ミームコインに対する熱狂の衰退:PEPE価格下落についての分析

by BITTIMES

仮想通貨市場で起きた調整はミームコイントレーダーに損失をもたらしました。これは仮想通貨市場がいかに予測不可能であるかを示すものともなりました。この損失によって、ミームコインの勢いは低下することとなりました。

この記事では、最近起きた調整がPEPEの価格やその他の暗号資産にどのような影響を与えたかについて探っていきます。

価値の60%を失ったPEPE

PEPEは仮想通貨市場で大きな注目を集めていましたが、ここ最近の価格下落をみるとテンポを失ったように見えます。以下のグラフに示されているように、PEPEの価格は5月5日に史上最高値となる0.00000431ドルに達しました。その日の終値は0.00000420ドルでしたが、5月5日の高値は0.00000431ドルでした。

PEPE価格 – CoinGeckoPEPE価格 – CoinGecko

グラフが示しているように、ミームコインPEPEの価格は5月6日に下落し始めており、その日の終値は0.00000372ドルでした。5月11日時点でPEPEは0.00000172ドルで取引されており、史上最高値の約60%を失っています。PEPEの価値は記事執筆時点で0.00000150ドルまで下落しています。重要なのは低迷市場の範囲内で推移しているという点です。

史上最高値の0.00000431ドルを達成した時点で、PEPEの時価総額は16億ドルでした。 それにもかかわらず、現在の時価総額は6億6,200万ドルをわずかに上回る程度となっています。

薄れゆくミームコインの投機熱

現在のPEPEのシナリオは他のミームコインで過去に起きたことに似ています。2021年5月にドージコインがミームコインの勢いをリードした際には、ビットコインの下落が2ヶ月続きました。

ミームコインで見られる現在のブームも同様のパターンを辿っているように見えます。ミームコインに注目が集まり始めた時、一部の投資家はBTCとETHを売却してPEPEを購入しました。これにより、年初からの上昇分が反落しました。したがって、このミームコインブームは、BTCとETHで数ヶ月間にわたってドローダウンが続く可能性のある、局所的な市場最高値の兆候である可能性があります。

ミームコインの勢いがなぜ短期間だけ続くのかを利用することが重要です。その主な理由は「ミームコインには本質的な価値がなく、価格はソーシャルメディアでの宣伝やコミュニティの熱狂によって左右されるから」です。例えば、何人かの有名人がミームコインを宣伝したり支持していたりした場合、それが取り残されることへの恐怖心(FOMO)を生み出し、価格を押し上げることになります。

通常、短期的な価格上昇は多くの投資家を惹きつけて初期投資家に莫大な利益をもたらします。そのため、ミームコインに対する熱狂が一度冷めると、価格は猛烈な勢いで下落する可能性があります。現時点では、PEPEに対する熱狂は薄れつつあるように感じられます。

ミームコインの勢いが薄れつつある兆候は、ほとんどのミームコインの価値が大幅に失われた5月20日頃に顕著になりました。この時は日次・週次の両方のパフォーマンスが赤字で、ミームコインの総取引量も減少しました。

この記事を書いている5月20日時点では、ほとんどのミームコインが過去7日間で損失を出しています。PEPEは19.45%、Flokiは10.31%、BabyDogeは2.25%下落しています。ミームコイン全体の時価総額は過去24時間で0.3%減少しています。

ビットコインの手数料が下落

ここ数週間でビットコインNFTとBRC-20トークンのミントが増加したことによって、ビットコインブロックチェーンの取引コストが上昇しました。実際、ブロックスペースに対する需要は高かったのです。一例を挙げると、5月9日の平均取引手数料は9ドルから16ドルの範囲でした。同じ週のある時点で、ビットコインネットワークの手数料は19ドルから31ドルの間で変動しました。

しかし、5月の第3週の間にビットコインブロックチェーンの取引手数料は約3.76ドルに減少しました。手数料が下がった理由は「BRC-20トークンのミントと需要の減少」です。また、手数料が安定するにつれて、mempool内の保留中トランザクションは約242,837に減少しました。

マスク氏のPEPE関連ツイートが価格高騰につながった

先ほど述べたように、ミームコインの熱狂の一部は「ミームコインを広めた有名人」によるものです。 そのうちの1人は、ミームコインやその他の仮想通貨について頻繁にツイートしているイーロン・マスク氏です。

最近では、マスク氏がPEPEについてツイートしたことによって価格急騰の影響がもたらされました。マスク氏はカエルのぺぺをフィーチャーしたミームを共有しました。この投稿に反応して、ミームコミュニティの多くのメンバーがコメントスレッド内にPEPE画像を投稿し、大きな騒ぎとなりました。その結果、PEPEの価格は60%以上上昇しました。

イーロン・マスク氏のミーム - Twitterイーロン・マスク氏のミーム - Twitter

PEPEの高騰は最初のツイートに続く宣伝の結果であることに注意することが重要です。仮想通貨の熱狂はクジラの注目を集め、コインを大量に購入し、その需要が増加し、その結果として価格が上昇しました。

PEPEは今年4月に発売されて以降、長い間市場には出回っていませんでした。マスク氏は最近、Milady Meme Coin(LADYS)と呼ばれる別のミームコインの価格にも影響を与えました。

彼がそのことに関するツイートを投稿した後、LADYSの価格は12,500%上昇しました。マスク氏が尊敬される仮想通貨インフルエンサーの一人であることは間違いないと言えるでしょう。

結論

この1週間でほとんどのミームコインの価値が下落または一定になったため、ミームコインの熱狂は冷めつつあります。現在、多くのミームコインは赤字となっています。一方、ビットコインブロックチェーンの取引手数料は安定しており、3.76ドル前後で推移しています。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年の注目すべき関連銘柄7選 - 月に到達するのは一体誰だ

2023年の注目すべき関連銘柄7選 - 月に到達するのは一体誰だ

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

ビットコインキャッツの下落:仮想通貨トレンドに変化の兆し

ビットコインキャッツの下落:仮想通貨トレンドに変化の兆し

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

Tether:脳内コンピューター関連企業「Blackrock Neurotech」に2億ドル投資

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す