仕組みだ。イーサリアムの台頭やエコシステムにおけるDeFiプロトコルの普及もあり、近年ますます盛んになっている。

パッシブ運用で利回りを稼ぐ投資家にとっては貴重な機能だが、一般的に杭打ち資産は流動性が低い。これは、資金への迅速なアクセスを必要とする投資家にとっては問題となり得る。しかしリドは、ステークされた資産をトークン化しユーザーが流通市場で取引できるようにすることで、流動性の低い資産に流動性をもたらしている。

LDOを選ぶ理由

リドは、Web3 において急速に成長をしたステーキングプロトコルであり、イーサリアムの上海アップデート以来その規模を拡大し続けている。上海アップデートでは、ETH バリデーターが資金を引き出すことが可能になったため、流動的なステーキングプロトコルを利用してStETHとETHを獲得するユーザーが流入した。

したがってLDOトークンは、ステーキングへの革新的なアプローチを持つプラットフォームを象徴している。トークン保有者に新たな機会をもたらし、仮想通貨ユーザーは同じ現金投資から3つの方法で利益を得ることができる。1つ目は価格上昇によって、2つ目はパッシブ利回りによって、そして3つ目は stetH を再投資してさらなる利回りを得たり、他の取引を行ったりすることによって。リドが提案するこの新たなシステムは、将来への大きな期待を示している。

エックスアールピー(XRP)より効率的なグローバル決済

XRPは、分散化の要素を保持するブロックチェーンのバリエーションである分散型台帳技術を使って運用される仮想通貨である。非常に価値があり、広く取引されている銘柄であるXRPは、高速で安全なグローバル決済を可能にする機能で人気を博している。

従来の銀行とは異なり、XRPは国境を越えて低価格なコストと時間で送金することを可能にする。それを支えるインフラは分散型であり、世界中に分散しているためXRPは金融取引における仲介者を不要にする事から従来の支払い方法に変わる手段となっている。

XRPは将来、グローバルな商取引のための強力なツールとして機能する可能性が大いにある。ビットコインとは異なり、トランザクションを検証するためにハイパワーのコンピューティングリソースを不要とし、その代わりにより迅速でスムーズなプロセスを可能にする信頼できるノードの小さなグループに依存している。

XRPの高速かつ低コストの国際取引を促進する能力は、他の仮想通貨と一線を画すものだ。この特徴は、サンタンデール銀行、イングランド銀行、JPモルガンなどの大手金融機関からの注目を集めており、これらの金融機関はいずれもリップルネットを採用し、業務のコスト効率を高めている。

XRPを選ぶ理由

この記事で紹介している中では決して新しい銘柄ではないものの、XRPは短期的にも長期的にも極めて有望である。リップル社とSECの裁判は終わりに近づいていると噂されており、内部関係者は有利な判決が出るだろうと楽観的な見方を共有している。ここ数週間、多くの仮想通貨を有価証券として表示した SEC の文書には、リップルの記載がなかった。投資家は、XRPが従来の証券ではなく米国の規制当局によって正式な仮想通貨として分類される可能性があると主張している。

SEC裁判の結果がどうであれ、XRPの未来は希望に満ちている。XRPは、従来の金融システムをより効率的なプロセスで補強することを目指しており、そのため世界の通貨供給の大部分を支配する顧客の間で大きな需要がある。

アービトラム(ARB)イーサリアム支えるレイヤー2ソリューション

アービトラムは、最先端おブロックチェーン技術でありここ最近では市場から大きな注目を集めている。イーサリアムネットワーク上に構築されたレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラムは、イーサリアムでの取引速度を向上させ、取引に関連する手数料を削減するよう設計されている。

スマートコントラクトや高度な仮想通貨技術の使用など、アービトラムの基本的な特性により、幅広いアプリケーションをネットワーク上に安全に構築することができる。これは、利用環境を損なうことなく、増え続けるユーザーをサポートするアービットラムの能力と相まって、開発者にとってもユーザーにとっても魅力的な選択肢となっている。

アービトラムは業界の重要なプレーヤーになる準備を着々と進めている。ネットワークはすでにイーサリアムエコシステム内のどの代替レイヤー2よりも高いトータルバリューロック(TVL)をサポートしている。そのため先日のエアドロップでは参加者に有利なリターンをもたらす可能性があると広く考えられていた。

2023年3月から市場に登場したネイティブトークンであるARBは、2ドル弱という史上最高値を形成することに成功した。その後、後退はしているが新しい仮想通貨のローンチは、高率のリターンを生み出す可能性が高くある。

ARBを選ぶ理由

イーサリアムエコシステム内をリードするレイヤー2として、アービトラムは大きな可能性を秘めている。これは、The Merge以降のイーサリアムのメインネットにおけるネットワークの変化にも起因しており予想される結果の1つとして、レイヤー2プロジェクトの重要性が高まっている。

イーサリアムのメインネットのエネルギー消費が99%削減された。ガス料金を同程度に削減できるアービトラムのようなレイヤー2のソリューションと組み合わせることで、エコシステム全体が、長期的に数十億のユーザーをサポートするdAppsを提供することができる。

アービトラムは、イーサリアムの全てのレイヤー2ソリューションの中でもトップクラスのDeFiネットワークである。このエコシステムには、多くのユーザーに役立つオンチェーン取引プロトコルがあり、デリバティブ取引はブロックチェーン上で最小限の手数料で行われ、CEXによるカウンターパーティリスクもない。このため、ARB は注目したい新しい銘柄の1つとなっている。

イーサリアム(ETH)Web3を代表する仮想通貨

イーサリアム(ETH)は分散型のブロックチェーンプラットフォームである。開発者はスマートコントラクトを通じて独自のアプリケーションの構築ができ、膨大な数のユースケースに展開可能なトランザクションを自動的に実行することを可能にする。

イーサリアムは、ビットコインの限界に対処するため、2014年にヴィタリック・ブテリンによって創設された。ネイティブトークンであるETHは、ガス料金の支払いと、ネットワークのコンセンサスメカニズムへの参加のインセンティブに使われる。

ビットコインとは異なり、イーサリアムは複雑なプログラムを実行できるため、分散型金融(DeFi)、非代替性トークン(NFT)、そしてブロックチェーンゲームのプラットフォームとして人気がある。イーサリアムの開発者コミュニティは、オンチェーンでのデータ展開を容易にする高度な SDK に惹かれてくる開発者が多く今もなお拡大を続けている。

Ethereum Foundation(イーサリアムファンデーション)は、プラットフォームの改善のため休む事なく動き続けている。最近の注目すべきアップグレードには「Merge」と「Shanghai」がある。The Mergeがブロックチェーンをプルーフオブワークからプルーフオブステークコンセンサスのメカニズムに移行することに成功した一方で、Shanghaiはステーカーがセキュリティに影響を与えることなくネットワークから資金を引き出すことを可能にした。

イーサリアムは、スマートコントラクトの作成と実行にプログラミング言語「Solidity」を使用している。スマートコントラクトは、カスタムコントラクトのルールや規制を、人間が追加で入力することなく実行できる、自己実行型のコードブロックである。この機能は、今日私たちがWeb3として知っているものの基礎を形成している。

ETHを選ぶ理由

今日イーサリアムのネットワークは、時にWeb3の実家と呼ばれている。カスタムアプリケーションやトークンを構築する開発者にとって最も利用しやすく、2000以上の独立したプロジェクトがネットワーク上で立ち上げられている。

これと同様に、イーサリアムはブロックチェーン技術の急速な進歩に直接貢献してきた。NFTアートワーク・ブロックチェーンゲーム・分散型貸借、さらにはDAOという形の現代企業の新しい構造など、仮想通貨のサブセクターを普及させた。

ETHトークンは、ネットワーク上で行われる全てのやりとりを支えている。すべてのユーザーが取引手数料の支払いにETHを保有する必要があり、ブロックチェーン上での幅広い有用性のおかげで絶大な需要を誇っている。また、ETHはステーキングサービスでも広く利用され、ユーザーがパッシブインカムを得ることができる様々な方法が存在する。

ディセントラランド(MANA)ユーザー生成コンテンツの収益化を可能にするバーチャルリアリティゲーム

ディセントラランドは、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたブロックチェーンゲームプラットフォームである。ティッカーシンボル「MANA」で知られるこの仮想世界では、ユーザーが 3D コンテンツを作成、体験、収益化し、仮想土地所有権を提供することができる。

ゲームプラットフォームの非中央集権的な性質は、デジタル資産の設計や構築から統合されたマーケットプレイスでの取引に至るまで、ユーザーがその環境を完全にコントロールできることを意味する。

幅広いゲーム業界にとって、スキンやゲーム内でカスタマイズ可能なアイテムといった機能の急速な成長は、プレイヤーが所有するアイテムに対する実際の需要を反映している。ディセントラランドは、このようなゲーム内アイテムの完全な管理権を提供、ユーザーがピアツーピア取引所で所有権を収益化できるようにすることで、この需要に応えている。

ディセントラランドは、バーチャルリアリティメタバースのパイオニアである。全てプレーヤーがデジタル世界を完全に所有できるようデザインされた。それ以来、開発者の活動の広大な拠点となっている。プラットフォームは、社会的、経済的、創造的な機会のユニークな組み合わせを提供する。

急成長するブロックチェーンゲームの世界では、社会的、経済的、創造的な機会が独自に組み合わされており、今後も拡大・進化を続ける構えだ。

MANAを選ぶ理由

ディセントラランドは、オンラインゲームの世界に大きな影響を与えており、プラットフォームは、ブロックチェーン、仮想現実、ゲームなど、世界的に成長している複数の産業の最前線に立っている。ディセントラランドはこれらの技術を組み合わせ、豊富なユースケースで魅力的なゲーム環境を提供する。

ディセントラランドのマップに参加しゲームを探検、バーチャルリアリティー機能を備えたカスタムデジタル施設の構築など、ディセントラランドはユーザーにも企業にも魅力あるものとなっている。特に自由度の高いカスタマイズ性は、コンテンツクリエイターをメタバースに誘導し、成長するオンラインコミュニティと直接交流させることができると考えられている。

このプロジェクトは、世界中のベンチャーキャピタルや大手企業から高い支持を得ている。MANAトークンは、現在価格が史上最高値から85%以上下落しているため、今後数年間での成長が期待される。

仮想通貨に投資する際に考慮すべき重要なポイントとは?

妥当な予算に基づく管理可能なポートフォリオ

生まれたての新しい仮想通貨の価格は、予想される将来価格より大幅に低いことがほとんどだ。しかし新規の仮想通貨上場は失敗率も高いため、損失を許容できる額以上の投資はいけない。

加えてこうしたリスクを軽減するために、複数のデジタル資産に分散して購入すべきである。ポートフォリオ全体のうち、より確立されたプロジェクトに高い比率を割り当て、新しい銘柄には低い比率を割り当てるのが一般的な戦略と言われている。

リスク許容度

購入者は、投資ラウンドの初期に有望な銘柄を選択することで、より多くの利益を得る可能性があるが、同時にこの戦略は高いリスクを伴う。ハイリスク、ハイリターンの投資が仮想通貨を特徴づけるが、将来の利益を追い求める際にはリスクを知っておく必要がある。

タイプの違うプロジェクトには、異なる大きさのリスクが存在する。例えば、DAOトークンはビットコインとは異なるリスクを持ち、ゲーミングトークンはレイヤー2プラットフォームとは異なるリスクを持つ。分散化の度合いや基礎となるビジネスモデルの性質が異なるため、これらのカテゴリーが値動きに影響を与える可能性がある。時間をかけてでも業界のさまざまな分野に精通するための労力は惜しむべきではない。

結論 — 2023年注目の仮想通貨銘柄は?

今注目の仮想通貨銘柄の1つに、トークンのプレセールを開始したばかりのチャンサー(Chancer)を挙げる。CHANCERトークンは、今後数ヶ月から数年の間にユーザー数が増加すると予想されるプラットフォーム上で特有の有用性を持っている。プレセール中に0.01ドルから0.021ドルに上昇するため、現在の評価額で購入することをおすすめする。

チャンサーの次に注目すべき銘柄は柴ミーム(Shiba Memu)である。SHMUトークンは最先端の人工知能プロトコルを表しており、将来にわたってプロジェクトの強力な成長を促進するはずだ。買い手に自身を売り込むだけでなく、継続的に欠点から学び、それに応じて戦略を最適化することができる。

最後にWeb3でも注目度の高い投資機会のひとつであるアルトシグナル(AltSignals)だ。柴ミームと同様、人工知能を活用して最先端のソリューションを提供している。さらに、アルトシグナルのソリューションは金融市場を中心としており、それを利用するすべてのトレーダーに利益をもたらすよう設計されている。ASIトークンは、現在プレセールにて0.01875ドルで入手可能となっている。

この3つはプレセール中であるため特に魅力を放っているが、ここで紹介したのすべてのプロジェクトは有望な将来性を示している。市場全体で弱気市場からの回復傾向がみられる今、これらの仮想通貨について詳しく調べてみてはいかがだろうか。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

KUAILIAN(クアイリアン)世界中にブロックチェーン技術をもたらす革新的エコシステム

KUAILIAN(クアイリアン)世界中にブロックチェーン技術をもたらす革新的エコシステム

CoinW「EAFF E-1サッカー選手権2022」のオフィシャルサポーターに就任

CoinW「EAFF E-1サッカー選手権2022」のオフィシャルサポーターに就任

メタケード(MCADE)はTerra Classicより優れた長期投資先となれるのか

メタケード(MCADE)はTerra Classicより優れた長期投資先となれるのか

投資家へ審判の日が訪れる:期待されている仮想通貨リストにミームネーターが姿を表す

投資家へ審判の日が訪れる:期待されている仮想通貨リストにミームネーターが姿を表す

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

旧勢力と新勢力:イーサリアムとビットコインが爆発する中、ビッグアイズコインは彼らと共に頂点に立てるのか?

旧勢力と新勢力:イーサリアムとビットコインが爆発する中、ビッグアイズコインは彼らと共に頂点に立てるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す